お酒の最新記事

日本製ウイスキー人気に頭を痛める、日本の生産者 「日本製ウイスキーが売れすぎて価格が高騰、おいそれとは飲めなくなっている」というのは大問題、とりわけ、これからウイスキーの様々な銘柄を試してみようと思っている人にとって大き…

3view
アントニオ犬助

品薄は悲しい連鎖を引き起こす NHKドラマ「マッサン」がヒットしたり、世界的なウイスキーコンテストで優秀な成績を収めたりで、日本のウイスキーがブームとなりしばらくたちました。しかし、各メーカーがいくら増産しようとも、出荷…

37view
アントニオ犬助

意外なところで蒸留中、2つの銘柄をご紹介 いつもの店のカウンターで、いつものウイスキーを楽しむ、実に心地よい時間のすごし方です。もたらされるのは安定感、落ち着きなのですが……マスターの背後に並ぶ、数え切れないほどのボトル…

41view
アントニオ犬助

歓送迎会にもマナーがある! 3月・4月は歓送迎会が多い時期となっています。退職する先輩や新しく入社した新人、人事異動によって配属された方などを労ったり、歓迎したりするために歓送迎会を行う会社が多いことでしょう。 歓送迎会…

48view
松村 昴

簡単に手に入るドラッグ、アルコール ピエール瀧容疑者や映画「T2・トレインスポッティング」のセリフを例を出すまでもなく、人間はみんな何かの中毒者であり、何かに依存しながら生きているものです。そして、それだけなら何ら問題は…

63view
アントニオ犬助

会社の飲み会で嫌われることも… 会社によっては、歓送迎会や忘年会・新年会など飲み会が定期的に開かれることがあるでしょう。会社の飲み会の言動によっては、嫌われてしまうオヤジがいます。せっかく社内で評判が良かったのに、飲み会…

407view
松村 昴

あの悪党が飲んでいたのは、ブランデーだった?! その昔、アニメに登場する悪党といえばガウンに身を包み、毛足の長い猫を抱きながらグラスを手にしていたものでした。彼が口にするグラスの中身はブランデー、脚付きのグラスの底部を、…

37view
アントニオ犬助

会社の飲み会での行動で好かれる? オヤジ世代になれば、上司や先輩という立場になってしまいます。その立場になった以上、できれば部下・後輩からは好かれたいものです。意外かもしれませんが、飲み会での行動で好かれるきっかけを作る…

91view
松村 昴

デキるオヤジは歓迎会で活躍する! どの会社も、新人が入社すれば歓迎会を開くのではないでしょうか。新入社員にとっては緊張する場ではありますが、デキるオヤジにとっても忙しいのが歓迎会です。実は、歓迎会はデキるオヤジが活躍する…

96view
松村 昴

モルトウイスキーとブレンデッドウイスキーの違いとは? サントリー山崎がどうした、ニッカ竹鶴がどうした。あい変らず、モルトウイスキーが高い人気となっています。なぜモルトウイスキーが人気なのか?というと、流行っているからとし…

62view
アントニオ犬助

もう体験されました?クラフトビール 見慣れないラベルのビール、酒屋さんでも、バーでもよく見かけるようになりましたね。 これらは「クラフトビール」と呼ばれるもの。地域に根付いた小さな蒸留所が造るこだわりのビールのことで、日…

36view
アントニオ犬助

相当できる!! ノンアルコールシャンパン「シャメイ」 「シャンメリー、シャンメリー」 クリスマスも近いことですから、先日、原稿を書きながら、こんな風につぶやいていた私、アントニオ犬助なのですが、それを耳にした同僚の女子が…

59view
アントニオ犬助

「古いもの=価値がある」わけではないという基本 「ヴィンテージ」なんだか流行っていますよね。 本来は年月を経て味わいがでたものを指すもので、大切に着用された古いデニムパンツや老舗ブランドのアンティークなどのことです。 に…

26view
アントニオ犬助

セレブリティのためのシャンパン、ファッキン・クリスタル “It’s FUCKIN’ CRISTAL, everything else is PISS!!” これは1996年のオムニバス映画「フォー・ルームス」…

54view
アントニオ犬助

忘年会シーズン到来!断れない宴会が増えてくる 年末まであと2か月を切り、忘年会やらクリスマス(飲むか?)やら年越しやらで、どうしてもアルコールと仲良くなる季節がそこまでやってきている。 そこで毎年問題になるのが「宴会後の…

67view
のりき 夢丸

距離を縮めるには、いい機会ではあるものの 転職、いろんなケースがありますから一概にはいえないものの、総じてしんどいものですよね。何がしんどいかというと「中途である以上、早い結果を求められている」ということ。私、アントニオ…

91view
アントニオ犬助

粋の固まり、ショートカクテルをオーダー ダンディー、そしてセクシー、男のあこがれといえばジェームス・ボンド。 彼はブルース・リーやキャプテン・ハーロックらと共に、少年期の私、アントニオ犬助に大きな影響を与えた人物なのです…

65view
アントニオ犬助

忘年会シーズンまでもう少し! 早いもので、すでに10月を過ぎて年末にどんどん近づいています。年末のオヤジの楽しみのひとつが忘年会ではないでしょうか。無礼講の忘年会は、飲んで騒いでストレスを解消したいものです。 しかし、忘…

95view
松村 昴

基準は最終兵器・スーパーストロング12レモン ここ5年で、市場規模は2倍以上。 アルコール度数8%以上!! アサヒ「ストロングゼロ」から始まった「ストロング系缶チューハイ」の勢いが止まりません。 人気の理由はいうまでもな…

115view
アントニオ犬助

ビールをチビチビと楽しむイギリス人 「バー」「居酒屋」「スナック」「クラブ」「パブ」。 色々な業態を名乗る日本の飲み屋さん、それぞれに明確な線引きはないということを日本人なら慣習的に知っています。しかし、気の毒なのが外国…

50view
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ