YAZIUP CLUB会員募集中

風俗で遊ぶなら「新人の風俗嬢」をオススメしたい理由

  • 2018/04/08
  • モテ
  • 537view
  • YAZIUP運営
タグ
  • アダルト
  • アダルト
  • ソープランド
  • デリヘル
  • ファッションヘルス
  • 風俗

新人風俗嬢にしかないウマ味がある!

あなたは新人かベテラン、どちらの風俗嬢がお好みですか?
新人には新人の、ベテランにはベテランの良さがありますが、テクニックをあまり重視しないのであれば、断然「新人」がオススメです。
新人といっても、他店で働いていたバリバリの風俗嬢もいれば、風俗業界で働いたことのない完全未経験の風俗嬢もいますが、両者に共通するメリットもあります。
新人ならではの良さを知って、風俗ライフを充実させましょう!

 

「新人キャンペーン」「新人割引」でお得に遊べる!

「新人キャンペーン」「新人割引」でお得に遊べる!

新人風俗嬢は、集客のカナメとなる客寄せパンダです。
風俗業界での経験は関係なしに、新人とお得に遊べる「新人キャンペーン」「お試しキャンペーン」「新人割引」を打ち出している風俗店も少なくありません。
料金が高い高級店でも、新人なら安いし遊びやすい!というケースも。

 

新人ならではの初々しさを楽しめる

新人ならではの初々しさを楽しめる

風俗業界未経験の新人は言うまでもなく、眩しいほどの初々しさを見せつけてくれます。
一挙一動にぎこちなさはあるものの、だからこそオヤジたちは「してはいけないこと」をしているかのような、背徳感に興奮すら覚えてしまうのです。
他店で働いたことがある風俗嬢も、お店が変わるとスタッフからシステムまで変わるので、その緊張がプレイに出ることがあります。

 

ベテランにはない素人っぽさがたまらない!

ベテランにはない素人っぽさがたまらない!

ベテランの風俗嬢は、場慣れしている感じがこちらまでヒシヒシと伝わってきますし、客を喜ばせるための演技も過剰すぎて、かえって白けてしまうことも。
イカせるまでの過程も「作業」のような感じが否めませんし、テクニックこそ最高でも全体的な満足度は今一つだったり・・・なんてこともあるので、素人っぽさを重視するオヤジも少なくありません。
特に、風俗業界未経験の新人は、まだまだ普通の女の子といった感じで、反応も仕草も素人そのものです。
ちょっとしたことでも恥じらう姿に興奮すること間違いなしでしょう。

 

何ごとも全力でがんばってくれる!

何ごとも全力でがんばってくれる!

仕事に慣れてくると、良くも悪くも手の抜き方を覚えます。
それで効率が良くなって、サービスの質が高まるといいのですが、風俗の場合は「地雷嬢」に該当するケースも多いです。
地雷嬢は、ムスッとしていて、肝心のサービスも手抜き。
最低限のサービスさえしていれば、クレームは来ないだろうというスタンスです。
そんな地雷嬢にあたったら、自分で選んだ店とはいえ、お金を無駄にした気持ちになってしまいます。
一方、新人は風俗の仕事に慣れていないのもあって「がんばってお仕事を覚えなきゃ!」「がんばらないと指名してもらえない」「どうすれば気持ちよくなってもらえるんだろう」と、純粋な気持ちで仕事に取り組む傾向があります。
テクニックは十分とはいえませんが、気持ちのこもったサービスに感動するオヤジもいるでしょう。

 

ただし、こんな「新人狙いの常連客」は歓迎されない

風俗業界における新人は1つのブランドのようなものといっていいでしょう。
料金は安いし、興奮度もMAXです。
ただ、風俗嬢にとって「新人狙いの常連客」は、必ずしも喜ばれる存在ではありません。
仕事に慣れていないのをいいことに、本番行為をはじめ過剰なサービスを強要する最低なオヤジもいるのです。
新人相手なら主導権が握りやすいからといって、何でもしていいわけではありません。
一部の迷惑客のせいで新人がすぐに辞めるようなことになれば、良質な風俗嬢と風俗店の減少に拍車をかけてしまいます。
今後も風俗を利用するならば「このお客さんでよかった!」と思われるような振る舞いを心掛けるべきです。
相手が新人だろうとベテランだろうと、マナーを守って遊びましょう。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ