ビジネス

「豊富な知識と経験、確実な行動力を兼ね備えるオヤジ」 ビジネスマンとしてのオヤジはどうあるべきか。 これまで培った経験を活かしつつ、新しいことにも果敢にチャレンジする。 YAZIUPが発信するカッコいいオヤジのビジネススタイル。

ビジネスの最新記事

人材採用にもAIを用いる時代が到来し 米Amazonが過去数年間かけて構築してきた「AIを使った人材採用システム」がこのほど取りやめとなった。 いまや人材採用にAIを使うことはそれほど驚く時代ではなくなったし、進んでいる…

10view
のりき 夢丸

消費税は全て10%になるのではなかった 消費税がじわじわ上がっていくのは、導入された頃からわかっていた話です。 そして来年10月の税率10%の大台に乗るまでに1年を切りました。 では、これまでの8%が全て10%になるのか…

24view
YAZIUP運営

台湾には、245もの政党があるが、実際に国会である立法院に議員を送り出しているのは、わずか5つだ。 事実上は、一党独裁政権時代から続く中国国民党と、独立を目指す民進党の二大勢力が国会で争っている。 現在の台湾の葵英文(ツ…

18view
YAZIUP運営

アフリカの経済大国! アフリカの経済大国と言えばナイジェリアです。アフリカ大陸最大の産油国であり、アフリカをリードしている国のひとつとなっています。そのため、デキるオヤジならナイジェリアの経済について知っておくべきです。…

37view
松村 昴

簡単に利用出来る事から『中国の新四大発明』の一つとまで言われたシェア自転車。 3年前に北京大学の学生が発案してから爆発的に広がり早3年。 参入業者の過当競争と、不明瞭なビジネスモデル、利用者のモラルのなさが絡み合い、急激…

168view
YAZIUP運営

沖縄と在日米軍 沖縄といえば在日米軍基地の存在が大きな特徴となっています。それに伴い、いわゆる基地問題も長年の懸案事項であり、メディアでは地元vs政府の対立という構図が定着している感もあります。 そもそも、琉球王国から日…

44view
YAZIUP運営

経済大国のアメリカ! アメリカと言えば、経済大国というイメージを持っているオヤジが多いのではないでしょうか。実際に、アメリカは経済大国であり、世界で大きな影響力を持っている国のひとつです。そんなアメリカですが、トランプ氏…

37view
松村 昴

安倍首相は、昨年末、アジア太平洋経済協力会議(APEC)時に、在位年数の長さが吉田茂氏を抜いて歴代二位になる事で、各国の首脳から、一目も二目も三目も置かれた、対応が違うとご満悦だった。 だがその後の総裁選では、石破氏に勝…

21view
YAZIUP運営

日本を代表する大企業の社長の出身大学を、日経平均銘柄225社(’18年8月現在)から調査した所、1位は東大の36人、2位は慶應義塾の29人、3位に早稲田の21人、京大は4位の17人、一橋は12人となった。 こ…

50view
YAZIUP運営

南北分断で動き出した運命 1945年8月15日、大日本帝国のポツダム宣言受諾、無条件降伏によって終結した第二次世界大戦。この日は、朝鮮半島が日本の統治から戦勝国の統治へと移行する節目の日になりました。 日本の朝鮮総督府が…

33view
YAZIUP運営

人の寿命が延びる現在、仕事をする期間も従来の平均40年ではなく、50年~60年に延びると言われている。 その一方で、企業のグローバル化や、働き方の多角化が進み、競争が激化する事で、会社の短命化、もしくは事業の多角化が進む…

21view
YAZIUP運営

フィリピンの紛争事情 近年になって中国の東南アジア地域への進出意欲が強まっていることは、報道で伝えられているとおりです。日本は東シナ海で対峙していますが、南シナ海で対応に追われている国のひとつにフィリピンがあります。 登…

39view
YAZIUP運営

バブル崩壊後の高値って言い方がちょっと不思議 暑かった夏場は人間と一緒でバテ気味だった直近の日経平均は涼しくなってから2万4千円を超え、いよいよ26年ぶりの高値水準にあるとか。 とはいっても相場はさほど過熱感が見られるわ…

28view
のりき 夢丸

副業OKな企業が増加中! 一昔前であればちょっと考えられないことですが、最近では大手、中小問わず社員の副業を認める企業がとても増えています。 現状、世の中の景気はだいぶ良いのですがそれでもなかなか給料が上がらない中、空い…

69view
加藤薩樹

安定した成長を続けるオーストラリア! 南半球の大国と言えば、オーストラリアを挙げるオヤジが多いと思います。世界でも有数の経済大国であり、国際経済に興味があるオヤジとしては、放っておけない国のひとつとなっています。 しかも…

49view
松村 昴

中国の軍事予算は信用できるか いまや世界大2位の大国とまでいわれている中国。正式には「中華人民共和国」ですが、中国共産党の独裁による国家です。 中国共産党以外の政党も複数ありますが、それらの政党が力を持つことはなく、独裁…

40view
YAZIUP運営

これも人材不足が生んだ社会の不幸か 一昔前は「オマエの代わりなんかいくらでもいる」と捨て台詞を吐かれ、職場で不当な扱いを受けたり、会社を辞めされられるというのが一般的な労働トラブルだった。 しかし最近はなんと「オマエを絶…

38view
のりき 夢丸

資産形成は早く始めるに越した事はない。 どの経済評論家や投資家も、口を揃えていう事は同じだ。 投資というと家一個分の手持ち資金がないと出来ないのではないかという心配が付きまとうが、そうではない。 投資の初心者であれば、失…

98view
YAZIUP運営

観光目的でしか海外に行った事がないオヤジは想像がつかないかもしれないが、諸外国の人々は自分のルーツを大事にする。 元祖移民国家と言われている米国であれば、なおさらの事だ。 米国では、ユダヤ人の慈善団体が、’9…

29view
YAZIUP運営

グローバル企業を生み出すスウェーデン! スウェーデンと言えば、福祉国家のイメージを持っているオヤジが多いでしょう。実際、スウェーデンは、世界有数の福祉国家であり、税金は高いが手厚い保障が施されています。 そんなスウェーデ…

21view
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ