ビジネス

「豊富な知識と経験、確実な行動力を兼ね備えるオヤジ」 ビジネスマンとしてのオヤジはどうあるべきか。 これまで培った経験を活かしつつ、新しいことにも果敢にチャレンジする。 YAZIUPが発信するカッコいいオヤジのビジネススタイル。

ビジネスの最新記事

現金決済が日本経済の足を引っ張っている。 製造の現場では、乾いた雑巾を絞るようにコスト削減を叫んでいるのに対し、決済、会社の経理部門は昔と変わらず保守的なのが日本だ。 生産性の高い仕事の雇用を増やし、決済はシステムに任せ…

112view
YAZIUP運営

EUとNATO イギリス、日本の外務省がホームページに掲載している日本語での名称が「英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)」となっている国は日本と同じ島国といわれます。しかし、この北アイルランドがあることによ…

68view
YAZIUP運営

関東ではどうだか知らないが、関西はバス、電車の回数券から、飲食に使う株主優待券、商品券購入に至るまで、ディスカウントチケットショップの存在は、生活の中に組み込まれている。 現在は訪日観光客でもにぎわう、ディスカウントチケ…

630view
YAZIUP運営

’17年に携帯大手各社が、独自OSを積んだガラケーを撤退させ、消費者にスマホへの乗り換えを促進した。 そもそもスマホが本格的に日本国内に普及したのは7~8年前。 大手キャリアに言われるまま買い替えて使いこなせ…

73view
YAZIUP運営

人生100年時代と言われる現在、40~50歳は、折り返し地点だ。 中高年のキャリアは、一生稼ぎ、蓄財し、いかに魅力的に人生を送る事が出来るかがポイントとなる。 今これを読んでいる貴方が、アラフォーで、毎日体力勝負の仕事を…

54view
YAZIUP運営

出張先のホテル近くに見慣れない看板が… ビジネスマンならとかく出張はつきもの。 仕事が終わったらやっすいビジホに宿を取り、近くの中華料理屋で一杯か、コンビニで500ミリ缶を買い込んでオードブルをつまんだりと、おひとり様の…

39view
のりき 夢丸

ASEANの主要国であるタイ! 親日の国として有名なタイには、日系企業も数多く進出しています。それだけに、できるオヤジとしては、タイ経済について気になるのではないでしょうか。ASEANの中で主要国の立場であるタイだけに、…

44view
松村 昴

ラグジュアリーブランドはいったい、どれくらい儲けているのか 「ラグジュアリーブランドなんて高いだけ、ぼったくりじゃないか」 そんな声に対して、私、アントニオ犬助は、常々そうではないと主張してきました。 ゼロから、ルイ・ヴ…

413view
アントニオ犬助

注目のロシア経済 世界情勢を考えていく上で、どうしても注目される存在なのがロシアです。国連の常任理事国であり、核保有国でもあるロシアの存在は大きいものです。そんなロシアだけに、できるオヤジはロシア経済について知っておくべ…

66view
松村 昴

改めてオスプレイとはなんぞや オスプレイの名は頻繁に聞かれますが、配備に反対している人も賛成している人も、あまり興味のない人も、オスプレイが何者なのかをよくわかっていない様子がうかがえます。もちろん、軍事評論家並みに詳し…

59view
YAZIUP運営

人道大国・福祉国家を誇るスウェーデンで、ここ5年来、反移民感情が表面化してきた。 移民の受け入れに積極的だったはずのこの国で、怒りの矛先が移民、難民に向かった理由は何だったのか。   人口60人に1人が移民とい…

52view
YAZIUP運営

合格率1割の難関である公認会計士は、筆記試験突破の難しさだけでなく、2年間の実務経験がネックとなる。 難関を突破したにも関わらず『ペーパー資格者』という人も居るはずだ。 が、近年、大手監査法人は、公認会計士筆記試験合格者…

93view
YAZIUP運営

「SOGI」は個人ごとの性的志向と性自認 ここ数年で性的マイノリティーを表す言葉「LGBT」はTVや新聞によく登場するようになり、世間でも広く知られるようになりました。しかしLGBTという表現には性に関するふたつの概念が…

48view
八神千鈴

生涯に7度転職した戦国武将・藤堂高虎 江戸幕府を開いた徳川家康が亡くなるとき、枕元に控えることを許された家臣のひとりが藤堂高虎です。実は、高虎にとって家康は7番目(一説では8番目)の主君。それでも最期を看取る栄誉を与えら…

45view
八神千鈴

敬語、丁寧語を使って会話をしているにも関わらず、カチンと来る人がいる。 そうかと思えば、普段は誰に対してもタメ口なのに、キレた途端、妙な丁寧語で、まくしたてる人もいる。 どちらにも共通する事は、つまらないプライドが邪魔し…

63view
YAZIUP運営

会社のプロジェクトで、部署の面々が盛り上がっている時に、必ず一人は存在する。 皆の提案に、水をかけるかの様に、慎重な案を出す人だ。 これを『空気が読めない』『腹の立つ人』と無視するのは勝手だが、仕事を無事終えた後に残るの…

43view
YAZIUP運営

‘唐突だが喫茶店やファーストフード、カフェで、コーヒーやフラペチーノ、紅茶を飲む時、貴方は、マイタンブラーを持ち込むだろうか、それとも使い捨てカップだろうか。 私は、割引して貰える所ならば、タンブラー派で、そ…

63view
YAZIUP運営

オヤジの後輩世代で『アイツは宇宙人と思っておけば腹も立たずに済む』という輩はいなかっただろうか。 会社の規則を自己流に解釈し、ノリで仕事をしている無責任な人たちである。 これは企業のルールを無視し、社会人としてのモラルが…

46view
YAZIUP運営

昔からある在日米軍不要論 2018年の現在も、相変わらず在日米軍についての話題が絶えることはありません。昔は、在日米軍といえば、そこにあるのが当たり前の存在といった感もあり、あまりどうこういわれていなかった部分があります…

154view
YAZIUP運営

ゆとり世代とは? 他のあらゆる世代からお荷物扱いされているゆとり世代。オヤジの皆様の仲にも、自分の部下がゆとり世代だ、という人が結構多いのではないでしょうか。 ゆとり世代とはできれば関わりたくない…そう考えるのはある意味…

32view
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ