スポーツの最新記事

ロシアW杯が来月に迫まり、サッカー日本代表が国内で行う最後の壮行試合ガーナ戦が5月30日(水)といよいよ後戻りできない感じがひしひしと伝わってまいりました。 もちろん、試合はTVで観戦予定ですが、ひとりで寂しく家でみるか…

15view
くり ろな

見た目にも多過ぎるゴルフ場 国土を上空からの映像で眺めてみると、あちこちにゴルフ場があるのが目につきます。 ゴルフ場はかつてバブル時代に次々と開発されてきました。 大規模な開発にはなりますが、会員権も高値で取引され、その…

287view
YAZIUP運営

不本意な形となったラストマッチ スター不在といわれて久しいボクシング界でブレイクを果たした亀田興毅氏。 プロデビュー前からマスコミの寵児といってよいほどの扱いを受け、2009年・内藤大助氏との試合では、実に40%を越える…

17view
アントニオ犬助

スポーツと政治の融合 またまた南北合同チームの出現です。ついこの間終った平昌オリンピックにおいて、アイスホッケー女子の南北合同チームが結成されたことは記憶に新しいところです。そして、今度は卓球女子の戦いで、南北合同チーム…

26view
YAZIUP運営

接待ではないゴルフ外交 ゴルフはスポーツとしてではなく、接待の場としても重宝されています。 それは安倍総理とトランプ大統領とのゴルフ外交でも示された通りです。 この二人は、とにかく会談をする度にゴルフがセットされているか…

25view
YAZIUP運営

「ロシアW杯ってどうなっちゃってるの?」 ほんとびっくりしました。サッカー日本代表監督が2カ月前に更迭されるなんて!前代未聞の展開ですね。 更迭は、過去に予選ではありました。98年W杯予選の加茂監督から岡田監督へ。 記憶…

23view
くり ろな

コーディネイトで得られる成果 ゴルフに出かけるのはちょっとした小旅行のようなものになります。 週末のレジャーというより、イベント的な要素もあります。 ゴルフならではの人との交流もないがしろにはできないからです。 それなら…

24view
YAZIUP運営

これほどピッチの内外で温度差のあるスポーツも珍しい 友人は熱狂的なサッカーファンで、ワールドカップの直前に飲みに行けば、決まって日本代表の予選通過の可能性について「激論」してくれる。 「何勝何敗で通過すると思う?」 「い…

47view
のりき 夢丸

グローブでも、もめていた山中×ネリ 規定体重を大幅にオーバーしたチャンピオン・ネリと引退を決意して挑んだ山中慎介。 3月1日におこなわれたWBC世界タイトルマッチは、山中選手2ラウンドKO負けという実に後味の悪い結果に終…

27view
アントニオ犬助

1人でも楽しめるスポーツを紹介! 年を取るとどうしても太りやすくなり、メタボにならないか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 いろいろなダイエット方法が溢れている昨今ですが、基本となるのはやはり日々の生活習慣です。 …

89view
YAZIUP運営

「横浜スポーツタウン構想」って何? 弱小時代も過去のこと。 2016年、2017年とCS進出を果たし今年は優勝を狙える位置にいるDeNA横浜ベイスターズ。 ベイスターズがここまで成長した理由には、やはり運営がTBSからD…

22view
YAZIUP運営

「横浜優勝」 最近、ツイッター上を騒がせている「横浜優勝」のハッシュタグ。 この「横浜」とは、プロ野球チームDeNA横浜ベイスターズを指すものです。 そしてこの言葉は何も最近になって出てきたわけでもなく今から何年も前、ベ…

21view
YAZIUP運営

さあ、東京だけれど、気がかりなことが少々 獲得したメダルは、過去最高の13個。日本中がわいた平昌冬季オリンピックが、ずいぶん前のことのように感じませんか?時の流れは速いものですね。 すると、楽しみになってくるのが次に控え…

27view
アントニオ犬助

ラグビーにも関心を持つこと 今年もまだまだたっぷりありますが、来年はラグビーワールドカップ日本大会の年になります。 既にチケットの販売も始まっているかのようで、今から楽しみにしている人もいるようです。 ですがラグビーなど…

30view
YAZIUP運営

「東京」オリンピックなのに・・・ 2020年に開催を控えている、東京オリンピック。 ただ「東京」と名は付いていても、東京だけで開催されるわけではありません。 関東の施設はもちろん、札幌ドームや宮城スタジアムの使用も決定し…

17view
YAZIUP運営

上原・青木が日本球界に復帰! 読売ジャイアンツの大エース、上原浩治。 東京ヤクルトスワローズの安打製造機、青木宣親。 日本代表経験もありかつてNPBを大いに沸かせた2人が、メジャーでの実績を引っさげて日本に帰って来ました…

23view
YAZIUP運営

東京オリンピックを前にして 最近、日本人のトップアスリートに日本人らしからぬ風貌と体格をしたハーフのアスリートが見受けられるようになりました。 思い当たるだけでも、テニスの大坂なおみ、陸上短距離のケンブリッジ飛鳥などがい…

73view
YAZIUP運営

「闘将」の功績 2018年1月に他界した星野仙一さん。 現役通算146勝・監督通算1181勝というその数字以上に野球界に多大な貢献をし、多くの人が早過ぎる別れを悲しみました。 そんな星野仙一さんが残した、功績の一部を振り…

24view
YAZIUP運営

球春到来!応援にも熱が入ります センバツも終わり、いよいよプロ野球の季節ですね。 昔に比べ、地上波テレビではすっかり「野球枠」というものが消えつつあり、プロ野球ファンのお楽しみが減ってしまったかというと、実はそうでもあり…

51view
のりき 夢丸

鋭利な金具は何のため? 野球のスパイクには、通常の運動靴と違い金具によるスタッド(突起物)が付いています。 それも結構鋭利に出来ており、スライディングやベースカバーのプレー中に事故を起こしてしまうケースもあります。 そん…

67view
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ