グルメ

「値段ではなく状況に応じたチョイスができる」 グルメなオヤジの条件とは。 格式高いものから庶民的なものまでグルメを知っている。 YAZIUPが発信するカッコいいオヤジのグルメ。

グルメの最新記事

距離を縮めるには、いい機会ではあるものの 転職、いろんなケースがありますから一概にはいえないものの、総じてしんどいものですよね。何がしんどいかというと「中途である以上、早い結果を求められている」ということ。私、アントニオ…

105view
アントニオ犬助

粋の固まり、ショートカクテルをオーダー ダンディー、そしてセクシー、男のあこがれといえばジェームス・ボンド。 彼はブルース・リーやキャプテン・ハーロックらと共に、少年期の私、アントニオ犬助に大きな影響を与えた人物なのです…

84view
アントニオ犬助

忘年会シーズンまでもう少し! 早いもので、すでに10月を過ぎて年末にどんどん近づいています。年末のオヤジの楽しみのひとつが忘年会ではないでしょうか。無礼講の忘年会は、飲んで騒いでストレスを解消したいものです。 しかし、忘…

156view
松村 昴

日本海側にひしめくブランドがにの数々 1年に1度、旧友たちと小旅行へでかけるのを、私、アントニオ犬助は恒例にしているのですが、今年はズワイガニを食いにいこう!! ということになりました。そして、いつものごとく私が幹事役を…

68view
アントニオ犬助

基準は最終兵器・スーパーストロング12レモン ここ5年で、市場規模は2倍以上。 アルコール度数8%以上!! アサヒ「ストロングゼロ」から始まった「ストロング系缶チューハイ」の勢いが止まりません。 人気の理由はいうまでもな…

190view
アントニオ犬助

ビールをチビチビと楽しむイギリス人 「バー」「居酒屋」「スナック」「クラブ」「パブ」。 色々な業態を名乗る日本の飲み屋さん、それぞれに明確な線引きはないということを日本人なら慣習的に知っています。しかし、気の毒なのが外国…

62view
アントニオ犬助

人間になる以前から続く、酒との付き合い 「その歴史は文字の誕生以前までさかのぼる」こんな風にいわれることもある酒と人間の関わりなのですが、研究によるともっと古く……人間が人間になる以前から、酒は楽しまれてきたのではないか…

53view
アントニオ犬助

モスコミュール、昔、流行りませんでしたか? モスコミュールとか、カルーアミルクとか、スクリュードライバーとか。 昔、流行りませんでした? 酒をおぼえたての子どもたちが集まるといえば居酒屋チェーン店、そんな場で盛んにオーダ…

60view
アントニオ犬助

セレブたちが次々と進出、プレミアムテキーラ サミー・ヘイガー、この名前を聞いて懐かしさを感じる人も多いはず。 ソロとして、そしてヴァン・ヘイレンのボーカリストとして、1980年代に数々のヒット曲を飛ばした人物ですね。そん…

89view
アントニオ犬助

始まりは、岩倉具視が持ち帰ったから 大政奉還、そして江戸城無血開城へ。NHK大河ドラマ「西郷どん」、マッハのスピードで展開しています。毎回、個性豊かなキャストが熱演を見せてくれているのですが、中でも異彩を放っているのが岩…

61view
アントニオ犬助

ビールとは均一ではないと教えてくれた「コロナ」 原料や製法にこだわったビールたちは、それぞれに個性があって面白いもの。 小規模なブルワリーが手がけた「クラフトビア」が、人気となってしばらくたちます。味わって感じるのは、ビ…

77view
アントニオ犬助

「AOC」とはブランドを大切にする姿勢である 「本家◯◯」とか「元祖◯◯」とか。 何かがヒットすると、後発して類似品が登場。 「こっちが本物だ」とか「こっちが元祖だ」とか、看板をめぐって争いを繰り広げた挙句、ブランド自体…

109view
アントニオ犬助

夏を唐辛子で乗り切る 暑い季節はひたすらクーラーを効かせて冷たいものばかりを飲み食いしてやり過ごせる訳でもありません。 ある程度は身体を暑さに慣れさせなければ、つらいものでもあります。 さらに血行を促進させて身体に溜まっ…

104view
YAZIUP運営

オヤジの中には、正直『ウンチクは頭に入っているが、中身は判らない』という人は多いのではないだろうか。 コーヒーもまたしかりで、ネットで調べた事で止まっていて、実の所、缶コーヒーとスタバと、家で豆を買って入れたコーヒーの違…

57view
沖倉 毅

醸造酒を蒸留することで、アルコール度数は高くなる 麦のジュースを発酵させるとビールになり、ぶどうジュースを発酵させるとワインになる。この様にして造られた酒を「醸造酒」と呼ぶのは御存知の通り。 しかし醸造酒はアルコールが弱…

192view
アントニオ犬助

ゴルファーの多くは、ビールのためにプレイしている 真面目に楽しんでいらっしゃる方には大変失礼だと思うのですが、あえて言わせていただきます。「ゴルフ=健康に良い」というのは大嘘だ、詭弁もいいところだ、と。 私・アントニオ犬…

204view
アントニオ犬助

ガラス製のツボのようなデキャンタ デキャンタって、名前は聞いたことあるけど、使ったことはない。というオヤジは少なくないでしょう。そもそも、デキャンタを使うのはワインを飲む人だけだといっても過言ではありません。しかも、ワイ…

76view
YAZIUP運営

ある日、外人に誘われた飲み比べ 今から30年ほど前。夜遊びをおぼえたての私・アントニオ犬助が、夜な夜な街に繰り出していたころの話です。場所は当時、登場し始めた今でいう「クラブ」。外国人との日本人の構成比が8:2、そんなお…

178view
アントニオ犬助

植木屋さんが感激したのは「冷やした酒」だった 元は上方、後に江戸でも演じられるようになった落語の噺に「青菜」というものがあります。 夏の暑い日、出入りしているお屋敷で一仕事終えた植木屋さんが、ご隠居に一杯誘われる。アテは…

200view
アントニオ犬助

ビールの泡について ビールが大好きなオヤジは多いのではないでしょうか。仕事終わりに飲むキンキンに冷えたビールは最高です。ビールと言えば、泡が重要です。 泡があることによって、美味しく見えます。そこで気になるのが、泡によっ…

84view
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ