YAZIUP CLUB会員募集中

最新記事

2,200年語り継がれる、中国の巨根 皆さんは、週刊ヤングジャンプに連載中の「キングダム」なる漫画をご存知でしょうか。累計3,600万部を記録している、原泰久氏の大ヒット作。実写映画も4月に公開されますから、こちらも話題…

87view
アントニオ犬助

遊牧民のイメージだが… モンゴルと言えば、どんなイメージがありますか。「相撲」「遊牧民」などをイメージする方が多いのではないでしょうか。日本の大相撲には、モンゴル出身力士が多くおり、相撲をイメージするのも納得です。また、…

15view
松村 昴

外出先で、突然雨に降られる度にコンビニの傘を買い、気が付けば家にコンビニ傘が10本以上あるという人も珍しくない。 コンニビ傘は1本500円、10本買えば5000円になるし、友人が家に来る度に渡す人もいるだろうが、その大半…

33view
YAZIUP運営

人気なのは上半身! 最近のボディメイクの流行としてはやっぱり上半身です。特に男性の場合は大きな肩や厚い胸板、太い腕に皆さん関心が集中していますね。一方、脚の筋トレは熱心に行う人は少数派のようです。 確かに腕や大胸筋を見て…

104view
加藤薩樹

消費税が8%から10%に増税されるのは2019年10月。そのあと、長く使われてきたWIN7のサポートが、とうとう2020年1月に終了してしまいます。 OSがWIN7のノートパソコンを頑なに使い続けていたにも関わらず、さら…

239view
Rc.オガ

チケットを求め長蛇の列! 2月25日、マツダスタジアムで公式戦チケットの抽選券を配布した広島東洋カープ。 しかし球団が予想をしていたよりも遥に多くの人の集まり、交通に影響が出るほどの長打の列が。 警察が出動する騒ぎにもな…

18view
YAZIUP運営

国を割る、大騒動の発端となった巨根 私、アントニオ犬助は極度の近眼なので、何ともわからないのですが、世の男性たちはサウナなどで、自身の何の大きさをよそ様と比べたりするらしいですね。そして心の中で、勝った負けたとかやってい…

232view
アントニオ犬助

お見舞いで絶対に守りたいマナーは? 友人・知人が入院したと知ったら、あなたはどのようにしてお見舞いに行きますか? 入院した人が親しければ親しいほど、すぐにでも駆け付けたいと思うものです。 ですが、冷静になって考えてみてく…

22view
YAZIUP運営

恋愛もリズム感が大事 会話の最中、何も考えず脊髄反射でもしているかのように声が出るようにすると、聞き手も考える暇が与えられなくもなるのです。 テンポの良い言葉のキャッチボールの最中に、じっと考えてみれば実に失礼な発言もあ…

18view
YAZIUP運営

ゴーン被告が10億円で保釈! 日産自動車の前会長であるカルロス・ゴーン被告が、保釈金10億円で保釈されました。とんでもない大金ですが、保釈金の金額は誰がどのように決めるのか知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。…

16view
松村 昴

東アジアの複雑な絡み合い ベトナムのハノイで行われた米朝首脳会談。初日の融和ムード?とは裏腹に、2日目は予定されていた昼食会がはじまらず、結局は午後のスケジュールがごっそり抜けて、予定よりも早く終了するというマスコミ的に…

7view
YAZIUP運営

現代日本人を悩ませるお墓問題 少子化や未婚率の上昇で、お墓の管理を負担に思う人が増えています。子どもがいなければお墓を継ぐ人がいませんし、いてもひとりっこだと管理が重荷にならないか心配ですよね。地方から都市部に移った方の…

28view
八神千鈴

原作は、日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」(木城ゆきと作)ビジネスジャンプに1990年から1995年連載されていました。現在、ネットで検索すると1巻目の最初がお試しで読めます。「銃夢」は、海外での人気が高く「バトルエンジェ…

15view
Rc.オガ

ラブソングの今と昔で女心の変化を確かめる 女性の恋愛への向き合い方はいつの時代も基本は普遍なものでしょうが、それでもどことなくじわじわ変わっているのは鈍感な男性でも薄々とは感じていることでしょう。 大まかな年代別の傾向を…

23view
YAZIUP運営

意外と侮れない末端の筋肉 あまり派手さはないのですが、それでも見た目以上に我々の日々の動作や機能性に大きな影響を与えるのが体の末端の筋肉です。 体の末端とはつまり首や前腕、脚のふくらはぎ筋肉のこと。厳密に言えば握力も含ま…

64view
加藤薩樹

3月は車の購入シーズンではある 車が最も多く売れるのが3月なのは確かなようです。 これは中古車か新車に関わらず、それだけ需要が多くなるからでしょう。 4月の就職や転勤に伴い、車が必需品となって駆け込みで買い求めているお客…

51view
YAZIUP運営

コミカル、キャッチー、かつ凄惨というキャラクター 昭和のプロレス黄金期、最も有名な外人レスラーといえば、アブドーラ・ザ・ブッチャーでした。初来日は1970年、2012年に引退するまで来日回数は140回以上、40年以上に渡…

19view
アントニオ犬助

健全な親子関係を維持するために 答えたくない質問をしてくるのは大人ばかりではありません。 子供だからこその純真な質問にも答えづらい質問があります。 その中で最も触れたくない分野が男女の関係に関することでしょう。 赤ちゃん…

125view
YAZIUP運営

デキるオヤジは歓迎会で活躍する! どの会社も、新人が入社すれば歓迎会を開くのではないでしょうか。新入社員にとっては緊張する場ではありますが、デキるオヤジにとっても忙しいのが歓迎会です。実は、歓迎会はデキるオヤジが活躍する…

76view
松村 昴

今、見直してほしい昭和のオヤジ 中年のイメージしか浮かばない昭和のオヤジの対義語とされていそうなのが、若者のイメージしか浮かばない平成っ子でしょう。 生まれた元号が変わった瞬間を境に、いきなり若者扱いしてしまったりするこ…

37view
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ