病気の最新記事

生理中にセックスしてはいけない理由がある 良い雰囲気になった時、相手が生理中だとわかったらどう思いますか? 「ラッキー!中出しできる!」「血が苦手だからやめとこう…」など、オヤジによて意見が異なるかと思いますが、結論から…

1068view
YAZIUP運営

絶対にかかりたくない性病の一つ! 尖圭(せんけい)コンジローマという病気を知っていますか。 クラミジアや梅毒、HIVほど有名ではありませんが、発症すると厄介な性病の一つです。 尖圭コンジローマにかかったことがある方も、症…

997view
YAZIUP運営

大麻にまつわる議論!実は盛り上がってます! ここ最近、にわかに盛り上がりを見せている分野があります。それが「大麻の合法化」です。先日、元女優の高樹沙耶さんが大麻所持で逮捕されてしまいましたが、首相夫人の安倍昭恵さんが医療…

238view
加藤薩樹

性嫌悪症は身近な病気 性行為や性的なものに罪悪感を抱く『性嫌悪症』に悩む人が沢山います。 性嫌悪症とは性嫌悪障害とも言われ、精神障害の一つとして数えられており、片側のパートナーの性嫌悪症が原因で、セックスレスに陥っている…

628view
YAZIUP運営

初期症状では診断されにくい疲労骨折 カラダ作りに興味や関心がある方、朝はジョギング、夜はジム通いと徹底的にカラダを引き締めている方などは、自分でも気が付かないうちに骨折しているかもしれません。足をぶつけたわけでも、踏まれ…

590view
YAZIUP運営

世界保健機関(WHO)の世界保健デー 2016年は糖尿病がテーマであった世界保健デーですが、2017年はうつ病がテーマです。この世界保健デーは、世界保健機関(WHO)が規定する公共保健キャンペーンのひとつで毎年テーマが異…

324view
YAZIUP運営

その疲れ、ただの加齢とは限らない? 若い頃は、無理をして徹夜で仕事をしたり、同僚と朝まで飲み明かしても翌日の仕事に支障がないほどの元気があったという男性も多いかと思います。しかし、加齢に伴って疲れが取れにくくなったり、夜…

239view
YAZIUP運営

いんきんたむしは股間の水虫? 股間が痒くて、よく見ると赤い発疹があり、それが輪のように広がって、周囲が盛り上がっているように見えるなら「いんきんたむし(陰金田虫)」かもしれません。「いんきんたむし」は、足の水虫と同じく「…

1073view
YAZIUP運営

セックスはメリットばかりではない セックスをするとパートナーとの愛が深まり、程よい運動になります。 それに何より、三大欲求の1つである性欲を発散しなくては、仕事や趣味にも身が入らないものです。 中には「セックスが趣味」「…

1374view
YAZIUP運営

コンドームは万能ではない 避妊と性感染症予防のために、セックスの度にコンドームをつけている人も多いかと思います。 しかし、「コンドームをつけているから大丈夫」と安心しきっていませんか? 世の中にはコンドームをつけていても…

1183view
YAZIUP運営

究極の断捨離?BIID症候群 BIID症候群とは日本語で「身体完全同一性障害」と言います。これは精神疾患の一種で、自分の四肢(腕や脚ですね)が自分にとってとてつもなく不必要なものに感じ、切断したくてたまらないという欲求に…

659view
加藤薩樹

梅毒は骨にまで侵食する!最悪の結末も… ここ数年で梅毒が流行していると騒がれていますが、他人事と思っていませんか。 今でこそ治療薬がありますが、梅毒の症状とは知らずに放置していると、後遺症が残ったり命を危険にさらす可能性…

1816view
YAZIUP運営

視野が欠けて失明する病気 日本人の失明原因の1位は「緑内障」です。視野が欠ける病気で、かつては「青底翳(あおそこひ)」と呼ばれていました。一度欠けてしまった視野は、治療しても元には戻りません。40歳以上では20人に1人(…

270view
YAZIUP運営

インフルエンザとワクチン インフルエンザの予防といえば、ワクチンの接種が思い浮かぶと思います。ただし、皆様もご存じのように、ワクチンを接種してもインフルエンザにかからないというわけではなく、症状を軽くする程度の効果である…

1119view
YAZIUP運営

どうして風邪を引くのだろう 寒い季節になると、風邪を引きやすくなります。咳は出るし、喉は痛むし、鼻水は出るし、頭は痛いし、寒気もします。何よりも辛いのは発熱です。こんな時は彼女に看病してもらい、子供のように甘えて食事も食…

1684view
YAZIUP運営

この検査キットで世の中にある全ての薬物を検査できる。もちろん私が陽性になる可能性は万に一つもないが、世の中の検査キットを全て試す以上、ここは避けて通れない。 脱法ドラックや脱法ハーブなどの薬物は、この検査キットでは網羅し…

667view
検査キット評論家  小長谷直登(こながやなおと)

もしかしてこれ・・・痛風? 「何だか最近、関節が痛み出す・・・年を取ったらそういうものなのかな。」 このように、若い頃に比べて痛みを感じることが多くなったという人もいるのではないでしょうか。 もしかしたらそれは、痛風にな…

1152view
YAZIUP運営

薄毛治療に興味がない人でもテレビCMなどでAGAという言葉は聞いたことがある人は多いだろう。私もそのひとりで「お医者さんに相談だ!」というあのフレーズは今でも覚えている。 私は薄毛の心配は全く心配ない。歳は33になり白髪…

664view
検査キット評論家  小長谷直登(こながやなおと)

セルシーフィットSTD-6は、HIV、梅毒、クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジタなどつまりのどに感染した性病以外はこれで1つで十分検査できる。 私は性病の心配はないが、あらゆる検査キットを身をもって体験する立場である…

632view
検査キット評論家  小長谷直登(こながやなおと)

今回検査するのは薬物検査だ。薬物と一口に言っても、覚せい剤を始め、MDMAなど芸能人が逮捕されて有名になった薬物から数年前まで世間を騒がせた脱法ドラックまで様々ある。 私自身はもちろん薬物に該当するものは使ったことがない…

1532view
検査キット評論家  小長谷直登(こながやなおと)

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ