時計の最新記事

安倍首相の時計はセイコー製です 大統領令にサインをしまくっているトランプ現大統領、彼が愛用しているペンは米「クロス」社のペン先にフェルトペンを仕込んだ「センチュリー2」であるということをお伝えいたしました。 で、そんな記…

8view
アントニオ犬助

旧聞に属しますが、リオデジャネイロ・オリンピックの閉会式 別の項目で、安倍晋三首相がセイコーの「アストロン」を腕にしており、世界を股にかける首相に相応しいモデルですね、なんて話を書きました。 それで思い出したのが、昨年の…

189view
アントニオ犬助

必ずしも、若者が腕時計をはめないわけではない 「社会人になったからには、身だしなみの一つとして、いい腕時計を身につけたまえ」 社会人のセンパイ風を吹かせる、こんなオヤジに新入社員の若者たちは辟易しているようですね。 「い…

40view
アントニオ犬助

世界は、ポスト・スマホを待ちわびている 「スマホの次は何だ!!」 気がつけば、iPhoneが誕生して10年が経過、IT業界でここしばらく呪文のように繰り返されている言葉です。 据え置き型のゲーム機やPDA、そしてガラケー…

154view
アントニオ犬助

さらば!! デカ厚時計たち いったいどこから始まったのか……カシオ・Gショック、はたまたパネライでしょうか……昨今の腕時計業界を席巻している「デカ厚」です。 一時のブームはガガミラノの爆発的流行を経て落ち着きそうな雰囲気…

107view
アントニオ犬助

コスパで考えるならば、中古のロレックス 以前、ロレックスを購入するならば、中古に限るという話をしました。 また同じロレックスでも、デイトジャストやデイデイトではなく、サブマリーナやエクスプローラといった、スポーツモデルと…

105view
アントニオ犬助

決して万人に似合うわけではない時計 付ける人を選ぶ時計ナンバーワンといえばやっぱりパネライか?何て思うのです。 ミリタリー仕様をそのまま民生化したかのようなそのルックスは、まるでハマーと街中ですれ違ったかのような、強烈な…

37view
アントニオ犬助

活躍するのが当たり前となった「世界の」錦織 ちょっと前までの、マスコミでの取り上げられ具合が異常だったのでしょうか? それとも、飽き性の日本人ならではの傾向なのでしょうか? というか、世界的に活躍している様が日常光景とな…

29view
アントニオ犬助

その道のプロに任せるのが一番なのです 毎年この時期になると小学生の頃、年賀状に「おもち、食べ過ぎないでね?♪」といった、しょうもない一言を加えてきた彼を思い出すのですが、皆さん今年のお正月はどうでしたか?おもち、食べ過ぎ…

44view
アントニオ犬助

代わり映えがしないロレックスだからこそ 時計業界の熱い視線が注がれる一大イベントといえば「バーゼルワールド」、毎年春にスイスの地方都市バーゼルでおこなわれる、世界最大の時計と宝飾品の展示会です。そこでは世界中のありとあら…

4383view
アントニオ犬助
記事制作方針ガイドライン

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ