時計の最新記事

腕時計投資家、ただいま活躍中 「もう新品は買うな!」とか「ファッションを楽しみながら儲けを出す」とか……こんなタイトルの本を見つけたのです。何のことかというと腕時計。 内容は新品は中古となった時点で大きく価値は下がるもの…

66view
アントニオ犬助

バブル期に、そこいら中に立っていたフラグ 靴磨きの少年が株の話をするのを聞いて、世界恐慌を予感。手持ちの株を売り抜けて、破産の危機を免れたのはケネディ元大統領のお父さんのエピソードだったでしょうか。株とは無縁であるはずの…

338view
アントニオ犬助

旅行の興味が、買物から観光へと移るのは常のこと 旅行者がみやげ物として持ち帰った高額品にも、中国が関税をかけるようになったのが去年の春、これに円高傾向も加わっていわゆる「爆買い」は終焉を迎えました。それでも日本に来てくれ…

20view
アントニオ犬助

ちょっと前の、ネイマール氏の報道を思う 「ネイマールが、表参道のガガミラノのブティックに立ち寄り2,000万円の買物をした」 少し前に、こんなことが報じられていました。「世界的大スターともなると、買物も豪気なものだねえ……

37view
アントニオ犬助

ドえらい物!! 時計の3大複雑機構とは何か お好きな方ならば、何を今さらという感じでしょうが……時計には「3大複雑機構」というものがあります。ご存じない方のために、以下に軽く説明をしておきましょう。 その1が「パーペチュ…

139view
アントニオ犬助

買うより借りる、そんな時代なのです 気がついたら、物を買わない時代になっていたとかなんだとか……世間ではレンタルビジネスが花盛り。 普段着を借りられるレンタルブティックとか、車ならカーシェアリングとか、変わり種ならプロン…

68view
アントニオ犬助

ハズレだったという声がある一方で バーゼルワールドがスイスで開催され、その話題でしばらく持ち切りになる。 これは時計・宝飾業界、桜の時期の風物詩。 新型のロレックス「シードゥエラー」が発表されたり、オメガは「スピードマス…

50view
アントニオ犬助

存在感のある時計が欲しくなる季節 春分の日を過ぎて暦の上では春になり、ちらほらと桜の便りも耳にする様になりました。 そろそろ重いコートとはさよならする時期。となると、これからのは袖口が目立つ時期、ちょっとボリュームがある…

77view
アントニオ犬助

業界界隈は今年もバーゼルに湧いています ライン川の上流に位置するスイス第3の都市、バーゼル。 毎年3月になると時計・宝飾業界の人々はそわそわと浮き足立ち、バーゼルへと向かって旅立ちはじめます。 なぜか? 世界中の時計・宝…

83view
アントニオ犬助

なぜか時計の趣味が変わった彼 「また、時計変えたの?」 1年に1回ほどしか会わない知り合いに時計好きがいるのですが、ここ数年、いつも会話はこんな感じで始まります。 ロレックスの「GMTマスターll」から始まった彼の時計遍…

36view
アントニオ犬助
記事制作方針ガイドライン

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ