YAZIUP CLUB会員募集中

今年DAZNで視なくちゃいけないのは女子テニスとアレです!

  • 2018/04/01
  • ライフスタイル・娯楽
  • 65view
  • のりき 夢丸
タグ
  • スポーツ
  • サッカー
  • スポーツ
  • テニス
  • テレビ
  • 野球

プロ野球11球団解禁って、あれれ?

プロ野球11球団解禁って、あれれ?

月額定額料金で世界中のスポーツ中継が視聴可能なサービス「DAZN」の勢いが止まらない。
今年からは日本のプロ野球11球団の主催試合ほとんどについても視聴できるようになり、野球好きでネット好きのオヤジたちにはたまらないサービスとなった。

ちなみに日本にプロ野球球団は12あるが、そのうち11球団って…あれ?どこの試合が視られないんだ?と思ったら、やっぱりアソコ。
大人の「事情」もいいけど、なにかと意地を張らず、野球ファンのために大人の「太っ腹」を見せてもよかったのに。

もっとも主催試合が視られないだけなので、あのチームもビジターゲームならバンバン視られる。
ちゃーんと抜け道はありますね。

 

すでにサッカーファンはここ一択状態

すでにサッカーファンはここ一択状態

プレミアリーグ、ブンデスリーガはじめとする欧州5大リーグ、そして日本のJリーグを一挙配信中のサッカーに関しては、すでにDAZNを見ずして1シーズンを語れなくなっている。

世界で最も影響力の強いスポーツはダントツでサッカーであり、おいしそうなサッカーコンテンツがあったら迷いなく吸い取っていくのがDAZNのやり方。
来シーズンからは、あのUEFAチャンピオンズリーグもDAZNの手中に。

自分はJリーグにまだそこまでの集客力があるとは思わないが、日本にDAZNが定着する過程では、必須のプロセスなんだろう。
両者のプレーを見比べちゃうと、ちょっとレベルの違いに愕然とするけど、それもファンの目を養うにはいいのかも。

まあサッカーはいい。
オジサンが今後DAZNの進出具合をうんと気にしているスポーツが二つある。
それは、テニスとロードサイクルだ。

 

なおみチャンとともに大ブレークの予感

なおみチャンとともに大ブレークの予感

錦織圭くんがお休みの間にメキメキ頭角を現した女子テニス選手、それが大坂なおみチャン。
メジャーのすぐ下に位置するクラスで初優勝を飾り、現世界1位のハレプ(ルーマニア)、元1位のシャラポア(ロシア)、セリーナ・ウィリアムズ(米国)らを次々と破っている今の勢いは本物。

この活躍ぶりを「もうちょい詳しく」視たいと思ったら、動画まとめサイトよりもDAZNにすべき。
DAZNではもう少し小さな大会まで、なおみチャンを追っかけて配信してくれるとのこと。
今年のグランドスラム大会で1度は「死闘」を演じてくれる(女性には似つかわしくないけど)と期待するなおみチャンの、一挙手一投足に注目してほしい。

彼女、いい動きしてるよ、スカッとするね!

 

スルメのように渋いジャンルもひとつご紹介

スルメのように渋いジャンルもひとつご紹介

はい、実はオジサンがもうひとつ気になるジャンルというのが、ロードサイクル、つまり自転車競技なんです。

欧州グランツールの一角である「ジロデイタリア」は、すでにDAZNの手中に落ちています。
このままだと残りのブエルタ・エスパーニャとツールドフランスも、すぐとは言わなくてもこのような動画サービス系に「身売り」しちゃうんじゃないかと毎年ヒヤヒヤしてます。

自転車こぎのどこがおもしろいの?と言われればその通りなんです。
道中ワイワイ騒ぐわけでもなく、じっと各チームの戦略に目をこらし、今日の展開を読み、風圧から守られたひと握りのエースたちがゴール前のスプリントに殺到するシーン…だけが唯一の盛り上がりですから(ひとり酒はとにかく進む)。

そこにF1に近いドロドロの人間模様が重なります。
あれもメカニカルでありながら、かなり人間くさいジャンルですけどね。

でも環境放送としてロードサイクルは最高に素敵です。
欧州の都市空撮映像は、ときに息を呑むほど美しく、官能的でさえあります(夏のフランス最高!)。
DAZNはかなり画質よくなってきた(4Kはよ来い)と聞きますので、大画面視聴なら1か月の欧州自転車プチ旅行が手軽に楽しめるでしょう。

いやぁ、これにもしNBAが本格的にぜーんぶ復活したら(今は楽天なのね)、スカパー!も捨てて、即刻DAZN加入しちゃうだろうなぁ。
いよいよXデー、そこまで来てますワ。

この記事につけられたタグ

  • スポーツ
  • サッカー
  • スポーツ
  • テニス
  • テレビ
  • 野球

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ