本田圭佑も読めなかった「清々しい」などよく間違える漢字を、この機会に覚えよう!

  • 2018/07/15
  • ライフスタイル・娯楽
  • 212view
  • アントニオ犬助
タグ

ケイスケ・ホンダは誤読も「キヨキヨ」しかった

ケイスケ・ホンダは誤読も「キヨキヨ」しかった

2大会ぶりにグループリーグ突破を果たした「サムライ・ブルー」!! 決勝戦を待たずして、あたかも「FIFAワールドカップ」自体が終わってしまったかのような様相の日本です。
さて、前評判が散々だったこのサムライ・ブルーなのですが、この大会で一番株を上げたのは誰なのか?と考えると、やはり本田圭佑選手ということができるでしょう。アンチを黙らせる試合での活躍ぶりはもちろんですが、その後の「キヨキヨしい」事件が彼の株を上げた!!

テレビ番組のインタビューで現在の心境を問われた彼は、
「今はすごく、なんというんですかね、『キヨキヨしい』というか」と答えてしまった……もちろん「清々しい」=「スガスガしい」ですよね。
しかし、そんな恥ずかしい出来事の後でもやはりケイスケ・ホンダ。Twitterで「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」なる投稿をおこない、自身の非を認める態度こそ清々しいと、大いなる賞賛を集めたのでした。

ちなみに、私・アントニオ犬助は「清々しい」を「セイセイしい」と読み間違えたことがあります。まあ「セイセイしい」と読まないこともないですから、その場は上手くごまかした。でも、ごまかしている時点で、犬助はケイスケ・ホンダじゃないですよね。

 

いきなり「ダンコン」は、ないんじゃないか?

以前、職場の女子から、
「『ダンコン』の世代ジュニアって、犬助さんたちのことですよね?」と真顔で聞かれて、どぎまぎしたことがあります。
かわいい顔して、いきなり「男根」だの「ジュニア」だの……。

犬助たちの世代は「団塊の世代ジュニア」と呼ばれていますから「団塊」=「ダンカイ:(そこだけ人口が多いという)かたよりのこと」だと知っていて当然なのですが、この「団塊」って言葉、他の世代にとってはかなり難読語です。

そんな彼女は別のタイミングで「私は今、『発情期』なんです!!」と、口走ったこともありました。聞けば身長が低いことをからかわれて「成長期」といいたかったとか。
かわいい顔して、いきなり「発情期」……こちらは、読み間違えではありませんが。

 

「ミゾウユウ」、誤読の宝庫だった元首相

「ミゾウユウ」、誤読の宝庫だった元首相

少し古い話題になりますが2008年、時の総理大臣・麻生太郎氏が出したコメント
「こうした『ミゾウユ』の自然災害というものを……」これを聞いて、「あー、またやっちゃったよ」と思っていたのは犬助でした。踏襲をフシュウ、頻繁をハンザツ。思い起こせば、他にも色々やってましたよね。
などと思いながら、この記事を書くために調べなおしてみたら「未曾有」は「ミゾウユ」と読まないことは当然としても「ミゾウウ」とも読まないことが判明。

未曾有=「ミゾウ」なんですよね。
今の今まで犬助は、ミゾウウだと思って読んでいましたよ。
「これって、曲がりなりにも日本語を使って仕事をしている人としてどうなの?」
ライターの犬助は思いたち、読み間違えしやすい言葉を列挙したHPでチェックしたら……まあ、あるわあるわ!!

依存心(正:イソンシン 誤:イゾンシン)
間髪をいれず(正:カンハツをいれず 誤:カンパツをいれず)
出生率(正:シュッショウリツ 誤:シュッセイリツ)
御用達(正:ゴヨウタシ 誤:ゴヨウタツ)
早急(正:サッキュウ 誤:ソウキュウ)
重複(正:チョウフク 誤:ジュウフク)

……さあ、皆さんはどれだけ正しく覚えていましたか? 犬助は今の今まで、全部、読み間違えしていました。

 

漢字の読みの難しさに、犬助開き直る

漢字の読みの難しさに、犬助開き直る

でもね、ちょっと言い訳をさせてもらうと「ミゾウウ」でも「ゴヨウタツ」でもいいのですが、これらの言葉って「誤」とされる読みを入力しても、バッチリ漢字に変換できてしまうんですよね。
WindowsでもChromeでも、誤りとされている読みで変換が可能。
ということは、もうこれは誤読ではないのでは?犬助は、そんなふうに思うのです。

そもそも犬助が、これらの言葉を用いるのは文字で表すケースばかり。発音するケースはあまりないですから、犬助が間違っていた(いる)ことは誰も気が付かない。
じゃあ、いいじゃないか!!

まあ、間違っているよりも正しいに越したことはありませんから、意識の高い方々は、この機会におぼえてください。え? それ以前に間違えないですか、そうですか。

おまけとして現代美術家の奈良美智(ヨシトモ)氏、ずーっとナラミチさんという、女性の方と思っていたことを、ここに告白しておきます。

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ