胸のGスポット「スペンスの乳腺尾部」の開発方法!バストアップにも効果アリ?

  • 2017/05/28
  • モテ
  • 4369view
  • YAZIUP運営
タグ

胸の性感帯は乳首だけじゃない!

みなさんはいつも胸のどこを愛撫していますか?
乳房全体を揉んだり、乳首を刺激するオヤジが大半ではないでしょうか。
胸の中で最も敏感な部位といえば乳首ですが、実は乳首を超えると言われる性感帯が胸に存在しているのです!

 

「スペンスの乳腺尾部」

スペンスの乳腺尾部は、胸のGスポットとも呼ばれています。

スペンスの乳腺尾部は、胸のGスポットとも呼ばれています。
開発するとここだけでオーガズムに達することができ、男性も開発するとドライオーガズムを体感できます。
そんなに気持ちのいい性感帯なのに、なぜそれほど有名ではないのかというと、ワキの近くにある性感帯なので、未開発時はくすぐったくて耐えられない人が多いからだと考えられます。
スペンスの乳腺尾部を開発する際には、相手の様子を見ながら少しずつ刺激することが大切です。

 

スペンスの乳腺尾部を開発しよう!

スペンスの乳腺尾部を開発しよう

スペンスの乳腺尾部は、ワキの下から横乳にかけて存在する性感帯なので、最初はくすぐったくて当たり前です。
くすぐったいけど何だか気持ちいい人もいれば、くすぐったくて我慢できない人相手の反応に応じて攻め方を変える必要があります。

①他の性感帯と一緒に攻める
乳首でもクリトリスでも構いません。
パートナーが最も感じる性感帯と一緒にスペンスの乳腺尾部を攻めることで、脳に「ここは気持ちいい場所」であることを擦り込むことができます。

②無理をしない
ワキの下はとても敏感な場所なので、開発に成功したら恐ろしく気持ちいい性感帯に変貌するものの、それまではただただくすぐったい場所です。
くすぐったいのが苦手な人は少し刺激するだけでも不快感を示すので、無理に刺激し続けるのは得策ではありません。
最初は一度やさしくタッチして様子を窺い、大丈夫そうなら触る回数を増やしていきます。
少しでも嫌がっている素振りが見られたらすぐに中止し、苦手意識を植え付けないように注意しましょう。

 

スペンスの乳腺尾部を攻める方法

スペンスの乳腺尾部を攻める方法

①軽く押す
②軽く叩く
③ぐりぐりと押し付ける

指でも舌でもOK!パートナーが喜ぶ攻め方を探してみてください。
慣れてきたらテープでローターをくっつけて刺激し続けたり、激しいのがお好みなら電マがオススメです。
とても敏感な性感帯なので、いきなり道具を使うのはやめましょう。

 

スペンスの乳腺尾部が気持ちいい理由

スペンスの乳腺尾部は乳首と同様に神経が集中しているので、少しの刺激で強い快感を得ることができます。
一方、乳房は神経が脂肪に覆われているので、想像以上に鈍感な部位だったりします。
胸を揉む際には効果的にスペンスの乳腺尾部を刺激して、快感を高めましょう。

 

バストアップにも効果的!

スペンスの乳腺尾部の近くには、バストマッサージで有名なツボである「てんけい」があるので、バストアップ効果も期待できます。
気持ちよくなってもらいながら豊満なバストを育てられるので、エッチな女の子が好きなオヤジはただちにスペンスの乳腺尾部の開発に努めてもらえたらと思います!

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ