40代が選ぶべき仕事の邪魔をしない嫁

  • 2017/02/23
  • ライフスタイル・娯楽
  • 226view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 結婚/育児
  • カップル
  • ビジネスマン
  • 女性
  • 暮らし
  • 結婚

40代が選びたい嫁

519816994

これからどんどん仕事をしていこうと思うと、嫁選びは重要な要素になります。子供ができたとしても、仕事が忙しくて家事や育児を手伝うことが難しい、イクメンなんてどこの世界の話しだと感じられている方もいますよね。今は女性も働けば高齢者も働く、障害者も働くという時代です。色々な人が社会に出てくるなかで、40代の男性も気を抜いてはいられません。

独り身であればラクかもしれませんが、自分の子供を残したいと願ったり、両親や上司から結婚を急かされたり、老後の心配をしたりするとやはり嫁が欲しいと感じる瞬間があるかもしれません。仕事で頑張りたい貴方が結婚するのであれば、次のような女性がお勧めです。

 

頑張る貴方を支えてくれる女性のタイプ

290587310

・実家が商売をしている女性
両親が商売をしている家で生まれ育った女性は、精神的にタフである傾向があります。両親が商売をしていると、親子としての関わりが少なくなりがちですが、その反面、幼いころから自立心が養われているので、結婚してからも必要以上に夫に寄りかかることはしません。

・字がキレイな女性
年賀状やお中元やお歳暮等のお礼状を書くとき、字がキレイなのは助かります。自分宛に届いた贈り物であっても、お礼状を書く時間までなかなか取ることができないので、嫁が代筆できると助かります。

・外で働いている女性
自分自身に収入があると、嫁には専業主婦になってもらってという夢もあるかもしれません。しかしながら、今の女性は年中家にいるとストレスが溜まって、そのイライラを夫にぶつけがちです。男の甲斐は置いておいて、外で働ける女性を選んだ方がラクです。

・年上の女性
出世した男性、しなかった男性を横で観てきた女性を嫁にすれば、出世までの花道を作ることに協力してくれることでしょう。ただ、一点、もしその女性を嫁にすることで自分のプライドが崩されそうであれば、それは避けるべき道です。

・良家出身の女性
否が応でも稼ぎ出世しなければ義両親からの圧がかかります。そのような状況が自分自身を奮い立たせる材料となることでしょう。もちろん、義両親の人脈を利用して稼ぎたいと狙う人にもお勧めです。

・海外で育った女性
日本流の稼ぎ方に固執するとすぐに限界が見えます。海外で育った女性は両親共々、働き方も考え方もグローバル。もっと稼ぎたい、もっと出世したいと思う貴方に新しい風をもたらしてくれることでしょう。

 

若い嫁を得たいと思ったときの注意点

388381996

稼げる男の証のひとつとして若い女性と交際したり、結婚したりといったことがあります。ただ、せっかく若い嫁を捕まえても、嫁として利用できなければ意味がありません。例えば、会社の奥様が集まってお茶や食事を楽しむようなとき、ドカっと座っているような女性であっては困ります。小間使いを楽しめるような女性を嫁をしないと、あとで周囲からヒンシュクを買いますし、ストレスを溜めた嫁から高額な慰謝料を請求されたうえでの離婚となりかねません。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ