YAZIUP CLUB会員募集中

2017年も目が離せない『お騒がせアイドル』の今

  • 2017/08/19
  • ライフスタイル・娯楽
  • 239view
  • YAZIUP運営
タグ

最上もがの脱退、須藤凜々花の結婚宣言、そして仲村みうのAVデビュー

お騒がせアイドルが世間の注目を集めた

まだ2017年の真っ只中ですが、特に今年はお騒がせアイドルが世間の注目を集め、ファンのみならず日本中が彼女たちの一挙一動に賛否の声を寄せています。

 

突如、脱退を表明した『最上もが(もがみもが)』

脱退を表明した最上もが

所属:元 でんぱ組.inc
生年月日:2月25日(年齢非公開)

でんぱ組.incは2008年に結成され、最上もがが加入したのは2011年12月25日のこと。
2013年に初のワンマンライブツアー、2014年には念願の日本武道館公演を達成し、約1万人の動員を記録しました。
それからも人気はうなぎ登りで、今年2017年1月にアリーナツアーを開催。
6日・8日・9日に幕張イベントホール、14日・15日にワールド記念ホール、さらには20日に日本武道館で追加公演まで行って大成功を収めましたが、これ以降でんぱ組.incでの目立った活動は行われていません。
今後、グループの活動がどうなるのかファンの間で様々な憶測が飛び交う中、8月6日、最上もがのブログで突如脱退が表明されました。

彼女自身、2015年に発売した初写真集が大ヒットを記録し、グラビアからドラマ、映画にまで引っ張りだこで、順風満帆かのように思われていましたが、以前から同グループメンバーへの不満をSNSで漏らしたり、アンチに反論するなどして、度々炎上を起こしてきた経緯があります。
脱退についても、心と身体のバランスが取れなくなったことを理由に挙げているので、一筋縄ではいかない悩みがあったのかもしれません。

 

本当に風穴をあけた『須藤凜々花(すとうりりか)』

本当に風穴をあけた須藤凜々花

所属:NMB48
生年月日:1996年11月23日生まれ

彼女は哲学者であるニーチェを最も尊敬し、麻雀も嗜むという一癖も二癖もあるアイドルで、Twitterでは自ら「処女です」と宣言したこともあります。
NMB48の12作目のシングルである『ドリアン少年』ではセンターを務め、次世代を担う主要メンバーとして期待されていました。

その最中、2017年6月17日の第9回AKB選抜総選挙にて自己最高の20位にランクインするも、スピーチで『結婚』を宣言。
この件はネットニュースやワイドショーで話題が持ち切りになり、渡辺麻友の卒業や指原莉乃の3連覇が霞むほどの衝撃を与えました。
8月30日に卒業公演を行い、卒業後はドイツに留学する予定であると発表しています。
総選挙直前に「グループに、選抜に、風穴あけるっす!」(引用:https://twitter.com/riripon48/status/864847909468033024)と宣言し、良くも悪くも有言実行となってしまったわけですが…。

2016年の総選挙では、実の母が子宮頸がんであることを壇上で明かしており、その翌年には結婚宣言。
彼女の胸中では、我々の想像を遥かに超える葛藤が繰り広げられていたに違いありません。

 

遂にAVデビューを果たした『仲村みう』

遂にAVデビューを果たした仲村みう

所属:MUTEKI
生年月日:1991年3月14日

2005年に芸能界デビューし、2006年にはミスマガジンに選出されたという華々しい経歴を持っています。
当時から少女とは思えない妖艶な雰囲気を放っており、独自の世界観で数多くのファンを魅了してきましたが、2009年にグラビア引退を表明。
その後は女優業や後輩のプロデュース、漫画の原作などの活動を行い、2012年には惜しまれつつ芸能界を引退しましたが、2017年6月にAVデビューを果たします。

AVデビューまでに、V系バンドマンとの熱愛の噂や、名古屋の風俗店でバイトをしているという情報がネットで流れたのもあり、彼女を心配する声も上がっていますが…。
AVでは美しさに磨きがかかっており、「待った甲斐があった!」と歓喜しているオヤジもいることでしょう。

世間の風当たりは厳しいかもしれませんが、彼女たちに輝かしい未来が待っていることを願いたいと思います。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ