炎上する、しないの差はどこにあるのか? ベッキーとマギーで考えたこと

  • 2017/02/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 236view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 芸能/音楽
  • イメージ
  • コミュニケーション
  • 人間関係
  • 仕事
  • 性格
  • 生活

ベッキーとマギー、いったい何が違うのか?

174080615

昨年、大いに株を下げた芸能人第1位がベッキーであったことに、異論を挟む人はいないでしょう。
「ゲスの極み乙女」のボーカリストで中心人物との不倫関係がいうまでもなく、その原因だったわけです。
一方で年が明けると、マギーなるモデルさんと「Hi-STANDARD」の横山 健氏が不倫関係にあることが報じられたのですが、こちらは非常に静かなもの。
炎上どころか話題にすらなっていません。
女性側は両方共ハーフタレント、日本人離れした美貌とスタイルで人気を集めていること、男性側は音楽関係者であること、そして不倫関係にあること。
この様に共通点が多いにもかかわらず、この2つの話題になり方があまりにも違うのは、なぜでしょうか。

 

原因は両者の認知度なのか

「マギー? マギー司郎かい?」
ベッキーとマギー、両者の認知度に大きな差があるとか、不倫発覚時のベッキーの対応があまりにもまずかったとか、更には所属事務所の力関係だとか……両者の騒がれ方の違いには、そんな所に原因があるとされていますが、果たして本当でしょうか。

 

佐川急便には、みんなが優しい

240589474
そんなことを考えている時に思い出されたのが、年末にyoutubeに投稿された1本の動画。
佐川急便のドライバー氏が配達すべき荷物を投げつける、蹴りあげるといったご無体な様子、それを隠し撮りした様子が納められたものでした。
「大切に扱うべきお客様の荷物をあんな風に扱うなんて!!」
運送業にとっては不祥事中の不祥事、ネットを中心に批判が集まり、一部の物好きが佐川に電凸、コールセンターの対応がまずくて火に油をそそぐ、佐川急便・大幅減収減益・株価大暴落……ここまでの流れが容易に予想できたのですが、意外なことに、ネットは冷静。
ばかりか、「年末は佐川忙しいもんね」とか「何でもネットでポチる風潮が悪いのか」とか、同情的な論調も目立ったのでした。

 

これが、ヤマト運輸だったらどうだったのか

これが、例えばヤマト運輸の配達員だったらどうでしょうか?
佐川急便と比較して、丁寧な荷物の扱いで定評があるとされる運送会社、恐らく大いに叩かれていたに違いありません。
しかし、普段から荷物の扱いが悪いので定評がある(!!)佐川急便ですから、叩かれなかったということが考えられます。
例えるなら佐川急便がゲスの極みのボーカリスト、ただでさえモテるであろうロックミュージシャン、不倫の一つしていも、そんなにダメージを食わないのです。
しかし、ベッキーはヤマト運輸、いい子ちゃんイメージで売っていただけに不倫のダメージは大きかった、加えて発覚以降の対応も悪かった、クレームを食らったコールセンターがマズイ対応をしたのと同じといえるでしょう。

 

イメージが悪いというのは、必ずしも悪い事ではない

169307285
つまり……

・普段からイメージを悪くしておくこと。
・なにか起こった時の対応は完璧にすること。

これらの事象から、我々オヤジが学ぶべき教訓は以上の2つとなります。
佐川急便の様に「荷物の扱いが悪い」といったマイナスキャラクターを周知させておくこと。
日ごろから伝票処理が苦手とか、髪が薄いとか、足がくさいとか何でもいいでしょう。
そして何か支障が起こった場合は、人生で食らった数々のクレームから学習した方法で、切り抜けること。
表面上、平身低頭するなど得意中の得意ではありませんか?

 

重要なのは、佐川急便であること

そして、もっと重要な事は佐川急便のように日常に欠かせない存在になっておくこと。
でないとベッキーのように炎上するどころか、マギーのようにくすぶりもせずに、そのまま芸能界から姿を消さざるを得なくなってしまいます。
オヤジはオヤジなりの存在感で生き残る……まあ、炎上はごめんですけれどね。

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ