バーベキューの季節到来!美味しい焼き肉は〇〇を意識しろ!

  • 2018/07/17
  • ライフスタイル・娯楽
  • 89view
  • 松村 昴
タグ

バーベキューと言えば焼き肉!

バーベキューの季節がやってきました。仲間や家族とバーベキューを楽しむオヤジも多いのではないでしょうか。大勢で楽しむバーベキューは、日頃のストレス解消にもってこいです。

そんなバーベキューの楽しみと言えば、焼き肉ではないでしょうか。バーベキューでやる焼き肉は美味しく感じます。実は、バーベキューでの焼き肉は、火力を意識することで、より美味しくすることが可能です。そこで今回は、バーベキューで美味しい焼き肉を作るための火力を中心に紹介していきたいと思います。

バーベキューと言えば焼き肉!

 

美味しい焼肉は火力がポイント!

バーベキューでやる焼き肉を美味しくするポイントは火力にあります。上手に火力を操り、火加減を調整することができれば、バーベキューで美味しい焼き肉を作ることができるのです。そのためには、火力をコントロールすることが重要です。火力をコントロールすることができれば、火加減を調整することができます。炭の量などを調整し、上手に火力をコントロールすることを意識しましょう。

 

火力をコントロールはスリーゾーンで!

バーベキューで火力をコントロールする場合、「スリーゾーンファイア」を利用するのがおすすめです。スリーゾーンファイアとは、バーベキューコンロに置く炭の量を工夫し、火力の異なるゾーンを3つ用意することです。3つのゾーンで火力をコントロールすることによって、容易に火加減を調整することができます。

3つのゾーンは、基本的に「強火ゾーン」「中火ゾーン」「弱火ゾーン」に3つのゾーンに分けます。バーベキューコンロの片側1/3には、炭を多めにして強火ゾーンを作ります。真ん中には、ほどほどの炭に中火ゾーンを作るのです。そして、片側1/3にはほとんど炭を置かずに弱火ゾーンを作ります。スリーゾーンファイアは、バーベキューの基本であり、美味しい焼き肉のためにはおすすめの方法です。

火力をコントロールはスリーゾーンで!

 

火力と焼き肉について

スリーゾーンファイアで3つのゾーンに分けることで、火力のコントロールがしやすくなります。そして、肉を焼く時も3つのゾーンを使い分けることができるのです。まず、強火ゾーンを使用するときは、肉の表面を焼きたいときです。また、レアで食べたいときにも、強火ゾーンを使用して肉を焼きます。

中火ゾーンを利用するのは、カルビやバラなどを焼く時です。焼き肉をやるときには、メインのゾーンと言えます。そして、弱火ゾーンではじっくりと焼き上げたいときに使用するのです。大き目の肉で中まで焼き上げる場合、弱火ゾーンでゆっくりと焼き上げます。また、弱火ゾーンは焼き上がった肉を置いておく場所にもなります。そのため、弱火ゾーンはあれば便利なゾーンとなるのです。

 

火力以外のポイントは?

バーベキューでの焼き肉のポイントは、火力以外にもあります。ポイントとしては、焼き時間が挙げられます。お肉の厚さに応じた焼き時間で焼き上げることが重要です。バーベキューの焼き肉で最も多い失敗が、焼きすぎによる失敗となっています。

強火で焼きすぎてしまい、あまり美味しくない焼き肉となってしまうのです。そのため、強火ゾーン・中火ゾーン・弱火ゾーンを上手に活用し、お肉の厚さに応じた焼き時間で焼き上げることが、美味しい焼き肉のポイントとなっているのです。

火力以外のポイントは?

 

火力を意識して美味しい焼き肉を楽しもう!

バーベキューの楽しみのひとつが焼き肉です。みんなで焼き上げる焼き肉は、雰囲気も相まって美味しく感じます。さらに美味しくするポイントは、火力にあります。火力をコントロールすることによって、美味しい焼き肉にすることができるのです。そのためには、スリーゾーンファイアを利用するのがおすすめです。

バーベキューコンロの火力を3つのゾーンに分けることで、火力のコントロールがしやすくなります。バーベキューでの焼き肉は、焼きすぎて失敗する傾向があります。ですから、3つのゾーンで火力と焼き時間を意識し、美味しい焼き肉を楽しんでください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ