YAZIUP CLUB会員募集中

元プロ野球選手・島野修氏の生き様を考える

  • 2018/04/05
  • ライフスタイル・娯楽
  • 122view
  • アントニオ犬助
タグ

巨人が指名したのは、星野ではなく……

巨人が指名したのは、星野ではなく……
1月4日の突然の訃報から、しばらくたった3月28日。
中日、阪神、楽天で監督を努めた星野仙一氏の「お別れの会」が、おこなわれました。

阪神ファンの犬助にとって星野氏は、18年ぶりのリーグ優勝という夢を叶えてくれた人。監督に就任するとすぐに、FAしていた金本知憲・現監督を阪神に加入させるなど、数々のチーム改革をおこない、現在の阪神を築いた人。思い入れもありますから、訃報には、少なからずショックをおぼえたのです。

そんな星野氏の二つ名は「燃える男」。
闘志を前面に出して対戦相手に向かっていくスタイルに、ファンは心をつかまれたもの。特に打倒・巨人にかける思いは凄まじく、現役時代には「巨人キラー」と呼ばれ、その姿勢は監督になってからも変わりませんでした。

なぜ、そんなに巨人を目の敵にしたのか?
それは1968年のドラフトまでさかのぼります。巨人から内定を受けていた星野氏は指名されるものとばかり思い、ドラフト当日を迎えました。しかし、巨人が指名したのは星野氏ではなく、高卒右腕・島野修氏。
「星と島を書き間違えたのではないか?」
裏切られた!! そんな思いを胸に星野氏は中日に入団。以来、打倒巨人に情熱を燃やし続けることになるのです。

 

島野修氏とは、誰なのか?

島野修氏とは、誰なのか?
そんな経緯で巨人にドラフト1位で入団した島野修氏。
星野氏を差し置いて指名を受けるくらいですから、さぞかし活躍したであろうと思い調べてみたところ、実はそうではありません。

巨人に在籍したのはたった4年、1勝しかあげられずに、1976年に阪急ブレーブスへと移籍。その後は一軍で登板することなく、1978年に現役を引退しています。
その後、打撃投手を務めたり、スナックを開業したり……まあ、よくあるプロ野球選手としての「余生」を過ごしていた島野氏なのですが、転機が訪れたのが1981年。

阪急の球団マスコット「ブレービー」の着ぐるみの中の人にならないか? という話が舞い込んだのです。

この話を聞いた島野氏の心情はどんなものだったでしょうか?
腐ってもドラ1、それも巨人のドラ1です。それが野球と関わりのある仕事とはいえ、着ぐるみの中の人。プライドが許さなかったであろうことは、想像できるのです。
当然、正式に話を断るべく球団事務所に足を運んだのですが、その場で説得を受けて承諾。ブレービーとして生きる決心を固めました。

 

スーツアクターとして、1175試合・フル試合出場!!

着ぐるみの中の人。
犬助もその昔、体験したことがあるのですが、あれは見た目以上にハードです。
まず、着ぐるみらしい体型にするために肉じゅばんを着る、これが実に暑い。そして巨大な頭をかぶる、重いわ、視野は狭いわ、空気はまともに吸えないわ。
普通に歩くだけでも滝のように汗をかき体力を消耗しますし、中は非常に汗臭い。
二度とやりたいとは思わない仕事の一つが、着ぐるみです。

それを島野氏は1981年から1998年で引退するまで18年間、球団の運営会社がオリックスとなり、キャラクターも「ネッピー」に代わることがあっても中に入り続け、1175試合に渡って1試合も欠場することなく演じきったというのです。

当初は元・ドラ1がスーツアクターを務めているとのことで心ないヤジが飛んだとか、新聞などでもネガテイブな報道をされたとかで、辞めてしまうことも考えた島野氏。
しかし球場に足を運ぶ子どもたちが喜んでいる姿を見たい一心で、時には肋骨を骨折しながらも演じ続けたといいます。

阪神・トラッキー、中日・ドアラ、ヤクルト・つば九郎……現在、球団のキャラクターは大勢おり、試合を盛り上げるために欠かせない存在となっていますが、その礎には島野氏演じるブレービー、そしてネッピーがいるといっても過言ではないでしょう。

 

星野氏のような輝ける人生ではないにしても

星野氏のような輝ける人生ではないにしてもそんな島野氏が亡くなったのは2010年の5月。
星野氏のように、大きく報道されることはありませんでしたし、プロ野球ファンを自認する犬助も全く知らないでいたのです。しかし今回、星野氏を調べていた副産物として、島野氏の人生を知ることができ、少なからず感動を覚えました。

裏方として活躍する、元・プロ野球選手。
でも考えてみれば、そんな存在は島野氏だけではありません。
打撃投手やブルペン捕手、球団の広報やスカウトとして、数々の元・プロが活躍をしているもの。そして、彼らがいるから現在のプロ野球が成り立っているのです。彼らのほとんどが夢破れて、第二の人生を裏方として送ることを決心した人たち、その世界で努力を続けている人たちなのです。

星野氏のように輝かしい実績を積み上げてきた人生は、いうまでもなく素晴らしいものです。しかし島野氏だけでなく、裏方としてプロ野球を支え続ける人々の何と素晴らしいことか。これを読んでいるオヤジたちの中にも、後者の方に共感をおぼえる人も多いのではないでしょうか?

いよいよプロ野球も開幕!! 決戦の火蓋が切られました。裏方さんたちの存在に思いを馳せつつ、日々のドラマを楽しみにしたいものです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ