YAZIUP CLUB会員募集中

飲み会が続くこの時期、妻を怒らせないためにすべきこと!

  • 2018/01/16
  • ライフスタイル・娯楽
  • 153view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 結婚/育児
  • コミュニケーション
  • ビジネスマン
  • 夫婦
  • 結婚
  • 飲み会

「仕事だから」では納得させられない!

飲み会も仕事のうちとは言え、妻の顔色が気になってしまうものです。
「はぁ…また飲み会?」「仕事なんだから、仕方ないじゃないか!」と、飲み会のたびにケンカを繰り返しているオヤジは、『仕事だから』というわかりきった理由を盾にせず、『妻が怒っている原因』に目を向けてみてください。

 

原因①不公平感

原因①不公平感

夫と妻とでは、飲み会へのハードルがあまりにも違います。
特に、小さな子どもがいる家庭の場合、妻が飲み会を開くとなれば『子ども同伴』もしくは、夫や親に子どもの面倒を『お願い』しなくてはなりません。
対して、夫は連絡さえしておけば、家のことも子どものことも気にせず飲み会に参加できるので、
「連絡1つでいつでも飲みに行ける夫がうらやましい」
「私はいくつもの条件をクリアしないと飲みに行けないのに…」
と、妻は何とも言えない不公平感をどんどん募らせていきます。
あなたは飲み会に参加する際、妻や家の状況を考えず、連絡1つで済ませていませんか。

 

原因②がんばって夕食の準備をしたのに…

時間に余裕をもって、夕食の準備に集中できる主婦ばかりでは

時間に余裕をもって、夕食の準備に集中できる主婦ばかりではありません。
仕事や育児に追われながら、ようやく夕食を作り終えて一息ついている時に、夫から「飲み会だから飯はいらない」と連絡が来たらどんな気持ちになるでしょう。
あなたは妻に同じことをされて、笑って許すことができますか。
食事の準備にどれほどの労力を費やしているのかを考えられない、無神経な夫にはなりたくないものです。

 

原因③飲み会にお金がかかる

原因③飲み会にお金がかかる

会社の経費ではなく、自腹で飲みに行く場合、どんなに安いお店でも3,000円以上はかかります。
安いお店にしか行かないとしても、積もり積もれば大きな出費に…。
おこづかいの範囲でやりくりしているとしても、妻とのデートには投資しない・妻はおこづかいもなく節約しているという状態なら、「はぁ…また飲み会?」と愚痴の1つや2つこぼしたくなるものです。

 

原因④浮気を疑っている

原因④浮気を疑っている
飲み会と言って、浮気相手とデートをしている…とまではいかなくても、飲み会に若い女の子が参加するケースや、飲み会の延長でキャバクラや風俗で遊んで帰ってくる夫に嫌気がさしていることも考えられます。
過去に浮気がバレたことがあれば、飲み会のたびに疑われても仕方ありませんし、キャバクラや風俗遊びも度が過ぎると浮気の1つとしてカウントされても文句は言えません。

 

怒りを買わないようにするためには?

怒りを買わないようにするためには?

・普段の会話に友人や同僚の名前を出しておく
普段の会話の中で夫の人間関係を把握しておけば、いざ飲み会となった時に「●●さんとなら安心」と、妻の理解を得やすくなります。

・前もってカレンダーに予定を書き込む
夕方になって「これから飲み会だから」と言われるよりも、前もって「この日は飲み会があるから」と飲み会の予定を明らかにしていたほうが、妻のほうでも予定を立てやすく、怒りを買いにくいです。

・早めに連絡する
万が一、当日に飲み会が決まった場合、少しでも早く妻に連絡を入れることです。
夕食を作り終えてからでは遅いので、1分1秒でも早く連絡をして、妻の怒りを最小限に抑えましょう。
帰宅後のフォローもお忘れなく。

・早めに帰る
終電を逃してタクシーで帰ることになれば、お金がかかるばかりか、睡眠不足や二日酔いで夫自身の機嫌も最悪に…。
電車のある時間に切り上げて、気持ちいい朝を迎えましょう。

・家族と外食する日を設ける
飲み会ばかりにお金を使わず、家族への投資も忘れてはいけません。
たまには家族みんなで外食を楽しんで、家族に対する感謝の気持ちを態度や行動で示しましょう。

「仕事だから仕方ないだろ」「お前も飲みに行けばいいじゃないか」と言うのは簡単ですが、怒りの原因に目を向けないと心はすれ違ったままです。
後ろめたさを感じずに飲み会を楽しむためにも、妻の立場に立ってフォローすることが大切ではないでしょうか。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ