ロト6チャレンジ 数字が出ていないという傾向には従えの法則

  • 2017/10/13
  • ライフスタイル・娯楽
  • 588view
  • のりき 夢丸
タグ

連続数字が戻ってきてくれた

連続数字が戻ってきてくれた
前回の予告通り、先週2回の抽せんともに連続数が選ばれ、これで通常のロト6らしい出方に戻ったといえる。
それにともなって出現域が急にまとまりだし、ごく狭い範囲での決着となった。2回とも「10台前半」「30台後半以降」だけに数字が集中し、あとの領域には大きな大きな空白「天の川」がまたもや出現している。
ロトの基本原則に従えば、次回くらいはこの「出る出ない」傾向に従った方がいいと思われる。

 

基本中の基本に忠実に従うべし

基本中の基本に忠実に従うべし
ロト6を買っている人ならよくご存じと思うが、だれもがまず最初に実感する買いの第1法則がある。それが

▼出ていない数字には手をふれるな

である。

これには2つの意味がある。
ひとつは文字通り「連続してずっと出ていない数字を買わない」こと、もうひとつは「数字と数字の間に大きな空白地帯ができたらそこも軽視する」という意味だ。

前者は出目表でいうところの「縦の位置関係」であり、後者は「横の位置関係」ともいえる。
縦関係に関して、「次に出る時期」を知りたくて自分が採用したのが「素数間隔」であり、横関係(天の川)については今も「そのまま従う」をモットーにしている。

以前にもお話ししたが、人間には「バランス感覚を保とう」という無の意識?があるので、どうしても「空き」や「間隔」を脳で調整しようとしがちだ。そこをグッと抑えて「フフフ」とほくそ笑むようになれれば、すぐに5等くらいは当たるはずです、ハイ。

ちなみに、天の川が消えるときは、きれいに均等割で数字が散らばって私たちに別れを告げてくれる。なんともロマンチックですな。

 

天の川だけを生かしながら今週の買い目を探る

天の川だけを生かしながら今週の買い目を探る

▼第1218回予想
前回出目より
(14、36)(16、34)
前回買い目より
(12、30)(28、29)
素数および大間隔より
(09、31)(10、43)

よって買い目は
09、12、14、30、31、36
10、16、28、29、34、43
となる。

▼第1219回予想
前回不的中より
(13、24)(08、26)
前回買い目より
(10、30)(09、28)
素数および大間隔より
(01、25)(27、41)

よって買い目は
01、10、13、24、25、30
08、09、26、27、28、41
となる。

2回とも、天の川が少し小さい数字側に移動するとみた上での、狭いレンジでの抽出となっている。
どちらかといえば1219回の方が自信あり、かな。
1218回は1219回のための準備段階、といえる選択かも知れない。

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ