YAZIUP CLUB会員募集中

遺産相続!今から覚えろ!?トラブルを避ける方法

  • 2019/04/18
  • ライフスタイル・娯楽
  • 29view
  • 松村 昴
タグ

遺産相続を意識するオヤジ世代

遺産相続を意識するオヤジ世代
遺産相続ではトラブルが起きやすいです。しかし、オヤジ世代としては両親が高齢者になっており、遺産相続を避けるわけにはいきません。そのため、オヤジ世代の中には遺産相続について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

遺産相続は、様々な理由でトラブルに発展しやすいです。そこで知っておきたいのが、遺産相続で揉めないための方法です。今回は、遺産相続でトラブルを避けるための方法について紹介していきます。

 

遺産相続はトラブルになりやすい!

両親が高齢となり、遺産相続を意識し始めても「大丈夫だろう」と思っている方が多いかもしれません。しかし、実は遺産相続はトラブルに発展しやすいです。これまで良好な関係だったのに、遺産相続によって争いが起こるというケースはよくあります。

最悪の場合には、一生絶縁状態になってしまうこともあるのです。遺産相続で揉めてしまえば、故人も報われません。そのため、相続トラブルを避ける方法を理解しておくのがおすすめです。

 

遺産相続でトラブルを避ける方法

<相続内容を明瞭にする>
遺産相続のトラブルを避ける方法は、相続内容を明瞭にしておくことがおすすめです。遺産内容が不透明の場合、どうしても相続人の中には不信感を抱いてしまう方がいます。「遺産の使い込み」「隠し財産の存在」などを疑う可能性があり、それがきっかけでトラブルに発展することがあるのです。

できれば、被相続人が生前に遺産目録を作成しておくのがベストです。遺産目録を作成しておくことにより、相続内容を明確化することができます。その結果、相続人同士で不信感を抱いてトラブルに発展することを避けることができるのです。

遺産相続で悩まないためには、生前に遺産目録を作成するように被相続人を説得しておきましょう。それだけでも、トラベルに発展するリスクを抑えることができます。

<遺言書を作成しておく>
遺産目録に加えて遺言書を作成しておくことも、相続トラブルを避ける方法になります。ただし、遺言書を作成しておくことで、逆にトラブルになるケースがあります。本物の遺言書なのに、「偽物の遺言書ではないか?」と主張する相続人が現れる可能性があるのです。

そのため、公正証書遺言を作成しておいてもらうのがおすすめです。公正証書遺言なら、偽造や変造の心配がない正式な遺言書を作成することができます。被相続人に公正証書遺言のメリットを説明し、事前に作成しておいてもらうことで相続トラブルによって悩むことを防ぐことができるのです。

<相続人同士が相手を尊重する>
遺産相続のトラブルになる一番の原因は、相続人同士の不信感によるものです。相手を信頼できず、遺産相続の内容が不満になってトラブルへと発展していってしまいます。そのため、相手を尊重し、信頼することが重要です。

どうしても上手くいかない場合、第三者を頼るのも1つの手段です。弁護士の中には、遺産相続について取り扱っている弁護士がたくさんいます。そのような弁護士に依頼することで、折り合いをつけることができるはずです。どうしても相続人同士が信頼できないなら、弁護士など第三者に依頼してみましょう。

 

遺産相続で悩まないための対策をしよう!

遺産相続は悩みの種になってしまうことがよくあります。それだけトラブルに発展しやすいのです。遺産相続で悩まないためには、事前に対策をしておくのがおすすめです。被相続人に遺産目録や遺言書を作成しておいてもらうことで、トラブルを回避しやすくなります。

また、相続人同士が相手を信頼して尊重することも大事です。上手くいかない場合、弁護士など第三者を利用する手もあります。両親が高齢になっているオヤジ世代は、遺産相続のトラブルに巻き込まれやすいです。相続トラブルを避けるために、対策をしておきましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ