YAZIUP CLUB会員募集中

レッド・ツェッペリンやディープ・パープルと並んで評価された、あのバンドのこと

  • 2019/01/27
  • ライフスタイル・娯楽
  • 79view
  • YAZIUP運営
タグ

ヘヴィ・メタルにも通用する様式美をいち早く確立

ヘヴィ・メタルにも通用する様式美をいち早く確立
ハードロックの草分け的な存在といえば、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルが有名ですが、忘れちゃいけないのが「Uriah Heep(ユーライア・ヒープ)」!
失礼を承知で言うと、ユーライア・ヒープにはレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアのようなスーパーヒーローがいないということで、日本での知名度や評価は今一つ…という感じが否めません。
ですが、コーラスを重視した独自のサウンドは唯一無二であり、後にブームが訪れるヘヴィ・メタルにも通用する様式美をいち早く確立させたという功績があります。

 

1969年から現在に至るまでバリバリ活動中!

ユーライア・ヒープは、1969年に活動を開始し、現在も精力的にライブやアルバムのリリースを行っています。

前進バンドは、ギター兼リーダーのミックス・ボックスと、初代ボーカルのデヴィッド・バイロンが結成した「スパイス」。
ユーライア・ヒープに改名した後は、イギリスのレコード・レーベルであるヴァーティゴからファーストアルバム「…ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル」にてデビューしました。
余談ですが、ヴァーティゴにはかつてブラック・サバスも所属していたようです。

デビュー直後、頻繁にメンバーチェンジが行われていましたが、1986年ごろからはほとんど入れ替わりなく、現在(2018年時点)のラインナップは

・ミック・ボックス
・バーニー・ショウ(6代目ボーカル)
・フィル・ランゾン(4代目キーボディスト)
・デイヴィー・リマー(7代目ベーシスト)
・ラッセル・ギルブルック(6代目ドラマー)

となっています。
オリジナルメンバーはミック・ノックスのみですが、世界中にはまだまだたくさんのファンが!
ロックにハマって、ユーライア・ヒープにたどり着いたご新規さんもいるでしょうね。

日本にもたびたび訪れていて、近年では2016年にZeepなんばと川崎クラブチッタで公演が行われ、2019年3月19日と20日にはビルボードライブ東京・大阪での公演が予定されています。

 

代表作「対自核」

1971年にブロンズ・レコードからリリースした3枚目のアルバム「対自核(Look At Yourself)」が大ヒットを記録。
本国イギリスでは最高39位、日本では最高5位という商業的な成功をおさめます。

アルバムのタイトルにもなった対自核は、ハードロックの原点と言っても過言ではありません。
耳に残るキャッチーなメロディーと、爽快感、そして様式美が、当時の日本人の好みにもぴったりハマったのでしょう。
これをディープ・パープルのハイウェイ・スターよりも先にリリースしたというのも、今となっては衝撃的です。

 

プログレ要素の強い初期

人気が爆発していた初期は、現在こそハードロックの代表格として評価される一方で、プログレッシブ・ロックの要素が色濃く出ていました。
耳に残るフレーズがありながらも、どこか難解で芸術性あふれる展開。
オルガンもどことなくプログレの要素があって、そんなところが古き良き時代を感じさせてくれます。
そして、絶妙なのがコーラス!
コーラスのタイミングが、これまた憎いんです。
「激しいだけのロックは苦手」という人も、ユーライア・ヒープならば心地よく聴けるかもしれません。

 

ユーライア・ヒープのオススメアルバム

時代とともに数々の名盤を生み出してきたユーライア・ヒープ。
筆者的には大きなハズレはないと感じていますが、オススメするならやはり初期かなぁと思います。

興味深いのが、ヒットしている曲が国ごとに違っているという点。
2枚目のアルバム「SALISBURY」に収録の「黒衣の娘」はドイツでヒット。
3枚目のアルバム「対自核」は先述の通り、日本でもヒット。
4枚目のアルバム「悪魔と魔法使い」は、ユーライア・ヒープ初の全米トップ40アルバム(最高23位)となり、シングルカットされた「安息の日々」も全米トップ40(最高39位)を記録しました。
いずれも名曲・名盤なので、一聴の価値ありです!

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ