YAZIUP CLUB会員募集中

メルセデスベンツが新型Gクラスを発表!

  • 2018/06/06
  • ライフスタイル・娯楽
  • 64view
  • くり ろな
タグ
  • 自動車
  • ベンツ
  • ライフスタイル
  • 自動車
  • 趣味

メルセデス・ベンツ日本株式会社は、メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日6月6日(水)より注文受付を開始。なお、納車は8月下旬以降を予定とのこと。

メルセデス・ベンツGクラスは、1979年、最高級クロスカントリービークルとして誕生して以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続けてきた。今回、Gクラスの長い歴史の中で最も大幅に改良されています。Gクラスの伝統をメルセデスの最新技術でアップデートすることで、オンロードおよびオフロードにおいて最適なパフォーマンスを発揮する究極のオフローダーとして進化。

 

新型の変更ポイント

・1979年の誕生から継承された伝統を最新技術でアップデートした究極のオフローダー

・さらに向上したオン&オフロードの走行性能

・Gクラスの伝統的なスクエアデザインを最新デザインでアップデート

・機能性と居住性を大幅に向上したラグジュアリーなインテリア

 

メルセデスベンツGクラス

 

新型Gクラスのテクノロジー

新設計ラダーフレーム

新型Gクラスには、Gクラスの誕生から継承されているオフロード走行に適したラダーフレームを新設計しました。新設計ラダーフレームは、最大3.4mm厚のスチール鋼板を「ロ」の字型にした鋼材から制作し、MAG溶接技術で組み立てることで、悪路走行時に求められる強度、剛性、安全性を高めています。

新開発の専用サスペンション

新型Gクラスのサスペンションは、Gクラス開発チームとメルセデスAMG社が協業し、フロントのダブルウィッシュボーン独立懸架サスペンションと、リアのリジッドアクスルを組み合わせて開発しました。

フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションのコンポーネントはいずれも、サブフレームなしでラダーフレームに直接取り付けられています。フレーム上のロアウィッシュボーン取り付け点は、走破性向上のため高い位置に設定されています。さらに、Gクラスは、フロントのディファレンシャルギアに対して270mmの地上高を確保し、オフロード性能の向上に貢献しています。*社内参考値

以下が主な新型Gクラスの性能です。

  •  登坂能力:適切な路面で最大100%
  •  前後アクスル間最低地上高:24.1cm(従来比+6mm)
  •  最大渡河水深:水中・泥中走行時70cm(従来比+10cm以上)
  •  安定傾斜角度:35°(従来比+7°)
  •  デパーチャーアングル:30°(従来比+1°)
  •  アプローチアングル:31°(従来比+1°)
  •  ランプブレークオーバーアングル:26°(従来比+1°) *社内参考値

 

独立懸架サスペンションの採用により、ボディフロントエンドの剛性を高めることが可能となりました。サスペンションブリッジと呼ばれるストラットタワーブレースによりフロントストラットタワーを接続することで、ラダーフレームのねじり剛性を高めています。

リアサスペンションは、トレーリングアーム左右各4本とパナールロッド1本を備えた新型リジッドアクスルを採用しています。これにより、オンロード走行の快適性がさらに向上していいます。さらに、オフロードでの走破性能の向上に寄与しています。

ドライブモード

新型Gクラスは、ダイナミックセレクトによって路面や走行状況に応じて瞬時に5つのドライブモードを切り替えることが可能です。エンジンやトランスミッション、サスペンション、ステアリング、運転支援システムの特性によって、「コンフォート」、「スポーツ」、「エコ」、「インディビジュアル」の4モードに加えて、今回追加された「Gモード」が選択可能となります。

「Gモード」は、3つのディファレンシャルロックのいずれかを作動させる、または通常より2倍以上の駆動力を発揮するオフロード用低速ギアのLOW RANGEを選択した場合に有効になります。このオフロードモードは、シャーシの調整式ダンパーとステアリング、アクセル特性を変更し、不要なギアシフトを回避することにより、最適なコントロールと最大限の悪路走破性を確保します。作動時には小さな「G」のアイコンがインストゥルメントクラスターに点灯します。

170kg軽量化したボディ

今回の改良では、高張力/超高張力スチールおよびアルミニウムによる新しい材料構成と、ボディパーツ毎に最適な素材を採用して約170kgの軽量化を達成しました。例えば、AピラーおよびBピラーなどのボディシェルは耐荷機能を持つことを考慮して高張力スチール製とし、フェンダー、ボンネット、ドアはアルミニウム製となっています。

今回の改良により、フレーム、ボディシェル、ボディマウントのねじり剛性は、先代で6,537Nm/degだったものを1万162Nm/degと、約55%向上しています。そのため、先代と比較して、自然なドライビングダイナミクスや快適性の改善に加えて、ノイズレベルなどの面で品質が向上し、それによって走行中に室内で感じられるノイズや振動が顕著に減少するという大きな効果が得られました。数値は社内参考値

新型9G-TRONICトランスミッション

トルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギアハウジングをマグネシウム製とした9-GTRONICトランスミッションは、前進ギアが2速分増えたにもかかわらず、従来の7G-TRONICと比較して1kgの軽量化されています。さらに、増えたギアにより同じ速度でも高いギアを使ってエンジン回転数を低くすることが可能となり、消費燃料の低減に貢献しています。

また、3つの回転速度センサーを用いて速度条件に応じて最も高いギアを最適に選択し、前進9段のギアを素早く切り替えることによってエンジン回転数を低く抑え、ノイズと振動を低減し快適性を向上しています。作動油には高効率で低粘度のフルードを使用することで、燃費を改善し、耐久性も向上しています。

新型ステアリング

今回の改良により、ステアリングは、従来のボール&ナット形式から電動機械式ラック&ピニオン式のステアリングへ変更し、ドライビングフィーリングを大幅に改良しました。選択したドライブモードに応じて、「コンフォート」、「スポーツ」、「オフロード」の3セットのステアリング特性を切り替えることが可能となり、オンロードでは快適またはスポーティな操舵感が確保される一方、未舗装の不整路では直接的で正確なフィードバックが得られます。さらに、いずれの場合も十分なパワーアシストが付加されます。

また、電動機械式に切り替えることで、パーキングアシストやアクティブレーンキーピングアシストなどの運転支援システムを搭載することが可能となりました。

4.0 V8気筒直噴ツインターボエンジン

新型Gクラスには、4.0リッターV8気筒直噴ツインターボエンジンをベースに開発されたM176型エンジンを搭載しています。最高出力422PS/310kW、最大トルク610Nmを発揮します。今回の改良により、気筒休止システムを採用しており、エンジン負荷に応じて気筒を休止して燃費効率を向上しています。

800_p2-3-2

メルセデスAMG G 63

「メルセデスAMG G 63」は、オフローダーとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデルです。

メルセデスAMG社が完全自社開発した、最高出力585PS(430kW)(従来型比+14PS/+10kW)、最大トルク850Nm(先代比+90Nm)を発揮するAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載されます。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現しました。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減しています。

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとしました。エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現します。

また、メルセデスAMG G 63専用装備として、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用しています。

なお、お客様の多様なご要望にお応えするため、従来型のGクラスも継続して販売いたします。

 

◆スペック

G 550

左 4.0L V8直噴ツインターボ 15,620,000(¥14,462,963)

メルセデスAMG G 63

左/右 4.0L V8直噴ツインターボ20,350,000(¥18,842,593)

800_p6-7

この記事につけられたタグ

  • 自動車
  • ベンツ
  • ライフスタイル
  • 自動車
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

くり ろな
くり ろな
サッカーで飯を食べようと夢見るが大怪我をすることもなく頓挫。 家族からデブと言われ、かっこいいオヤジになるための努力?と記事を執筆中。 目標はクリスチャーノ・ロナウドみたいなスーパーボディ!
up くり ろな
くり ろな

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ