YAZIUP CLUB会員募集中

2017年度新車販売首位「N-BOX」の派生種、N-BOXスラッシュとN-BOX+を紹介

  • 2018/06/03
  • ライフスタイル・娯楽
  • 60view
  • Rc.オガ
タグ
  • 自動車
  • メーカー
  • 人気
  • 暮らし
  • 自動車
  • 運転

軽ハイトワゴンで販売台数ナンバーワンのN-BOX
軽ハイトワゴンで販売台数ナンバーワンのN-BOXには、派生種のN-BOXスラッシュとN-BOX+があります。それぞれN-BOXにはない魅力がプラスされて新たな購買層を獲得しているモデルです。

新たな購買層を獲得しているモデル

 

N-BOXスラッシュ

軽ハイトワゴンの高いルーフをチョップ(切り取り)して、生まれたのがN-BOX/(スラッシュ)。

実用性のとても高い軽ハイトワゴンですが、そのままでは家族持ちのような所帯じみた感じは若者には受け入れがたいかもしれません。実用的であってもオシャレでカッコよくが若者の心情ではないでしょうか。

実用的であってもオシャレでカッコいい若者向け軽ハイトワゴンならN-BOX/がお勧めです。ボディスタイルは、N-BOXのルーフをバッサリ切り落としたクーペスタイルは実に粋ではないでしょうか。全高は、N-BOXに比べて110mmも低くなりました。

元々は、女性デザイナーが何気なく書いたチョップドルーフのN-BOXが評判となり開発販売に至ったのです。

N-BOXは、2017年にモデルチェンジしましたがこちらは初代N-BOXべーすのままで継続販売されています。新型N-BOXベースのスラッシュが登場するのかは?なのがちょっと残念なところでしょう。

単色ボディでもなかなかのボディスタイルですが、ルーフの色が異なるツートンカラーはさらにポップでオシャレな趣に。まさにアメリカカンな軽自動車ではないでしょうか。
単色で8色、ツートンカラーは、ルーフがブラック・レッド・ホワイト・で14もの組合せから選べます。

内装色は、5色から選べるのも他のモデルにはないものです。やはり、若者向けモデルならではのホンダの粋な計らいでしょうね。

さらに、ホイールキャップも5つの中から選べるもう徹底的にあなた好みに仕上げられるオシャレ仕様には脱帽してしまいます。

音楽好きな方に、選んでいただきたいOPが、高性能スピーカーが奢られたサウンドマッピングシステムは、超お勧めです。もう、これだけのためにN-BOXスラッシュを選んでもイイかもしれません。なお、再考グレードのXとXターボには標準で装備されています。ツイタ―が4個とメインスピーカーが4個さらに重低音を強調するスーパーウーファーがセンターコンソールに1個しかも社外品のFOSTEX社製!メーカー純正オーディオなので抜群のバランスなのはもちろん通常ならば座席の下やカーゴルームにしか置けないスーパーウーファーがセンターコンソールにあるため圧倒的な迫力で音楽を楽しむことが可能に。

価格的には、12万円ほど高くなりますが自分で12万円でサウンドマッピングシステム以上の音を実現するのはかなり難しいのですはないでしょうか、、。

搭載エンジンやとミッション、駆動方式はN-BOXに準じています。

N-BOXスラッシュの価格は、約132万円(G FF)~約184万円(Xターボパッケージ 4WD)。

 

N-BOX+

N-BOX+のプラスって何?と思われている方は多いでしょう。ズバリ、N-BOXにプラスされている部分があることは間違いありません。プラスされている部分は、ズバリ荷室部分です。荷室の床面が開口部に向かって緩やかに傾斜して路面と床の高さは33cmです。N-BOXで、48cmなので15cmも低くなりました。加えて、オプションのアルミスロープを用意すればバイクや自転車の積み下ろしも実に楽ちんスムーズに行えます。

荷室の床を平らにするにはマルチボードを使用すればOK。マルチボードを使えば下側を入れ物に出来て、上段がフラットになることから車中泊も可能になりました。ただ、平らな荷室の床が欲しければN-BOXのほうが荷室の高さが低いことになるので注意が必要ですね。

さらに後席のおもてなしは、N-BOXに軍配が上がるので、荷室に何を積むのか使い方を良く考えて購入するのをお勧めします。

ノーマルタイプと高級志向のカスタムの2本立てのボディデザインです。

N-BOX+の価格は、約134万円(G FF)~約192万9400円。

こちらも、ベースとなっているのは先代N-BOXなので、新型N-BOXにあわせてニューモデルが登場するのかは?今のところ残念ながら分かりません。

購入される方は、じっくり考える必要がありますね。

N-BOX+

この記事につけられたタグ

  • 自動車
  • メーカー
  • 人気
  • 暮らし
  • 自動車
  • 運転

関連する記事

この記事の作者

Rc.オガ
Rc.オガ
オギャと生まれたときからミニカーを握りしめていたくらいの車好き。旧車から新車、軽自動車からVIPカーそしてダンプカーやバスまでと守備範囲はとても広いです。WRCやF-1・インディ―カ―そしてエア・レースとレース観戦が大好き。長年に渡って培ってきた、車のウンチクを後世に伝承させるためWEBライターとして、車の楽しさを日夜伝道しています。
up Rc.オガ
Rc.オガ

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ