Webライターに課せられるライティングテストについて

  • 2017/02/07
  • ビジネス
  • 597view
  • YAZIUP運営
タグ
  • キャリア
  • チャレンジ
  • ビジネス
  • 仕事
  • 会社
  • 副業
  • 成功術

ライティングテストとは?

301890800

副業としても人気のWebライター。
そんなWebライターの求人では、応募者に対して実績の提出を求めてくることも多々あります。
ただ、これまでWebライターの経験がない人にとってはそんなものはありませんよね。
そのように提出出来るような実績がない場合は、ライティングテストを受けるということになります。
ライティングテストの流れはクライアントが課題を出し、その課題に沿った内容を執筆し提出をすることで合否の判定が為されるという形になります。
クライアントによっては、合格となった場合はテスト分の報酬を支払ってくれることもあります。
ただ不合格となった場合は、多くの場合は無報酬となります。

 

ライティングテストの注意点

532548394

どうすれば合格率が上がるのか。
そのための、ライティングテストの注意点についてお話をしたいと思います。
まずは期日を守り、かつなるべく早く提出すること。
多くのクライアントは、採用にあたり執筆スピードもチェックをしています。
当然早ければ早いほど評価は高く、反対に期日を過ぎてしまうようであれば合格をするのは難しくなります。
都合もあるでしょうが、なるべく早く執筆を始めるようにしましょう。
次に、ルールに沿った記事を書くということ。
文章は上手いに越したことはありませんが、しかしそれよりもルールを守っているかどうかをそれ以上に重視されていることもあります。

・文字数をクリアしているかどうか。

・課題に沿った内容が書かれているかどうか。

・指定したキーワードが使用されているかどうか。

・納品形式(メモ張、エクセル、ワードなど)は指定したものであるかどうか。

・他サイトからのコピーが行われていないかどうか。

こうしたルールを守り、かつ迅速に仕上げるようにすれば合格率はアップします。

 

落ちても次に切り替えよう

ライティングテストに落ちてしまった・・・もしかして俺って向いていない?
不合格となることで、そのように落ち込む人もいると思います。
ただライティングテストはライターとクライアントとの相性もありますし、1度落ちたからといってWebライターになれないというわけではありません。
高単価の案件には受かったのに低単価の案件には落ちてしまったということも、この世界では珍しくはないのです。
10度も20度も連続して落ちてしまったという時にはどこか根本的に見直した方が良いのかもしれませんが、クライアントが提示したルールを守っている限りはまずそこまで落ち続けることはないでしょう。
諦めずに応募を続けていれば、きっといつか仕事を見つけることが出来ます。

 

まとめ

485133727

テストと聞くと思わず身構えてしまう人もいるでしょうが、大体のテストは1時間以内には終わる内容となっています。
普通のアルバイトはわざわざ現地まで面接に行かないといけないわけですから、それと比べても大した手間にはなりません。
在宅ワークを探している人は、まずは試しに応募をしてみてはいかがでしょうか。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ