YAZIUP CLUB会員募集中

プロテインバー食べ比べ!本当に美味しいのはコレだ!

  • 2018/01/14
  • ボディメイク
  • 166view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • お菓子
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造
  • 食べ物

タンパク質はスナックで摂る時代?

タンパク質はスナックで摂る時代

筋肉の発達に最も重要な栄養素、タンパク質。一昔前までのタンパク質源といえば鳥の胸肉やササミ。そしてまっずーいプロテインのみでした。プロテインは確かに水に溶かして飲むだけの手軽なサプリメントですが、昔はバリウムを更にまずくしたような極めてマニアックな飲み物だったのです。

それが今では味は市販のジュースやコーヒー飲料と変わらないレベルにまで進化し、それだけではなくプロテインバーやプロテインクッキーといったタンパク質をたくさん配合したスナック(お菓子)まで安価に売られているのです。

まさに隔世の感があるわけですが、今回はそんなプロテインスナックの中でも特にオススメな物を皆さんにご紹介していきましょう。

タンパク質を食事やプロテインドリンクから摂るのはもちろん素晴らしい事なのですが、たまには間食用のお菓子や軽食として摂取するのも悪くありません。筆者もほとんど毎日、セール時に大量買いしたプロテインバーを食べていますよ。

 

やっぱり味で選ぶならコレ!シンサ6

やっぱり味で選ぶならコレ!シンサ6

現在、多くのトレーニーから「最も美味いプロテインバー」として高い支持を得ているのがBSN社のシンサ6プロテインバーです。プロテインバーは成分の関係上ハイチューを固くしたような食感の物が多いのですが、このシンサ6プロテインバーはサックサクの食感となっているのです。

味もチョコレート味や塩タフィープレッツェル味、ピーナッツバタークランチ味と豊富でどれも優劣つけがたい美味しさを誇っています。

それまでプロテインバーは敬遠していたという人も、このシンサ6だけは美味く食べられるというケースも多いのです。

美味すぎてつい食べすぎてしまいがちになる程ですが、まだ試した事がないという人には是非食べて頂きたいプロテインバーですね。ちなみにチョコレート味を例にとると一本あたりのカロリーは230kcal。タンパク質含有量は20gとなっています。

 

脅威のタンパク質含有量!プロテインクッキー

脅威のタンパク質含有量!プロテインクッキー

イギリス発の巨大サプリメントメーカー「マイプロテイン」からは数十種類ものプロテインスナックが発売されています。そして、その中でも特にタンパク質含有量が高いのが「プロテインクッキー」です。

マイプロテインのプロテインクッキーには1枚あたり38gものタンパク質が含まれており、これは肉類に換算すると約200g分にも相当します。1枚あたりのカロリーは320kcalですからそれ程高くはありませんね。

朝食としては1枚でも十分な量ですし、一日の最後、夕食後に「ちょっと今日はタンパク質量が少なかったかな」と感じた時に食べるのにも最適です。味もチョコやチョコオレンジ、オーツ&レーズン、ホワイトチョコ&アーモンド等々多数。飽きもこないですしセール時なら1枚あたり140円程で買うことができます。

 

既に定番!コンバットのクランチバー

既に定番!コンバットのクランチバー

もう一つ、海外産の人気プロテインバーを紹介するなら、マッスルファーム社の「コンバットクランチバー」がオススメですね。

その名の通り、バーにはクランチがまぶされて食感も素晴らしく、もちろん味だって普通のチョコ菓子と比べて遜色ありません。味はチョコレートココナッツ、クッキー&クリーム、バースデーケーキ味、シナモンツイスト、ホワイトチョコレートラズベリー、スモア、チョコレートケーキ味等多数。やはり絶対飽きることは無さそうです。

フレーバーによって若干栄養素の分量は異なりますが、一本あたりのカロリーはおよそ210kcal。タンパク質量は20gとなっています。

 

ちなみに国内産のプロテインバーは?

ちなみに国内産のプロテインバーは?

日本国内で製造・販売されているプロテインバーといえばやっぱりウイダー inバーでしょう。コンビニやスーパーでも簡単に手に入れることの利便性は他の海外製のプロテインバーにはない長所です。

ウイダー inバーは味も好評で普通のお菓子と比べても引けを取りません。さすがですよね。栄養成分的にはベイクドチョコ味はカロリーが164kcal。タンパク質含有量は10gとなっています。タンパク質に対するカロリーがちょっと高く、あまり機能的とは言えませんが購入しやすさを最優先させる人にはベストだと言えるでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • お菓子
  • 筋トレ
  • 筋肉
  • 肉体改造
  • 食べ物

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ