YAZIUP CLUB会員募集中

重いオヤジはダメ!モテるためには適度な軽さが必要

  • 2019/02/16
  • モテ
  • 137view
  • 松村 昴
タグ
  • テクニック
  • コミュニケーション
  • モテ
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック

重いオヤジはモテない!

重いオヤジはモテない!
オヤジになっても「モテたい」という気持ちはあるものです。しかし、モテるためには、重いオヤジになってはいけません。女性からすれば、重いオヤジは「キモイ」と思う可能性が高いです。一途な誠実さは長所ではありますが、モテるためには適度な軽さも必要です。

そこで知っておきたいのが、どんな軽さが必要なのかです。今回は、適度な軽さとはどんなものであり、どのように演出するべきなのか紹介していきます。

 

モテるためには適度な軽さが必要

モテるオヤジの多くは、適度な軽さを持っています。なぜなら、モテるためにはコミュニケーションが必要だからです。よっぽどのイケメンでない限り、コミュニケーションも取らず女性に好きになってもらうのは至難の業です。そこで、ポイントになってくるのが軽さとなっています。

軽いノリができるオヤジは、女性とのスキンシップが取りやすいです。気軽に話しかけたり、冗談を言い合えたりします。これらのコミュニケーションの間に、思わせぶりの発言などをすれば、自然と好意をアピールすることが可能です。このように、モテるためには軽いノリがとても役立ちます。

 

軽いオヤジのメリットはギャップ

先ほど紹介したように、軽いノリができるオヤジなら、女性とのコミュニケーションが取りやすいのがメリットです。しかし、これだけではありません。適度な軽さを持っているオヤジなら、ギャップを演出することもできます。

軽いノリでスキンシップを取っておきながら、素の真面目な部分を見せることで「意外と真面目なんだ!」とギャップが生まれます。女性はギャップに弱いため、モテにつながるのです。適度な軽さは真面目な部分とセットにして、状況に応じた態度を取ることで、ギャップを生み出して魅力に昇華することができます。

 

チャラいと勘違いされるNG!

ここで勘違いしてはいけないのが、「チャラい」と思われないことです。適度な軽さならいいのですが、度が過ぎた軽いノリはマイナスとなります。あまりにも軽すぎて、「完全にチャラい」と認識されてしまうとギャップを作るのが難しいです。

しかも、オヤジがチャラいと「痛い」と女性から思われるかもしれません。そのため、あくまで適度な軽さがポイントです。軽いノリでコミュニケーションを取るのはOKですが、チャラいとは思われない程度の軽さを心がけましょう。

 

適度な軽さの実践方法

モテるための適度な軽さは、意外と簡単に実践できます。例えば、「気軽に話しかける」「出会った際に微笑む」などでも問題ありません。これだけでも、十分話しやすい雰囲気となって、軽さを演出することができます。

できれば、もう少し頑張って「思わせぶりな発言」や「スキンシップ」を取ってみるのがおすすめです。思わせぶりな発言では、「今度ご飯でも食べの行こうよ」などでOKです。冗談っぽく言えば、好意を匂わせることができます。

いきなり軽くなるのは難しいものです。そのため、できる範囲で軽さを演出して、女性と上手にコミュニケーションを取りましょう。そしてたまには、真面目な部分を見せてギャップを作りましょう。

 

モテるために適度の軽さを身に付けよう!

オヤジがモテるためには、適度な軽さがポイントです。軽いノリで接することで、コミュニケーションやスキンシップが取りやすく、モテにつなげることができます。しかも、真面目な部分を見せれば、ギャップまで作ることができるのです。

ただし、チャラいと思われてしまうのは危険です。そのため、適度な軽さが重要であり、度が過ぎた軽いノリは止めておきましょう。まずは、できる範囲で軽さを演出してみてください。そして、女性とコミュニケーションをとって、アピールしていきましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ