YAZIUP CLUB会員募集中

無理な若作りはしなくてオーケー?自然体+αでモテる!

  • 2019/02/14
  • モテ
  • 1view
  • YAZIUP運営
タグ
  • テクニック
  • モテ
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック
  • 清潔感
  • 身だしなみ

自然体+αでモテる!

自然体+αでモテる!
年齢を重ねると、20代と同じようにはいかなくなるもの。
しかしそれでもモテたいからといって、無理な若作りは逆効果。
若者には若者の、そしてミドルにはミドルの良さもあります。
頑張りすぎず自然体、そして+αがあれば今からでも十分にモテることが出来ます。

 

服はノーブランドでもオーケー

服はノーブランドでも大丈夫。
むしろ若者人気の高いブランド物で固めていると、無理な若作りをしているような印象を与えてしまう恐れがあります。
服の良し悪しは、ブランドで決まるわけではないのです。
ただノーブランドだからといって、服に全く気を使わくて良いというわけではありません。
なるべく試着は面倒がらずちゃんとサイズに合ったものを選び、そして清潔感のあるコーディネートを選ぶようにしましょう。

 

白髪は無理に染めなくても大丈夫

年々少しずつ増えていく白髪。
白髪染めをするという方法もありますが、失敗をすればどことなく不自然な黒になってしまう恐れもあります。
年を取れば白髪は増えてくるのは当たり前で、むしろ白髪があった方が年相応の渋さを感じさせることもあります。
またロマンスグレーになれば、紳士的な印象を与えることもできます。
白髪をどうしようか迷っている方は、無理に染めずに武器にすることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

無理にテンションを上げない

イベントや女性との会話で若いころと同じようにテンションを上げようとしても、なかなか難しいもの。
無理に上げてしまっても、年齢の割に落ち着きがないという印象を与えてしまう恐れがあります。
テンションを上げるよりも、今の年齢だからこそ出せる落ち着きや余裕を持って接してみてはいかがでしょうか。

 

絵文字やスタンプは控える

若い女の子とLINEをする時は、ついつい絵文字やスタンプを多用してしまうという人もいるのではないでしょうか。
そうした絵文字やスタンプの多用も、どことなく無理をして合わせているような印象を与えてしまう恐れがあります。
女の子とのLINEが続かないという人は、試しに絵文字やスタンプを控えてみてはいかがでしょうか。

 

知ったかぶりをしない

知らないことを恥と感じ、よくわからないことでもついつい知ったかぶりをしてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかしいかにミドルの方が若者よりも人生経験が豊富とはいえ、誰にでも知らないことがあるのは当たり前。
知ったかぶりをしていることがバレてしまった時のリスクもあります。
無理に知ったかぶりをするよりも、知らないことは素直にそれを認めましょう。
そうした飾らない自然体の方が、好印象を与えることもあります。

 

体はある程度鍛えておく

たるんだ体はやはり女子受けも芳しくなく、また健康にも悪影響を及ぼします。
モテのためにも健康にとっても、体は鍛えておいて損することはありません。
運動や筋肉トレーニングなどで、ある程度の筋肉は付けておきましょう。
スポーツクラブに入会するというのも、1つの方法です。

 

体臭ケアをする

体型と同じく、体臭に関しても年だからと放置するのではなくケアをしておきましょう。
白髪があった方が好きという女性はいても、体臭がキツい男性の方が好きという女性はほぼ皆無。
デメリットにしかなり得ませんので、清潔感を保つためにも対策をしておきましょう。
また臭いは香水などで上書きをするのではなく、消臭アイテムで消すことをおススメします。

 

無理に若作りをする必要はありません

年を取ったからといって、無理に若作りをする必要はありません。
むしろ自然体でいた方が、今の年齢だからこそ出る良さを醸し出すことができます。
ただそれでも、体作りと清潔感は重要です。
自然体+αで、モテるミドルになりましょう。

この記事につけられたタグ

  • テクニック
  • モテ
  • 恋愛
  • 恋愛テクニック
  • 清潔感
  • 身だしなみ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ