モテるオヤジとヒゲの関係!剃るべき?生やすべき?

  • 2019/01/31
  • モテ
  • 146view
  • 松村 昴
タグ

ヒゲとモテとの関係性とは?

ヒゲとモテとの関係性とは?
モテたいオヤジとしては、外見からモテるために動きたくなります。男性の外見と言えば、ヒゲが重要な要素です。ヒゲがある男性とヒゲを剃っている(脱毛している)男性では、イメージが全然違います。

もちろん、女性から見ても、ヒゲの有無によって印象が変わってしまうものです。それでは、モテるためには、ヒゲは生やした方がいいのでしょうか。そこで今回は、ヒゲとモテの関係について紹介していきます。ヒゲを生やすか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ヒゲは諸刃の剣

ヒゲは、モテ要素になります。ヒゲがあることによって、男らしさ・大人っぽさを演出することができます。そのため、ひげを生やすことは、モテにもつながるのです。

しかし、ヒゲを生やすことで、むしろマイナスの印象を与えてしまうリスクもあります。ヒゲに対して、「不潔で清潔感がない」「汚い」などのイメージを持っている女性も多いです。

そのため、ヒゲはモテ要素になる反面、マイナス要素にもなる可能性があります。ヒゲとモテの関係は、諸刃の剣であることを理解した上で、ヒゲを生やすのか検討するべきでしょう。

 

モテるヒゲを生やすポイント!

ヒゲをモテ要素にするためには、いくつかのポイントがあります。ポイントを押さえて上でヒゲを生やすことによって、モテ要素につなげることができるはずです。ぜひ、以下のポイントを参考に、ヒゲを生やしてみてください。

<ヒゲは整える>
ヒゲをモテ要素にするポイントは、ヒゲをしっかりと整えることです。ただ単にヒゲを生やしているだけでは、残念ながら「清潔感がない」と思われやすいです。それではモテ要素にはなりません。

そこで、要らない部分のヒゲをキレイに処理し、ヒゲを整えることがポイントです。ヒゲを手入れすることで、ファッションとして見てもらいやすく、マイナスイメージになりにくいです。そのため、ヒゲを生やすなら、しっかりと整えるようにしましょう。

<ヒゲに合った髪型>
ヒゲをモテ要素にするためには、髪型もポイントになります。どれだけオシャレなヒゲを生やしたとしても、髪型と合っていなければ意味がありません。ヒゲと髪型が合っていなければ、アンバランスでヒゲがマイナス要素になりかねません。

そのため、ヒゲを生やすときには、髪型に合わせるのがポイントなのです。もし、ヒゲと髪型が合っているのか不安な場合には、ヒゲを整えた状態で美容院に行き、「ヒゲに似合った髪型にしてください!」と注文するのもありです。

<ヒゲが似合うファッション>
髪型だけでなく、ヒゲに似合ったファッションもポイントです。ヒゲに全く似合わないファッションでは、せっかくのヒゲが台無しです。ヒゲに似合ったファッションを取り入れることで、ヒゲがモテ要素につながります。

ここで言うファッションは、服装だけではありません。帽子やネックレスなども、ファッションに含まれます。ヒゲと似合うファッションによって、オシャレ度をアップさせることができるのです。

 

ヒゲで大人の色気を醸し出そう!

モテたいオヤジは、ヒゲを有効活用するのはありです。ヒゲで大人の色気を醸し出し、男らしさを演出することができます。ただし、ヒゲはモテ要素になるだけでなく、生やし方次第ではマイナス要素になることを覚えておきましょう。

そして、ヒゲをモテにつなげるためには、「ヒゲは整える」「ヒゲに合った髪型」「ヒゲが似合うファッション」の3つのポイントを押さえることが重要です。この3つのポイントを押さえたヒゲを生やすことで、ヒゲをモテ要素へと昇華することができます。ヒゲをマイナス要素にすることなく、モテ要素として有効活用をしてみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

          ページTOPへ
          ページTOPへ