YAZIUP CLUB会員募集中

平成ではモテなかったオヤジが令和でモテる方法とは!?

  • 2019/07/18
  • モテ
  • 131view
  • YAZIUP運営
タグ

「平成ジャンプ」を広義に解釈してみよう

「平成ジャンプ」を広義に解釈してみよう
この度、令和を迎えてからそこそこに流行っているワードに「平成ジャンプ」と言うのがあるそうです。
これはアイドルグループの名前ではありません。
これは昭和に生まれた人が、平成の間に結婚せずに令和を迎えた人を指すワードなのです。
それに自分も該当したとしても「だからどうした、そんなの関係ない」ことではあります。
しかしながら結婚したい人には、一つの区切りとして流行るだけの重みもあるのでしょう。
さらには結婚しているしていないに関わらず、平成の30年間、全然モテていない人にも響くワードになっているのではないでしょうか。
この先、引き続き令和ジャンプしたくなければ、ここで自己分析をすすめたいものです。

 

汎用マニュアルに依存しないこと

・モテるためのマニュアルを読む前に
こうした時代の区切りは、いい加減に仕事に追われているのを理由にしたりせず、モテるにはどうあるべきか、どうするべきかを真剣に考えるきっかけでもあります。
そこで巷に転がっているモテマニュアルなるものを検索するのは、スタートの段階で自分が転んでいます。
マニュアルとは、いかに多くの人が読んでくれるかを重点に置いているものです。
ですから、万人受けするようなもっともらしいことしか書かれていないのです。
自分にはマッチしないモテマニュアルを駆使しても、女性が感じるのはアンマッチ感でしかなかったりします。
いかにもしっかりマニュアルを読んで来たんだと思われた瞬間、既に男性としては対象外とされてしまうものと思うべきでしょう。
それに対し、ちっともマニュアルには載ってそうもない男性にしっかり彼女が付いていたりする例もよくあることです。
そんなことなら経験上、知っていると言う人も多いでしょうが、そこで立ち止まっている人も多いのではないでしょうか。
今こそ、では自分はどうあるべきなのか、それを探る活動を起こすべき時なのです。

・三枚目でもモテる理由
マニュアルには載ってなさそうなどうしてこんな男にこんな女性がくっついているのか、謎に感じられる事例は芸能界だけではないはずです。
その理由を一言で言えば、居心地の良さに尽きるのではないでしょうか。
きっと三枚目な自分を理解していて足を地に着けながらしっかり支えてくれそうな気がするのでしょう。
そこに自分への余計な勘違いなどはありません。
ちょっと何かができるくらいで自信過剰になった人間の失敗例は、全く後を絶たないことに女性を恐れを抱いているとも思えます。

・自分用でなければ意味がないモテマニュアル
モテるためのマニュアルは、自分でしか作成できないものです。
そこで必要なのが自己分析という作業になります。
自分はどんな人間なのかを客観的に捉えられていなければ、自分勝手な思い込みであらぬ女性に目を付けたがることになってしまいます。
自分を気に入ってくれそうな相手を間違っていれば、それはいくら何でもモテることにはならないでしょう。

 

自己分析のその手法

・平成30年分のカレンダーをプリントする
何もせずとも、寝る前などにふと頭の中では「あの時はあーするべきだった」とかは浮かんだりはしますが、それもすぐに頭から消えてしまいます。
そこで改めて自己分析を準備作業から入ることにします。
まずは、平成30年分のカレンダーを目に見える形にしてみるのです。
これによってジャンプしてしまった平成時代をじっくり見直しやすくなるでしょう。
ざっくりパラパラとめくるだけでも、自分のしてきたことが実に薄っぺらいものであるかを感じ取れるものです。
これだけでも、いかにダラダラと同じ失敗を繰り返してきたが目に焼き付けられることになります。
後は過去の日付を追いかけて、確かこの頃に何とかさんとデートまでこぎつけたけど、話題に失敗したとか、ヤレヤレと思い出されるものです。
カレンダーをめくるうちに、同じようなことが何度もあったりもするでしょう。
そこで自分の言動の傾向に発見できることが必ずあるはずです。

・紙に書いて交通整理する
昔のことをいろいろ思い出すと話も尽きないでしょうが、それも数十年分にもなれば頭の中に溢れかえるばかりで収集もつかないのではないでしょうか。
そして翌日になれば、全て頭の中からまた消えてしまうのでは意味もありません。
そこで紙に書き出してしまうのが得策です。
それも専用の薄いノートでも作っておくとよりベターでしょう。
と言うのもただ殴り書きにするだけでは、短所が見えるだけに留まりやすいからです。
言動のパターンなどが見えれば整理して箇条書きなどしてみれば、より俯瞰的に見えることにもなります。
そうすれば、ではどうするべきかの答えが出てきたりもします。
それも自ら編み出したことによって、すぐに脳に定着して馴染んでしまうのです。
物の本に書いていることや人に言われたことよりも、こうして自ずの行動から自然と湧き上って出てきた答えに人は自然と従ってしまうものなのです。

・短所長所をわきまえる
残念ながら人間は誰でも短所を無くして長所だらけにしようとしても、なかなかできないものです。
それも歳を取れば取るほど難しくなります。
でもがっかりせずとも、それはモテる男であろうがモテない男であろうが誰でも同じことなのです。
大切なのは、それをいかに踏まえられているかということではなしでしょうか。
そんな人こそ短所を長所として捉えられたりしますので、結果的に長所だらけになってしまうのです。

・自分を白紙に戻してみる
自己分析をするにも、自分への先入観があっては上手くいきません。
これまで延々と続けていた自分への思い込みが、自ら女性を遠ざけてしまっていたと言うこともあります。
例えば見栄え的にとてもスポーツマンには見えなく実際にそれほど運動能力もないのに、やたらと趣味がテニスだスノボーだとかと自負していたりです。
下手の横好きがいけない訳でもありませんが、往々にしてスポーツのできるカッコいい男だとハードルを上げてしまっていたりするのです。
そんな間違った自分を抱えていては、女性も違和感しか感じられなかったりするのです。
もっと正しく自己分析をするためにも、自分のことを何も知らない白紙の状態にするところから始めなければなりません。

 

男を磨くのではなく自分を磨くこと

女性にモテるならより男らしい男にならなければと思うと、どうしても窮屈になってしまいます。
モテるのに何もそれほど壮大な男になる必要はありません。
それより自分のどこをどう磨けば良いのかに専念している方が気が楽なはずです。
改めて自分の長所短所を掴んでマイナスを小さく縮めプラスを大きく伸ばすだけであれば、それはモテるためでなくても人間としてあるべきことでしょう。
社会人としても必要ですし、投資などをするにも大切な考え方です。

・自分を大切にしている人は人も大切にする
世の風潮などにとらわれず常に自分を見つめて成長させようとしている人は、自分よがりに見えることもあるかもしれません。
ですが実際にやってみれば、それによって周りの人も自分と同じように大切に見えてくるものです。
人それぞれに長所短所を抱えながら日々、それなりに暮らしているその姿が目に浮かんでくるのです。
そんな人は目の前の女性に対してもきっと大切にすることになります。
女性にとってそれは何よりも大切な男性への条件なのです。
こうしてみると言わばモテるための切り札が、自分自身への愛情だとも言い切れるかもしれません。

・意識するのは清潔感くらいだけ
実は万人においてモテるための共通の必須条件は、清潔感などでくらいしかありません。
ここだけはどんな女性とどんな男性とでも、どうしてもギャップがありがちですので意識的に気を付けましょう。
例えば髭はあっても良いけど剃り残しとしか思えない中途半端な状態であれば、すっきりして欲しかったりなどと面倒くさいものなのです。
髪型や服装などは、自分に合うものを見つけるのが一番でしょう。
コミュニケーションの仕方だってそうです。
ベースがおとなしいのにやたらテンションを上げようとしても見苦しいものです。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ