YAZIUP CLUB会員募集中

自転車はタイヤが太い方が乗りやすい?細い方が早い?タイヤの知識4つ

  • 2018/08/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 104view
  • 松村 昴
タグ

自転車のタイヤは重要

自転車にとって、タイヤはとても重要なパーツとなっています。クロスバイクやロードバイクも、タイヤによって乗り心地などが変わってくるのです。

そこで自転車を趣味にしているオヤジには、タイヤの知識を知っておいてほしいものです。今回は、自転車のタイヤの知識について紹介していくので、豆知識としてぜひ覚えておいてください。

自転車のタイヤは重要

 

自転車のタイヤの知識4つ!

①タイヤは太い方が乗り心地はいい!
自転車のタイヤの知識として知っておいてほしいのが、タイヤの太さについてです。自転車のタイヤは、太ければ太いほど乗り心地が良くなります。この理由は、タイヤが太くなるほど、チューブに多くの空気が充填できるからです。そのため、クッション性が高まることで衝撃を吸収しやすくなり、乗り心地がよくなるのです。

しかも、路面との接地面が多くなるため、グリップ力も高まります。その結果、タイヤが太いほど、安定感が増すのです。乗り心地を重視するなら、太いタイヤを利用するようにしましょう。

②タイヤは細い方がスピードを出しやすい!
自転車のタイヤは、細いほどスピードが出やすくなっています。ペダルを漕いだ時の軽さや加速感は、細いタイヤほど感じることができるのです。この理由は、接地面積が減ることによって、摩擦を減らすことができるからです。しかも、タイヤが細いほどタイヤの軽量化につながり、スピードが出やすくなります。

ただし、スピードが出やすい反面、パンクしやすいという特徴もあります。また、タイヤが細いほど段差や凸凹に弱くなり、街乗りには向かないのです。タイヤの幅の知識から、使用するときの状況に合わせてタイヤを変えてみてください。

自転車のタイヤの知識4つ!

③自転車のタイヤの規格はいろいろ!
実は、自転車のタイヤには複数の規格が存在しています。車に比べ、自転車は開発しやすく、様々な国がそれぞれ複数の規格を生み出してしまったのです。代表的な規格は、「WO規格」「HE規格」の2つが挙げられます。

WO規格とは、イギリスで生まれた規格です。サイズ表記では、インチもしくはミリメートルを使用されるようになっており、自転車全体の約80%を占めるとされています。ロードバイクやママチャリなどに使用されていることが多く、よく目にするのはWO規格でしょう。

一方で、HE規格とはアメリカで生まれた規格です。HE規格のサイズ表記では、インチを使用することになります。自転車全体の約20を占めるとされており、主にマウンテンバイクや子供用自転車に使用されています。

ちなみに、どちらの規格でもインチが使われているのですが、WO規格とHE規格で同じインチでも、大きさはまったく違うので注意してください。

④自転車のタイヤも空気圧が重要!
車と同様、自転車のタイヤも空気圧が重要となっています。タイヤの空気圧によって、「自転車の乗り心地」「パンクの頻度」が変わってくるのです。タイヤの空気圧を高めにすると、スピードが出やすくなり、低めにすると乗り心地が良くなります。

ただし、適正空気圧の範囲外になると、今度はパンクをしやすくなってしまいます。そのため、適正の空気圧に調整することが重要なのです。

自転車のタイヤの知識4つ!

 

独自のセッティングをしてみるのもおすすめ!

自転車にとって、タイヤの存在は大きいものです。タイヤによって、乗り心地やスピード、疾走感などが変わってしまいます。基本知識として、タイヤは太いほど安定し、乗り心地が良いです。逆に細いほど、スピードが出やすく、疾走感を楽しむことができます。

また、タイヤの空気圧によっても、乗り心地やパンクのしやすさが変わってきます。そのため、自分好みのセッティングをして、自転車を楽しみましょう。ただし、タイヤを交換するときには、規格を間違えないように注意してください。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ