【プロ野球】2018年12球団開幕投手予想

  • 2018/02/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 435view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スポーツ
  • スポーツ
  • プロ野球
  • ライフスタイル
  • 日本
  • 野球

栄えある開幕投手に選ばれるのは?

栄えある開幕投手に選ばれるのは?
今年も開幕が近付いてきたプロ野球。
長いペナントレースの初戦で投げる「開幕投手」になるのは名誉なことであり、当然ながら各球団エース級の投手が選ばれます。
ここでは、12球団の2018年開幕投手の予想をしてみたいと思います。

野村祐輔(広島東洋カープ)

昨年のセリーグ覇者・広島東洋カープからは、野村祐輔選手を予想。
オフの段階から開幕投手への意欲を隠すことをせず、闘志を漲らせています。
他の候補には15勝を挙げた薮田和樹選手、ここ2年開幕投手を任されているクリス・ジョンソン選手の名前が挙げられます。

ランディ・メッセンジャー(阪神タイガース)

阪神タイガースは、ランディ・メッセンジャー投手の4年連続開幕投手が有力。
毎年のように二桁勝利を続け、先発陣の柱となっているメッセンジャー選手。
通算100勝にも届く所まで来ている、超優良助っ人です。

今永昇太(横浜DeNAベイスターズ)

有望な左投手の多い横浜DeNAベイスターズ。
その代表的存在である今永昇太選手は、侍ジャパンにも選ばれるほど成長。
開幕投手の可能性も、かなり高いと言えるでしょう。

菅野智之(読売ジャイアンツ)

12球団で最も予想が簡単。
そう言っても過言ではないでしょう。
読売ジャイアンツの開幕投手は、沢村賞・菅野智之選手で決定です。

大野雄大(中日ドラゴンズ)

松坂フィーバーに湧く中日ドラゴンズ。
ただ近年の成績を考慮すると開幕投手に選ばれる可能性は低く、大野雄大選手が有力か。
対抗馬となるのは、新助っ人外国人のディロン・ジー選手。

小川泰弘(東京ヤクルトスワローズ)

最下位からの巻き返しを図る東京ヤクルトスワローズ。
その初陣を任されるのは、ライアンこと小川泰弘選手と予想。
他の候補には実績では小川選手に勝る石川雅規選手や、助っ人のデビッド・ブキャナン選手の名前が挙げられます。

東浜巨(福岡ソフトバンクホークス)

東浜巨(福岡ソフトバンクホークス)
巨大戦力を誇る福岡ソフトバンクホークス。
そんなホークスからは、昨年16勝を挙げた東浜巨選手を予想。
「お化けフォーク」の千賀滉大選手も同格の候補で、工藤監督にとって嬉しい悩みとなりそうです。

菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

昨年2位の西武ライオンズは、菊池雄星選手の登板が決定的。
現役の左投手としては、国内最強と言える存在です。
本人にはメジャー志望があり、結果によっては日本最後のシーズンになるのかもしれません。

則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)

東北楽天ゴールデンイーグルスはやはりこの人、則本昂大選手でしょう。
プロ入り以降、5年連続で二桁勝利をマーク。
200近いイニングを確実に潰してくれる、大エースです。

金子千尋(オリックス・バファローズ)

昨年は3年ぶりの2桁勝利を挙げた金子千尋選手。
通算116勝という実績も抜群で、開幕投手の可能性はかなり高いと言えるでしょう。
上位進出の原動力になることが期待されます。

ニック・マルティネス(北海道日本ハムファイターズ)

予想が難しい北海道日本ハムファイターズ。
通常なら2年連続2桁勝利の有原航平選手でしょうが、右肩の炎症を起こしてしまい厳しい状況に。
栗山監督が三本柱の一角と期待する、新助っ人のニック・マルティネス投手が前評判通りの実力を発揮できるか?

石川歩(千葉ロッテマリーンズ)

昨年は3勝に終わった千葉ロッテマリーンズ・石川歩選手。
しかし2016年までは3年連続2桁勝利を挙げており、実績は十分。
チームが巻き返すためには、石川投手の復活が必要です。

 

開幕は3月30日!

開幕は3月30日!
2018年の開幕は3月30日。
その日、マウンドに立っているのは誰なのか。
まだ決まっていないチームは、そこに向けての競争が熱くなりそうです。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ