YAZIUP CLUB会員募集中

ロト7チャレンジ どっちも続いちゃうから悩ましい!?連続キャリーとアレの関係

  • 2018/04/10
  • ライフスタイル・娯楽
  • 78view
  • のりき 夢丸
タグ

ロト6のキャリー祭りもようやく終わり

ロト6のキャリー祭りもようやく終わり

その後さらに1回キャリーを積み増したロト6だが、最後は1億円台が3本出て終了という、あまりおもしろくない結果で終わってしまった。
前回「キャリーが続いている間はキャリーが始まった回のマネをして買い続けることが重要」とお話ししたのだが、

1260回 03 08 16 19 25 26
1266回 03 12 16 23 25 28

となり、実際前回はなんと1260回と同じ数字を3つも引き継いでいたことに気がついた。
ベタに同じ目を買うだけでも5等が当たったわけだ。

またしばらくロト6からは離れるが、キャリーが貯まったところを狙い撃ちする「ゲリラ戦法」の構えだけはいつでも発動できる体勢で整えておきたい。

 

ロト7もキャリーが多いくじではあるが

ロト7もキャリーが多いくじではあるが

このところキャリーばかり追っていることになるが、いい機会なので、ロト7についてもキャリーの発生メカニズムを少し詳しく見ていこう。

最近は260回のロト7歴でも珍しいくらいに、キャリーが出ていない時期にあたる。
ロト6もロト7もキャリーが発生する確率は、だいたい5割と考えてよい。ところが最近20回くらいだと7回しかキャリーにならず、1等3億から4億円が毎回のように1本出るパターンが続いている。

ロト6ではキャリーが連続しても最大7回、平均して2回か3回といった程度なのだが、ロト7ではもう少し長く、ここ100回くらいだと最大8回、平均して4回くらいのようだ。

8回の次は6回という記録もあり、ロト7は本来キャリーありきで臨むべきくじ。
今の「1等が出やすい」状態に慣れてしまうと、もう少し先に行ってちょっと面食らうかもしれないので、注意が必要だ。

 

ではロト7でキャリーが発生する最大の条件は?

ではロト7でキャリーが発生する最大の条件は?

ロトでキャリーが発生する=数字の組み合わせが難しかった、という点は誰でもわかる。
しかしその何が難しくて当たらないのかは、あまり解説されることがない。不的中の回をごそごそ探ることになるからだ。

1等というものは「キャリーになりそうな回をたったひとりの人が当てていった」回に他ならない。
キャリーと1等は本当に紙一重なのである。

さて難易度が上がる組み合わせで思いつくのは
連続数
連続回数
大間隔数
大小分布
だろう。

出目表を見ていると、このうち連続数と連続回数について、ある傾向が浮かび上がる。

▼キャリー回の85%において、3連続数または3連続回出現数が絡んでいる

今回のキモはここである。
2連続ではなく、3連続でこの現実、である。

とにかくロトファンは連続した数に弱い。買い切れない。また追い切れていないのである。
ではどう追跡するかというと

▼キャリーが始まったらまず「前回の数字をいくつか買う」ことから始める

これは連続回数の対策なのだが、じゃあつながり数字は無視していいのかというと、

▼同一キャリー時期に連続回数と連続数が重なることはない
よって、どちらか一方をケアすればいいのだ。

さらに、今どちらの連続型(回数かつながりか)を優先すべきか決めるのは
▼前回のキャリーと同じパターンで攻めてよい
ことがわかった。

つまり、前回のキャリーが「連続数」で始まっていれば、次も高確率で「連続数」キャリーが起こるということだ。
これはかなりきれいな傾向が出ているので、迷わず使いたいセオリーだ。

さらにさらにダメ押しで、大小分布についても
▼連続回数、連続数のどちらも10より後の数字で起こる
ロト7は総じて大きな数字が強い証拠でもある。

 

そして今週もキャリー出ていますが

そして今週もキャリー出ていますが

これらを踏まえて、第260回の買い目を出していこう。

実は、いまキャリーが続くとすれば「連続回数」パターンの時期のはずなのだが、今回は3連続回に該当する数字がない。
よって潮目の変わり時と見て、今回は「3連続数」をつくる方法に変えてみる。

出現数の山から 26、27、35、11
3連続をつくるために 25
出る数字から 31 01

よって買い目は
01 11 25 26 27 31 35
とする。

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ