YAZIUP CLUB会員募集中

オヤジなら馴染みの店があるとモテる?馴染みの店の作り方を伝授

  • 2018/04/24
  • ライフスタイル・娯楽
  • 150view
  • YAZIUP運営
タグ

馴染みの店は大人の必須アイテム

馴染みの店は大人の必須アイテム
いくら良い店でも連れて行ってもらった店で妙にきょろきょろしている男性は、どこか頼りなく見えてしまいます。
そうでなく店の勝手を知っているようにくつろいでいる男性には、どこか安心感を覚えます。
それはいわゆる馴染みの店かそうでないかの違いによります。
大人の男性なら同僚であれ彼女であれ誰を連れ込むにしても、馴染みの店を持っているというのが大人としての一つのポイントの高さになるのです。
それも誰もが知っているような有名店では、いくら馴染みの店でも陳腐なイメージしか与えられません。
連れ込まれてサプライズ感を与えられる店こそが、意味のある馴染みの店なのです。
大人の証しともなるそんな店を作るには、いくつかのステップを踏み上げることが求められるのです。

 

自分にフィットした店であること

自分にフィットした店であること
口コミなどで人気のある店にしておけば無難だからと、適当に馴染みになろうとしても馴染めなかったりします。
そもそも人気店は誰でも知っていて意外性も個性もありません。
連れて行かされる方も馴染みの店だったりすれば、どこか変わった知らない店にでもしてもらった方がマシでしょう。

・自分を知る
どんな店が自分にフィットしているのかは、案外わかっていません。
そこで概ね好評の店に走ってしまいがちとなるのです。
例えば路地裏の流行らない静かな店でひっそりとした酒を楽しむのがお似合いな男性などは割と多いものですので、調べてみる価値はあります。
これもちょっと気になる店であれば、実際に足を運んでみることです。
1人で行きづらい店であれば会社の人でも誘ってみましょう。
聞くと見るとでは大違いということもあるのです。

 

店をざっくり探す

店をざっくり探す
・近くにあること
馴染みの店と言えるくらいになるには、職場か自宅の近くにあることも条件となります。
ふと思い立ったらふらっと立ち寄れるイメージを維持し続けるには、遠くても車でも数分くらいで行けるくらいが望まれます。

・小さな店であること
馴染みの店であればふらりと立ち寄って、スタッフから「◯◯さん、お久しぶり!」などと声を掛けられたいものです。
それをしてもらえるのはある程度、小ぶりの店でないと難しくなります。
さらに客の数もあまりに多過ぎては、普通は覚えてもらいづらくもなるでしょう。

・店の内部を知る
店のチェック項目は、単に料理が美味しいだけではありません。
インテリアの趣味、BGMなど自分の空間としてくつろげるかどうかを基準にしなければなりません。
自分が最も自分らしくある空間を持っていれば、そこに駆け込めばどんな時でも崩れない自分を維持できるのです。
ですから馴染みの店があるということは、一つの自己確立の手段を持っていると言える訳です。

 

何度も通ってみること

何度も通ってみること
・人を知る
店の大きさや客の入りにもよりますが、ある程度は足繁く通わなければ店のスタッフには覚えてもらえません。
そして短くても気さくな会話をなるべく仕掛けてみましょう。
長話をしては仕事の邪魔にもなって嫌われかねませんので、一言二言くらいにしておくべきです。
様子を見ながら少しずつ自然に長くなるのが理想的です。
スタッフの人柄もだんだんわかってきて話の合うタイプだと、ますます自然と足も運びやすくなります。
客層がどんな感じなのかも見えてきます。
それも店の雰囲気には大きな影響を及ぼすのです。

・料理を知る
自分だけの望むべく空間が得られても、やはり料理が美味しくなければいただけません。
それもおすすめの一品だけが美味しくても、いつもそればかりでは飽きてしまいます。
バリエーション豊富な料理があれば、人のいろいろな好みにも対応できますので、どんな人も連れ込みやすくもなります。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ