YAZIUP CLUB会員募集中

今度はこっちが品薄か? いまさら聞けないスイッチ必須の周辺機器はこれだ

  • 2018/01/11
  • ライフスタイル・娯楽
  • 70view
  • のりき 夢丸
タグ
  • 趣味
  • ゲーム
  • ショッピング
  • タブレット
  • 趣味

ついにスイッチがみなさんの元へと旅立つ

ついにスイッチがみなさんの元へと旅立つ

年末年始セールにおいて、とうとう各販売ルートでニンテンドースイッチが定価割れの割引価格で販売されたことは、長らくファン待望の瞬間だったといえる。
その後再び在庫が不足し、いまはちょいプレミア乗せで販売されているのもご愛敬。今年はまたゾロゾロと再入荷することは間違いない。

さてこうして少しずつ本体が流通し出すと、次の品薄のピークは人気ソフトや周辺機器へとシフトする。
今から入手困難にならないうちに、スイッチを3倍楽しめる、長持ちさせるため必須の周辺機器をチェックしておきたい。
きっとそのうち、お子さんねだってきますよ。

 

ゲームの楽しみ方で変わる必需品【TVモード編】

ゲームの楽しみ方で変わる必需品【TVモード編】

オジサンはもっぱら「TVモード」でしかプレイしない人だが、親せきみたいに「携帯モード」でしか遊ばない子もいるし、そのプレイスタイルによって必要なものは変わってくる。
まずは自分含め、TVモード派におすすめする周辺機器はこの2つ。

▼プロコントローラー

任天堂製品の唯一の弱点、それがコントローラーだというゲーマーは多い。スイッチもご多分にもれず、TVで長時間遊ぶには付属のジョイコンでは操作性、安心感とも欠ける感じで心許ない。

携帯性との折り合いはあるが、家でしか遊ばない人、手の大きい人必須なのが、しっくりなじむ「プロコントローラー」である。
純正品、サードパーティ品いろいろあるが、困ったことに本命のはずの純正プロコンの評価がすこぶる悪い(左スティック粉ふき問題で要検索)。
そこで自分もダメ元でサードパーティに手を出したが、今のところ不便なく、いや快適にゼルダを楽しんでいる。

サードパーティで注意すべき点は、
→振動、ジャイロ、連射などどこまで正確にできる商品か
→その後のスイッチVER.アップで使えなくなることも
→中華製で、レビュー信頼度、アフターケアにはやや難あり
こんなところか。
価格は有線で2,000円程度から、無線で3,000円程度から。

▼ドック用USBーC延長ケーブル

使わない人には何だか全く用途のわからない商品。

スイッチには有名な「本体放熱困難問題」がある(これでゲームショウの進行が止まった事件まで発生)。
TVモードではドックを用いる出力が一般的なので(他にもUSBーC&HDMI変換アダプタなどの方法はある)、時間経過で狭いドック内に挟まれたスイッチ本体がだんだん熱くなる。
そこで放熱対策として、ドックからこの延長ケーブルで差し込み口を外へ引っ張り出し、そこへスイッチをつなげようという代物。逆にそれ以外、何もしない。

これによってドックへ納める必要がない本体を、PCクーラー、USB扇風機のような製品に乗せて、夏を乗り切る人もいる。
私もそうしました。2度おいしいGoodアイデア。
価格は1,000円程度から。

 

ゲームの楽しみ方で変わる必需品【携帯モード編】

ゲームの楽しみ方で変わる必需品【携帯モード編】

▼画面保護ガラス(ブルーライトカット)

本体そのものを見ながらゲームを楽しむなら、保護ガラスは必須。
自分は汚れ、指紋防止機能は副産物で、主として期待するのが「ブルーライトカット機能」があること。
iPadもそうなんだけど、有ると無しとでは目の疲れ具合がまるで違う。ガジェット画面には必ずつけることにしている。

よく他製品などに「添付」されるおまけフィルムでもいいが、単品の方がけっこう高機能なので、できるなら1,000円程度を目安にガラス製を物色するとよい。
スイッチはまだガラス張りやすい方です。

▼専用収納ケース、バッグ

持ち運ぶための必需品かと思いきや、親せきの子は几帳面で、ホントきれいに専用バッグの中へ、一式なんでも収納している。
親としても子どもにそういう癖がつく利点があるとかで、またSDカードやら細々したものをなくさず、またなくしても他の人のせいにできない(笑)こともいいんだって。
確かに片づける場所があれば、人は片づけるものだというからね。
オジサン、そこだけは見習いたい。

 

番外編としてもう2つ

番外編としてもう2つ

▼大画面タブレット端末
とくにRPGで、いや最近はYouTubeもあるからアクション系もそうだが、上手なゲーマーのプレイを逐一参考にできるんだよね。
答えに詰まったときの情報など、忙しい社会人ゲーマーの必須品として、スペックは最低でいいから「現代の賢者の石版」タブレットをおすすめしておく。

▼人気ゲームソフトそのものの準備も怠りなく
今度はゼルダのソフトが品薄かよ〜、って感じで、どうにも困ったもんです。最近は安かったんだけどねえ。
これほどの神ビッグタイトルはもうないと思うけど、今年はドラクエ11、ダビスタのスイッチ版リリースもあると聞きますし、欲しい時こそ買い時、を忘れずに。
事前予約でも安く買えるいい時代ですから(中古の値下がりは待つだけムダ)、人気ソフト購入はお早めに。

この記事につけられたタグ

  • 趣味
  • ゲーム
  • ショッピング
  • タブレット
  • 趣味

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。 競馬血統ブログ「ほぼ毎週競馬ナビ」にて執筆中。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ