YAZIUP CLUB会員募集中

「自動車税の納付期限が過ぎたけど納付しないとどうなる?」

  • 2019/06/09
  • ライフスタイル・娯楽
  • 87view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 自動車
  • お金
  • 暮らし
  • 生活
  • 税金
  • 自動車

税金からは決して逃れることはできない!

税金からは決して逃れることはできない!
犬助の近所に大繁盛しているラーメン屋さんがあります。創業は私、アントニオ犬助が生まれる前。屋台からスタートして、ずっと繁盛しているのです。そんなお店がしばらくお休みしたのは、犬助の子どものころでした。不思議に感じていたところ、周りの大人いわく「脱税していたんだって」。

繁盛している割に納税額が少ない。目を付けた税務署が、捨てられていた割り箸の数を勘定、それを根拠としてラーメン屋さんを過少申告で追い詰めたというのです。この一件から犬助は、税務署は恐ろしいということ、税金からは逃れられないことを学びました。ゴミ袋をあさり、使用済みの割り箸を数える。誰が、こんなことを好んでやるでしょうか?しかし税務署員は平気でやる、税金を徴収するためならば、税務署は何でもやりますし、そこから逃れることは何人たりともできないのです。

 

VIPカーなら自動車税も高額となります

自動車税の納付書、届きましたか?
犬助の家にも届き、毎年のことながら少しブルーになりました。とはいえ、我が家が所有しているのは2台のコンパクトカー。大排気量の車を所有している人たちは、ブルーどころではないだろうと思いやるのです。たとえば「VIPカー」として、一部の若者から根強い人気を誇るトヨタ「セルシオ」。3代目ならば排気量は4,300cc、納めるべき自動車税は7万6,500円ですから深刻でしょう。納付期限は5月末日、何も考えずにセルシオを購入して、目に涙を浮かべている若者が想像できますね。

 

意外と融通が効くのが、自動車税です

自動車税を納付できずに困っている若者が身近にいたのは、犬助が若かりしころ。「ない袖は振れない!」とばかりに、みんな納付書を見なかったことにしていました。すると、6月くらいには「督促状」が自宅に送られてくるのです。最初はまだ普通の封書ですから、みんな平気な顔をしています。しかし回数を重ねると督促状の迫力が増してくる。封筒は毒々しい黄色になり「○月までに支払わなければ、あなたの財産を差し押さえる」という物騒な一文まで書かれています。そんな彼らに、犬助が話していたのはラーメン屋さんの件。税金からは決して逃れることはできないことを理解すると、彼らは役所に出向き自動車税を納めていったのです。

「でも、払えない!」
そんな連中に対して役所は、意外にも相談に乗ってくれます。「差し押さえするぞ!」と宣言された期限から1カ月くらいは、納付期限を延ばしてくれますし、分割での納付も受け付けてくれます。また話によると、自動車税だけで税務署が動くことはめったにないともいいますね。実際に差し押さえをおこなうには手続きも煩雑、税務署もそこまでヒマではないということでしょうか。

 

税金から逃れることは不可能です

しかし差し押さえされないからといって、そのまま見逃してもらえるか?というと、それは絶対にありません。車検の際に「納税証明書」が必要になりますから、自動車税を納付していないと車検を受けることができない、つまり無車検で乗り続けることになります。これがバレるとどうなるか?無車検かつ自賠責にも未加入でしょうから、違反点数は12点。見事、一発で免許停止です。ならば廃車にしてしまえばいいか?というと、それもままならない。廃車にするにも納税証明書が必要、いつ免停になるかヒヤヒヤしながら、毎日を過ごすことになります。

「でも、払えないものは払えない!」
こんな風に開き直る人もいるでしょう。しかし開き直っても、税金の支払いを免れることはできません。通常の借金ならば、自己破産で免責とすることも可能です。しかし税金の滞納分は、自己破産しても免責にはなりません。いつまでもついて回りますし、悪質と判断されると腰が重いはずの税務署も、躊躇なく財産を差し押さえされてしまうもの。財産がなければ給料が差し押さえられてしまいますから、会社にも税金を滞納していることがバレてしまう。信頼を大きく損ねてしまうのです。

というわけで、自動車税は納付期限までに支払ったほうがよいのです。繰り返しになりますが、税金から逃れることは何人足たりともできないのです。お上とケンカしても、まず勝ち目がないということも覚えておきましょう。

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ