自動車の安全のためヘッドライトの点灯はこんな時にしろ!4つ紹介

  • 2018/10/16
  • ライフスタイル・娯楽
  • 141view
  • 松村 昴
タグ
  • 自動車
  • ポイント
  • 安全
  • 自動車
  • 運転

安全運転とヘッドライト!

自動車を運転する時は、安全第一が一番です。デキるオヤジなら、安全に運転することができていることでしょう。自動車の安全のためには、ヘッドライトを有効的に使用するのがおすすめです。

そこで知っておきたいのが、安全運転するためにヘッドライトを点灯させるタイミングです。今回は、自動車の安全のためにヘッドライトを点灯させたいタイミングを紹介していきます。

安全運転とヘッドライト!

 

自動車の安全のためヘッドライトを点灯させたいタイミング!

<夕暮れ>
自動車で安全運転を心がけるためには、夕暮れからヘッドライトを点灯させるべきです。ヘッドライトは、夜暗くなってから点灯すれば問題ないと考えている方が多くいます。しかし、より安全を確保するためには、夕暮れの段階からヘッドライトを点灯するべきです。

なぜなら、夕暮れは薄暗くなって視認性が低下するからです。視認性が低下すれば、人や自動車の動きが見えにくくなり、事故するリスクが高まります。そのため、まだ暗くない状況でも、夕暮れ時にはヘッドライトを点灯するべきなのです。

<雨天や曇天>
雨天や曇天などの悪天候時もヘッドライトを点灯させることで、安全な運転につなげることができます。昼の時間帯でも、悪天候だと薄暗いため視認性が低下してしまいます。そのため、悪天候時にはヘッドライトを点灯して運転することで、少しでも安全性を高めることができるのです。

もちろん、降雪の際にもヘッドライトの点灯が安全につながります。基本的に、薄暗く感じるようだったらヘッドライトを点灯して安全運転しましょう。

自動車の安全のためヘッドライトを点灯させたいタイミング!

<トンネル>
トンネルを通過する際にも、安全のために自動車のヘッドライトを点灯させるべきです。とくに、高速道路はトンネルがとても長いケースがあり、ヘッドライトを点灯させるべきでしょう。

トンネルでヘッドライトを点灯させる意味は、自分の視界を良好にするためだけでなく、他の自動車に対して存在を主張するためです。自動車にとって安全に運転するためには、周囲のドライバーに対して自分の車を認識してもらうことがポイントとなります。自分の車を認識してもらえなければ、事故の確率は高くなってしまいます。そのため、ヘッドライトを点灯して自分の車を認識してもらうべきなのです。

最近では、トンネルの照明が明るいことで、トンネルでもヘッドライトを点灯しない方が多くいます。しかし、それでは自分の車を認識してもらえない可能性があるため、安全のためにトンネル内ではヘッドライトを点灯させましょう。

<立体駐車場>
立体駐車場でも安全のために、ヘッドライトを点灯させるべきです。立体駐車場の場合、駐車場所を探している車の動きが予測できないケースがあります。そんな時に自分の車を認識してもらえないと、事故になる可能性が高くなります。そのため、自分の車を認識してもうためにも、ヘッドライトを点灯させるようにしましょう。

また、立体駐車場のカーブなどだと、ヘッドライトを点灯させることによって、対向車に自分の車を主張することができます。対向車に自分の車を気づいてもらうためにも、ヘッドライトを点灯するべきです。

自動車の安全のためヘッドライトを点灯させたいタイミング!

 

自動車の安全のためにヘッドライトの点灯を!

自動車を運転する際には、安全に走行することが一番重要です。そのためには、ヘッドライトを有効的に使いましょう。自分の視界を良好にすることはもちろんですが、ヘッドライトを点灯することで自分の車を周囲に認識してもらうことができます。

周囲に認識してもらうことによって、不要な事故を防ぐことにつながるのです。そのため、薄暗い状況などでは積極的にヘッドライトを点灯させるようにしましょう。そして、安全運転を心がけましょう。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ