コネクテッドカーで何がどうなるのか、そこに安全安心がある

  • 2018/07/06
  • ライフスタイル・娯楽
  • 243view
  • YAZIUP運営
タグ

コネクテッドカーとは

コネクテッドカーとは

先頃、トヨタが近い将来、全ての車をコネクテッドカーにすると発表していましたが「それって何だろう?」と思った人もいるはずです。
わかっていそうな人でもただなんとなくのレベルであってもおかしくはありません。
それだけ新技術、とりわけ通信技術の進歩は著しいのです。

・車がネットに繋がった
コネクテッドカーとは、インターネットで情報を繋げられた車のことです。
言わば家電がIoTでインターネットに繋がったのと同じような関係にもなるでしょう。
でもまだまだIoT家電の恩恵などは受けていない人がほとんどです。
それはユーザーのメリットと言うより、直接的にはメーカー側のメリットに注目されているからです。
車がインターネットに繋がって実際、どんなメリットのあるケースが考えられるのかを具体的に出してみないとその良さも見えないでしょう。
今の段階で想定されるメリットに以下のようなものがあります。

 

コネクテッドカーによる安全と安心の確保

コネクテッドカーによる安全と安心の確保

・緊急通報システム
自動運転によって事故を自動的に未然に防止するための技術開発は進行中です。
これとは別にコネクテッドカーであれば、事故が発生した場合、自動で迅速に警察や消防に通報してくれることができるのです。
実際に事故が発生した場合、すぐに自ら通報できる状態には無いことだってあるはずです。
何を持ってセンサーが事故と判断するか、どの程度の事故なのかの判断の問題もありますが、例えばエアバックが作動したとかになるのでしょう。、
位置情報もGPSによって送信もできますので、特に人里離れた場所の事故では正確に伝えられます。

・テレマティクス保険
コネクテッドカーでは、走行した道路や距離だけでなく、アクセルやブレーキを踏んだ回数、その踏み方の強度などのデータも記録されます。
走行した時間帯や場所も記録されますので、それだけでも事故の頻度も違うのです。
これらを安全運転の指標とした自動車保険がテレマティクス保険です。
例えば、平日の交通量の少ない昼間に近所のスーパーまでゆったりと買い物でしか使わないユーザーであれば、そのデータが反映されるのです。
このように安全な運転しかしていなければ、自ずと保険料が安くなってくれる訳です。
また、そのことを意識していればそれだけで実際に事故も減ることでしょう。

・盗難対策システム
万が一、愛車が盗難された場合、GPSによって車の位置を追跡できるようになります。
さらにエンジンを強制的に止めたりすることも可能なのです。
事故の安全だけでなく盗難に対する安心感としては大きなものになるでしょう。

 

自動運転とコネクテッドカーとの一体化

自動運転とコネクテッドカーとの一体化

現状では自動運転とコネクテッドカーとは別物であるかのようです。
しかし、将来的な自動運転にはコネクテッドカーの技術が不可欠になると予想されています。
GPSで位置を把握し、周囲の交通渋滞情報などをコネクテッドさせることにより最適な経路を選択してくれるようにもなるでしょう。
それには通行予定経路の時間と通行量の状況と予測、それだけでなくより事故の発生頻度の低い経路はどれか、など膨大なデータの取得と解析が求められます。
現状、アピールし始めているコネクテッドカーはそのための第一歩としての存在なのです。
いつ、どの程度まで実現してくるかはまだまだ未知数ではあります。
それが遠い将来であったとしても、スタンダードになることを期待しながら受け入れていると車に新鮮なワクワク感も生まれるのではないでしょうか。

・インターネットの問題も取り込んでしまう
インターネットは便利を供給してくれますが、リスクにもさらされることになります。
これまでのPCやスマホだけではなく、悪用されれば車の居場所も調べられますし、個人情報が洩れる可能性もあるのです。
このようなデメリットをいかに克服するかを突き詰めながら、慌てずじっくり進歩してもらいたいものです。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ