50周年を迎える三菱 デリカってどんな車なんだろう!デリカD5だからできる編

  • 2018/07/06
  • ライフスタイル・娯楽
  • 233view
  • Rc.オガ
タグ

三菱 デリカの魅力を探求する第2弾!現行、D5の魅力を詳しく紹介しましょう。

その前に、三菱のHPでデリカをのぞいてみると50周年を迎えるデリカのスペシャルサイトが開設されています。初代デリカから歴代モデルのデリカが、様々なアウトドアシーンで活躍する映像が見ることが可能です。岩場を走行したり、キャンプや釣り・ボート等々様々なアウトドアシーンで活躍するデリカは実に頼もしい限りです。圧巻は、初代デリカコーチの改造キャンピングカーは手作り感満載のDIY仕様。ライバルにはない可能性がデリカにはきっとあったのでしょうね。

さらに、歴代デリカシリーズを画像と解説文で紹介しています。まぁ、よく分かるデリカ講座です。初代デリカコーチからデリカスターワゴンそしてデリカスペースギヤ、現行モデルのD5への変遷。なぜ、デリカがオフロードやカスタマイズに優れているのかよく分かるHPになっていますので、まだ見たことない「三菱 デリカ」で検索してください。

デリカD5(現行モデル 2007年~)

 

デリカD5(現行モデル 2007年~)

現行のデリカD5は、2007年デビュー。ライバル達は、2回くらいフルモデルチェンジしたのではないでしょうか、、。まぁ、三菱の場合は唯我独尊とでもいいましょうか?ほとんどライバルのことは気にしていません。いいものは黙っていても売れるんだから、「女や子供に媚を売らなくても良し。」は、まるで昭和の頑固一徹オヤジそのものです。

ボディスタイルは、今やライバル達には見られない直線基調の角ばったデザイン。いささか時代遅れにも見れますが、頻繁にモデルチェンジされるよりもユーザーには古い車に思われない恩恵もあります。ボディは、リブボーンフレームが採用され、の衝突安全性の試験では最高ランクの6スターを獲得している実力派。

現行モデルから、デリカの後にDと数字が付いたモデル名になりました。DはデリカのD。5は、5代目を意味しています。デリカD2やD3もあるので大きさも表していますが、次期モデルは、D6なのかは不明です。

3列シートは、2列目が独立しているキャプテンシートか3人乗車可能のベンチシートが選択できます。多彩なシートアレンジが可能になっています。積込む荷物によって3列目・2列目を倒せば広大な荷室が登場。また、その広い荷室は車中泊を楽しむことも可能です。

デリカD5が、ライバル達よりも優れているとこは4WDの性能でしょう。国産車の4WD黎明期頃の1982年からパートタイム式4WDが搭載され道なき道をものともせず何処へでも行けるのは頼もしい限りです。ライバル達のほとんどが、4WDと言っても生活四駆的なもの。車高アップなどオフロードカスタマイズなど望むことも出来ないのものがほとんどの中、デリカだけは、オフロードカスタマイズすることを前提に作られた車であることを思い知らされます。

D5の4WDは、電子制御式で路面にあわせてダイヤルを合わせるだけでプロドライバーの運転を堪能することが出来ます。さらに、ABS・ASC(スタビリティコントロール)・ASC(トラクションコントロート)を合わせ統合的に高い次元で制御しています。まさに、ジープからパジェロそしてランエボで培った、パリダカやWRCで優勝を成し遂げた実績あるメーカであることを新たに認識させてくれる世界最高峰の4WD技術です。

搭載エンジンは、ガソリンの2400cc・直4DOHC(170PS)、2000cc・直4DOHC(150PS)、ディーゼルエンジンの2200cc(148PS)の3つ。ディーゼルエンジンは、もちろん最新の法規制にあわせたクリーンディーゼルエンジンです。三菱のクリーンディーゼルエンジンは、マツダに比べるとかなり賑やかで振動もそれなりにあります。昔ながらの、ディーゼルエンジンに慣れていて、軽油の燃料代が安いのが良い!と思われる方にはお勧めです。

価格は、240万8400円(2.0M)~374万400円(ローディストDパワーパッケージ)。

ニューモデル登場が、近い噂が絶えないD5。しかし、カスタマイズするなら豊富なパーツが溢れている現行モデルがお勧めですね。

デリカD5(現行モデル 2007年~)

この記事の作者

Rc.オガ
Rc.オガ
オギャと生まれたときからミニカーを握りしめていたくらいの車好き。旧車から新車、軽自動車からVIPカーそしてダンプカーやバスまでと守備範囲はとても広いです。WRCやF-1・インディ―カ―そしてエア・レースとレース観戦が大好き。長年に渡って培ってきた、車のウンチクを後世に伝承させるためWEBライターとして、車の楽しさを日夜伝道しています。
up Rc.オガ
Rc.オガ

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ