YAZIUP CLUB会員募集中

車のボディが少し凹んだら、「吸盤を使えば」直せるって本当?

  • 2018/06/12
  • ライフスタイル・娯楽
  • 303view
  • アントニオ犬助
タグ

DIY魂を教えてくれた、あの番組

DIY魂を教えてくれた、あの番組

いやあ、話には聞いていましたが、ついにエドさん降板しちゃいましたね。
何の話かというと、CS放送「ヒストリーチャンネル」の「クラシックカーディーラーズ」、新シリーズから前任のエドさんに代わって、アメリカ人のメカニック・アントさんが登場。番組の最大の魅力である、ちまちまと自分でやる的なムードが薄れてしまった感じがあり、犬助はさびしい限りなのです。

しかし、ちまちまと自分でやる、つまり「DIY魂」について犬助は番組から学んだつもり。
以来、クラシックカーディーラーズにならって、自分でできることは自分でやろうという姿勢が身に付きました。
おかげで、タイヤやワイパーのブレード、ライトのバルブ、スマートキーの電池、バッテリー、ドアスピーカーの交換ぐらいならば、何とかこなせるようになったもの……まあ、普通の車好きの人ならば、難なくこなせる作業ばかりですけれどね。

 

「適当」では通らないのが職人の世界だけど

さて、そんな犬助が妻の車のリアドアに大きな凹みを見つけたのは、少し前のことでした。
「鈑金に出すか?」と思い、昔世話になった業者さんに連絡すると「今は作業が立て込んでいる上に、代車が用意できない」とのこと。

どうするか? ……しばらく考えていて、沸き起こってきたのが「DIY魂」。
ドアにある凹みを目立たなくするぐらいならば、自分で何とかできるのではないか? という思いつきです。

だいたい、鈑金屋さんは全般に仕事が丁寧すぎる嫌いがあります。
どこが凹んだのか全くわからないぐらいの、すばらしい仕事をしてくれるのです。
リセールバリューが十分に残っているような車ならば、それぐらいの修理も必要でしょう。しかし妻の車は、元々それほど高価でもない上に、すでに7万キロは走っている。リセールも何もないですから丁寧な仕事は不要なのです。

でも板金屋さんは「ただ、目立たなくしてくれればいい」というリクエストには応えてくれないんですよね。まあプロ意識が高いということですから、本来ならば賞賛すべきことなのですが。

 

吸盤で(ある程度)直るほど、ボディの凹みは甘い!!

吸盤で(ある程度)直るほど、ボディの凹みは甘い!!

それでは、ドアの内張りをはずして裏から叩こうか? ……と、考えていたときに思い出したのが、件の「クラシックカーディーラーズ」のエドさんがやっていたこと。

凹んだ箇所に吸盤を引っ付けて、力づくで引っ張り出していたではありませんか!!

早速、Amazonで「サクションバキュームカップ」なるものを発見、購入することに決めました。価格は送料無料で2,246円(税込)、鈑金屋さんのお友達価格の10分の1、これでうまくいったら、もうけものです。

ほどなく届けられたバキュームカップは吸盤に力をかける用のハンドルと、引き金状のものがついており、引き金を数度引くと吸盤内の空気が抜けて強力に吸い付くという非常に単純な仕組みになっています。こんなもので直るのか? と、不安になりましたが、もうやるしかありません。

結果はというと、作業時間は30秒程度。「ぼこん」という音とともに凹みは直りました。

といいますか、確かに違和感はあります。
中古車の程度をチェックする査定士が見れば「U1」(凹み小)はマークされるでしょう。しかし、2,000円ちょっとで「U3」(凹み大)が「U1」になったらのですから大満足。塗装にダメージがなかったこともあり、ぱっと見ではわからない程度には補修が完了しました。
ドアなどの中央付近にできた浅い凹みならばバキュームカップは有効です。

 

DIYで成し遂げたという満足感はプライスレス

DIYで成し遂げたという満足感はプライスレス

ならば樹脂部分、バンパーに凹みができた場合はどうするか? Webを見ていると「ドライヤーで暖めると……」というようなことが書いてありましたが、犬助が試したときには残念ながら、うまくいきませんでした。

そこで、やったのがバンパー交換。
「ヤフオク!」で中古のバンパーを購入、自身で付け替えることで対処。バンパーを止めているピンを数本折ってしまうという失態をやらかし、取り寄せるのにしばらく時間がかかったものの、かかった費用は全部で6,000円程度。リアバンパーだったから安かったんですよね。こちらも業者さんにお願いするよりも、はるかに安く上げることに成功したのです。

バンパーの色が微妙に違うとか、凹んだバンパーの処分に苦労したとか……多少、面倒なこともありましたが、コスパという点から考えると、こちらも大満足の結果となったのです。

「ご家庭で作業されるなら、○○ポンドの節約になります」
これは「クラシックカーディーラーズ」のエドさんのきめ台詞だったのですが、DIYの車いじりにあるメリットは金銭面だけではありません。なんといっても、成し遂げたという満足感が付いてくる、こちらはプライスレスなのです。

あ、この記事を参考に自分で直そうと思ったアナタ!くれぐれも自己責任でお願いしますね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ