YAZIUP CLUB会員募集中

治療?放置?包茎の対処法に〇〇するのはいかがでしょうか。

  • 2019/04/07
  • ヘルスケア
  • 66view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 病気
  • コンプレックス
  • 悩み
  • 病気
  • 病院
  • 身体

下半身の悩み

下半身の悩み
「この年になってまだ包茎なんだけど、どうしよう・・・。」
そのように、下半身のことで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
治した方が良いのか、それとも放っておいた方がいいのか。
治すとして、その方法はどうすればいいのか。
この記事では、そんな包茎の悩みへの対象法を記します。

 

3つの包茎

包茎には、3種類存在しています。
まず、普段は皮で覆われているけど亀頭を露出させることが出来る「仮性包茎」。
次に、亀頭の露出も難しい「真正包茎」。
最後に、仮性包茎や真正包茎の人が無理に皮をめくったことで腫れや炎症が起こる「カントン包茎」です。
この内、深刻度が高いのは真正包茎とカントン包茎になります。

 

仮性包茎

3つの包茎の中では、最も軽度にあたる仮性包茎。
実はこの仮性包茎については男性の70%がそうであると言われており、包茎でない人よりもむしろ多数派となります。
機能的にも特に不便はありませんので、治す必要はありません。
ただどうしても仮性包茎が大きなコンプレックスになっており何とかしたいのであれば、その方法は増大サプリメント・器具・病院やクリニックでの手術になります。
増大サプリメントはペニスを大きくすることで仮性包茎も改善出来るというもので、安全性がメリットとなります。
しかし確実に効くという保証などありませんし、期間がどれくらいになるかも不透明です。
器具は結果的に最も安価に包茎を改善できる可能性がありますが、場合によってはペニスを痛めてしまう可能性があります。
商品にもよりますが、確実性も微妙な所です。
病院での手術は最も確実ですが、リスクもありますので慎重に検討する必要があります。
仮性包茎は病気ではありませんので、保険が適用されることもありません。
このように仮性包茎を治す方法はありますが、基本的にはどの方法にもデメリットがあります。

 

真正包茎・カントン包茎

真正包茎やカントン包茎はペニスにバイ菌が溜まりやすく、病気を引き起こす可能性があります。
そのため仮性包茎と違い、治療をする必要性が高い状態です。
治療方法は主に病院やクリニックでの手術となり、保険も適用されます。
保険が適用されるということは病気扱いされているということでもありますので、真正包茎・カントン包茎を患っているという人は治療を検討しましょう。
ただ術式によっては自費治療の場合もありますので、事前に確認をしておきましょう。

 

クリニックの選び方

クリニックには、男性の悩みに特化した施設が多くあります。
そんないくつもあるクリニックから、どうやって選べばいいのか。
まずチェックすべきポイントはは、クリニックや医師の実績です。
必ずしも実績が無い所が悪いというわけではありませんが、やはり有る方が信頼をすることができます。
開業して何年になるのか、症例数は年どれくらいあるのか、公式サイトなどで調べておきましょう。
また予算が限られている人は特に、治療費が明示されているかどうかをチェックしておきましょう。
クリニックよっては追加料金を請求してくる場合もありますので、注意が必要です。
プライバシーを守りたい人は、完全予約制のクリニックを選ぶこともポイントとなります。
インターネットで利用者の評判をチェックをするのも怠らないようにしておきましょう。

 

まとめ

仮性包茎は、基本的には治療をする必要はありません。
コンプレックスになっている人もいるかもしれませんが、それはほとんどの人にあるもの。
焦りは禁物です。
真正包茎やカントン包茎の人は、病気である以上は治療をすることが求められます。
ただ病院やクリニックによって技術や料金に差がありますので、よく検討して施設を選ぶようにしましょう。

この記事につけられたタグ

  • 病気
  • コンプレックス
  • 悩み
  • 病気
  • 病院
  • 身体

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ