30代の男もいろいろあります。ストレスに負けないために

  • 2016/12/17
  • ヘルスケア
  • 482view
  • YAZIUP運営
タグ

ハゲるとか、萎えるとかデブとか30代は危険がいっぱい!

何かあると、ストレスが原因かも・・
そう思ってしまう30代男子は多いでしょう。最近体の調子が悪いというと、ストレスに逃げてしまうのが一番都合がいいからです。
ストレスは体が外的刺激(これをストレッサーといいます)に対して、体の調和を保とうとする反応のことです。ですから嬉しいことも楽しいこともストレスということになるのです。嫌なことばかりではないのですね。
それでも30代男子になると、仕事や家庭、恋愛等に伴ってイライラや不安、炭塵関係などの精神的刺激に絶えずさいなまれてしまうことが多いのです。
ですからどうしてもストレスが過剰となるのでしょう。

327136346

 

体と心の調和を乱してしまうのがそもそもの元凶です

冒頭のハゲとか萎えとかデブというのは30代男子にとっては切実な問題です。もっとも40代からでは?という人もいるかもしれません。こんなに元気なのに、と思っていても20代、30代のツケを必ず40代になると払わなければならなくなるので、30代は特に大事な時期だと言えます。
とりあえず日々襲いかかってくるストレスとどう向き合っていくかでハゲナエデブといった三重苦対策は語れないのです。

374136763

 

精神的な面もあるけども・・

気持ちをしっかり持つことが大事なのですが、いつもそれだとそっちのほうがストレスになるでしょう。それではどうしたらいいかというと、気軽にできる対策があるのです。
それは食べ方から考えてみるということです。
まずはビタミンCが不足しないように気をつけるようにしましょう。
ストレスにさらされた30代男子の体はそれに抵抗するために体内でブドウ糖を作ります。
副腎に副腎皮質ホルモンを分泌して、肝臓のグリコーゲンの分解を促進するのです。そしてブドウ糖を作るということですね。
このブドウ糖が脳をはじめとして全身に流れていって抵抗していくのです。
言うまでもなく、副腎では大量のビタミンCが必要とされます。もともとここには多くのビタミンCが蓄えられているのですが、補給が不足すると当然のことながらブドウ糖を作る機能は低下してしまうのです。
気持ちを強く持てばストレスは怖くないという、強い人もいるかもしれません。しかし、鬱にかかった人を直すのは抗うつ剤という薬が一番の良薬であることを考えると、食事はストレスにとってもっとも大切なものとなるのです。

 

ビタミンCは30代男子には欠かせない

ビタミンCの一日の所要量は100mgとされています。
柿を一つ食べれば事足りる量ですから摂取もそれほど難しくはないでしょう。
しかし、ビタミンCは壊れやすいので30代男子はこの倍くらいは毎日摂取したいものです。

109104287

タバコを吸っている人はさらに倍くらい取らなければいけません。タバコの成分がビタミンCを壊してしまうからです。
もっとも。果物でビタミンCを取ることに頼りすぎると糖分の取り過ぎでデブることになるので、食事の取り過ぎでデブらないように気をつけなくてはいけません。
ストレスを感じると食べる方に走る30代男子は多いですからね。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ