YAZIUP CLUB会員募集中

モテないあなたへ!闇夜の中にお笑い芸人のモテモテぶりに光を見出す!

  • 2019/09/01
  • モテ
  • 45view
  • YAZIUP運営
タグ

お笑いさえあればどうにかなるもの

お笑いさえあればどうにかなるもの
もはや見栄え的にカッコ良さを追求するのにも限界が、それではと男らしさで勝負しようにもベースにそんなキャラが無くてはどうにもなりにくいものです。
後は犬も歩けば棒に当たる的に暗中模索の道を歩んでいるだけの方がいらっしゃるなら、最近のビッグニュースに目を転じてみましょう。
それはあのキレッキレのフラダンスにしびれた方も多いかと思われる蒼井優が結婚した相手が、なんと南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太と発表されたことです。
これには十分モテている男性としても、愕然とした方は少なくないはずです。
しかし振り返ってみれば、これほどではなくても有り得ないカップルの誕生は今に始まったことでもありません。
鈴木保奈美ととんねるずの石橋貴明、安達祐実とスピードワゴンの井戸田潤、離婚はしたけど藤原紀香と陣内智則もセンセーショナルな事件とまでも言われたものです。
最近では佐々木希とアンジャッシュの渡部健はその年の差もクローズアップされました。
蒼井優の場合、これら美女の面々に比べるとより楚々とした人柄の良さが滲み出ていそうな女性と言うことで一段とショッキングであったことは確かです。
とにかく芸人の持っている笑いのネタを独占できる快感が、彼女たちの結婚理由であろうことは想像に難くありません。
この美女の人生をも手中にしてしまうお笑いパワーについて、笑い飛ばしているだけでなくもっと真面目に取り組む価値を感じようではありませんか。

 

笑いが取れる人の特徴

・頭の回転が良い
お笑い芸人のどんな時でも柔軟に捉えてお笑いネタにしてしまえる回転の速さは心地良いものでしょう。
闇営業事件で謹慎処分を受けていたお笑い芸人も、それ自体を笑いに変えてしまっているのです。
それは偏差値が高い訳でもありません、頭が良いとも言えないでしょうが、社会への対応力は高いと言えるでしょう。
知識は薄くても誰でもこれこそが実生活に欲しくなる能力と感じることもあるでしょう。

・知識が広い
お笑い芸人は仕事上、笑いのアンテナを張り巡らしているためか、あらゆる情報を仕入れています。
そのためただ笑わせてくれるだけでなく、普通に会話するにも話題に事欠かないのです。
興味に好き嫌いも無くその守備範囲も広くなってしまうため、どんなジャンルの話題にも乗ってくれやすいのも嬉しい存在です。
しゃべりがテンポ良くて楽しいばかりでなく、自分お話をじっくり聞いてくれる聞き上手としてのその存在価値も捨て難いはずです。

・人生を楽しめている
楽しい人生を送っている人の傍にいると、自分も人生が楽しめるように感じるものです。
とてもルックス的には受け入れられそうにない女性のお笑い芸人が、意外にイケメンと結婚していることからも納得できるでしょう。
男性にしても楽しくて退屈しそうにない女性が傍にいてくれるのは、自分の人生に活が与えられるようなものなのです。
そして無駄に敵を作らずに済むのもありがたいことです。
同じことをしてもついつい笑って済ませてくれる人は、かなり得をしています。

 

いかにしてお笑い芸人に近づくか

いくらお笑い芸人がモテるからとしても、同じことを真似できる一般人は誰もいないでしょう。
ただ芸は無くても一般人なりにフィーリングだけは、お笑い芸人並みには持っていけるものです。
どのような心がけや習慣でそんなフィーリングのある男になれるのか、そこにポイントを置いてみようではありませんか。
それはとても大変な事ではなく、ともすれば今よりもっとルーズになることも大切なことがわかるのではないでしょうか。

・何事にも真剣に取り組まないこと
真面目な日本の社会人にはとても言えそうにはありませんが、あえてお笑いでモテようとすれば真面目であっては話になりません。
ただそれは真面目を否定するものではありません。
言うならばくそ真面目にならず、余計な仕事はしないとか、バカな上司の指導はそこそこにスルーしてしまうとかによって無理も無駄も無いパフォーマンスを見せようとするのが真剣には取り組まないと言う意味です。
笑いはより良い仕事をするための潤滑油であり精力剤にもなるものです。
渋野日名子ちゃんのふりまいたスマイルは周囲からパワーとなって自分に戻っていたことからもわかることです。
そんなパワー溢れる笑いを提供してくれる男性に惹かれるのも、いたって当たり前のような気もします。
少々、ルックスがまずかろうが、超えて有り余る笑いのシャワーを浴びていたいのが彼女たちの心の内なのでしょう。

・プライドから解放されること
プライドの高い人は、それを意識した言動に疲れさせられるものです。
偏見から正しい判断も損なってしまいがちでリスキーな人物に映るのも確かなことです。
それだけの能力があるのかもしれませんが、それでも若者から見れば、もうただのおっさんの領域に入っているのです。
いやいや私はまだまだと思っていても、そこそこの時間が経過すれば間違いなくおっさんでしょう。
その昔、見ていて失笑していたおっさんに自分が入れ替わっているようなものです。
そこにどうしてプライドなど持てましょうか。
でも、それがチャンスの到来でもあります。
素直にプライドから解き放たれてしまえば、もうバカで結構でしょう。
それよりそれで周りの人が楽しんでくれれば、その様子を見て自分も楽しくなれるのです。

・何事にも興味を持つこと
お笑い芸人は、常にあらゆることをネタにしようとしています。
そのため興味の範囲が広く浅くなっているものです。
これはとても好奇心の旺盛な人に見えるものですし、実際に自然と好奇心は旺盛になるものです。
そういう人はどんな趣味にも対応してくれて、趣味が違っていても話は合わせてくれそうに感じます。
歳とともに興味の無いことには無関心になっていくのが普通の人ですから、そこに若さだけでなく正しい大人らしさを感じることでしょう。

・スマイル、スマイルとつぶやくこと
しぶこちゃんのように大事な試合中でもスマイルがしっかりできていれば、楽しい人に見えてしまいます。
ただこれを無理していつでも笑っていると、ヘラヘラしていて気持ち悪いので気を付けましょう。
若い女性と違ってなかなか笑える状況に置かれていないのが大人の男性ではありますから、スマイルを意識づける習慣も取り込みたいものです。
休憩時間にでも思い出したように「スマイル、スマイル」とぶつぶつつぶやいてみるのも効果がありそうです。
人を楽しくさせたがっている人に人は寄ってくると言うのは、人心の定理ですので覚えておきましょう。

 

面白いだけでもダメダメ

お笑い芸人はTVで見る限りがその人物像ではありません。
彼らと結婚した彼女らはそれがわかっていてのことでしょう。
そこは残念ながら我々一般人の知るところではありません。
しかし蒼井優のコメントでも「自分を笑顔にさせてくれる点が大きい」と言いながら「山里さんの仕事に対する姿勢が最大に尊敬できるところ」とも述べています。
自分も都内の某所で明石家さんまさんが真面目な顔をして誰かと話をしながら歩いているところに出くわした時に、なぜか随分、驚いたものでした。
いつも笑わせながらも仕事はきっちりこなす存在は、会社の中でも評判が高くなるのも疑う余地はありません。
ともすれば結局は仕事のできるモテ男を目指す過程に、お笑いがその手段にあると考えてもおかしくは無いのでしょう。

 

ここまで読んだオヤジにおすすめの記事2つ。

改めて安直な映画デートに戻って出直しすることの正しさ(https://yaziup.com/mote/date/63419)
ライトなアニメ趣味でモテる男へ(https://yaziup.com/mote/date/63348)

 

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ