勝ち組はどこ?10年前のドラフトをチェック!(パリーグ編)

  • 2018/10/25
  • ライフスタイル・娯楽
  • 246view
  • YAZIUP運営
タグ

パリーグの2008年ドラフトを紹介

パリーグの2008年ドラフトを紹介

育成を含めて、毎年100人前後の選手が指名されるドラフト会議。
しかしプロの世界は厳しく、10年後も現役を続けている選手はごくわずか。
1位指名された選手でも、5年も待たずに戦力外となるケースもあります。
今から10年前、2008年のドラフトで結果的に良い指名を行ったのはどこの球団なのか。
パリーグ編です。

 

埼玉西武ライオンズ

1位 中崎雄太
2位 野上亮磨(現役)
3位 浅村栄斗(現役)
4位 坂田遼
5位 岳野竜也
6位 宮田和希

1位の中崎雄太選手は将来のローテーションとして期待されるも、勝ち星を挙げることができず。
2位の野上選手は二桁勝利を2度記録しており、2017年オフに巨人にFA移籍しました。
3位の浅村栄斗選手はリーグを代表するような選手に成長。
今年は初の30本塁打も記録し、優勝に大きく成長しました。

 

オリックス・バファローズ

1位 甲斐拓哉
2位 伊原正樹
3位 西勇輝(現役)
4位 高島毅
5位 西川雅人

1位の甲斐拓哉選手は高校時代にノーヒットノーランも記録した投手。
しかしプロでは1勝も出来ず、戦力外となりました。
3位の西勇輝選手は主力投手に成長。
これまでに5度二桁勝利を記録しています。

 

北海道日本ハムファイターズ

1位 大野奨太(現役)
2位 榊原諒
3位 矢貫俊之
4位 土屋健二
5位 中島卓也(現役)
6位 杉谷拳士(現役)
7位 谷元圭介(現役)

1位の大野奨太選手は一軍捕手として活躍。
2014年にはゴールデングラブも受賞しています。
2017年オフにFA宣言をし、現在は中日でプレー。
2位の榊原諒選手は2010年~2011年にリリーフとして活躍。
3位の矢貫俊之は2013年に57試合に登板をしています。
5位の中島卓也選手はファウルを稼げる打撃と走塁・守備に定評があり、正遊撃手として活躍しています。
6位の杉谷拳士選手はユーティリティープレーヤーでその明るいキャラクターからチームの人気者に。
7位の谷元圭介も主力リリーフとして活躍し、現在はトレードを経て中日でプレーをしています。
下位指名の選手をしっかりと戦力にし、実に粒揃いのドラフトとなりました。

 

千葉ロッテマリーンズ

1位 木村雄太
2位 長野久義(指名拒否)
3位 上野大樹
4位 坪井俊樹
5位 山本徹矢
6位 香月良仁

育成
1位 木本幸広
2位 鈴江彬
3位 角晃多
4位 生山裕人
5位 西野勇士(現役)
6位 岡田幸文
7位 吉田真史
8位 田中崇博

育成を含め、14名もの指名を行ったロッテ。
1位の木村優太選手は通算1勝と1位としては物足りない結果に。
2位の長野久義選手は指名を拒否し、その後は希望していた巨人に入団。
3位の上野大樹選手は主にリリーフとして通算117試合に登板。
6位の香月良仁選手も2015年に40試合に登板をしています。
育成指名からは2人の主力選手を輩出。
西野勇士選手は2年連続30セーブを挙げた実績があり、今も現役。
岡田幸文選手は名手として名を馳せ、今年引退試合が行われました。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

1位 藤原紘通
2位 中川大志(現役)
3位 井坂亮平
4位 井上雄介
5位 楠城祐介
6位 辛島航(現役)

育成
1位 森田丈武

ドラフトで2度くじを外した楽天が選んだのは藤原紘通選手。
しかし故障もあって伸び悩み、通算6勝でプロを去っています。
2位の中川大志選手はスラッガーとして期待されるも開花には至らず、2017年にDeNAにトレード。
6位の辛島航選手はローテーションに定着し、通算39勝をあげています。

 

福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークス

1位 巽真悟
2位 立岡宗一郎(現役)
3位 近田怜王
4位 有馬翔
5位 攝津正
6位 金無英
7位 鈴木駿也

育成
1位 内田好治
2位 二保旭(現役)
3位 柳川洋平
4位 猪本健太郎団
5位 堂上隼人

大田選手のくじに敗れたソフトバンクは、方針転換をし投手の巽真悟選手を指名。
しかしプロでは通算1勝に終わっています。
2位の立岡宗一郎選手はソフトバンクでは1試合の出場に留まりましたが、トレード先の巨人で出番を大幅に増やしました。
5位の摂津正はルーキーイヤーの2009年に34ホールドの大活躍。
2011年からは先発に転向し、5年連続2桁勝利を挙げています。
二保旭選手は育成指名ながらここまで通算87試合に登板しているリリーフ投手。

 

パは豊作!

パは豊作!

同年のセリーグのドラフトに比べると、パのドラフトは豊作。
どの球団にも主力級がいますが、特に日本ハムが質が高いドラフトとなったのではないでしょうか。
5~7位の選手が10年現役を続けるような選手に成長したのはお見事です。

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ