パチンコ屋には勝ちやすい時期と勝ちにくい時期がある?いつ勝負するべき?

  • 2018/05/20
  • ライフスタイル・娯楽
  • 533view
  • 松村 昴
タグ

パチンコ屋と時期の関係!

理論派でパチンコを楽しむなら、釘の見極めがポイントになります。ボーダー以上に回るような釘なら勝てる可能性は高くなり、逆にボーダーを下回れば勝つのは難しいです。そんなパチンコですが、実は時期によって釘の甘さが違う傾向があります。パチンコ屋も営利企業であり、何もせずに客が来る時期は釘が渋いです。逆に、客が少ない時期には、客付きをよくするために甘い釘にする傾向があります。つまり、パチンコ屋には勝ちやすい時期と勝ちにくい時期が存在しているのです。そこで今回は、パチンコ屋で勝ちやすい時期と勝ちにくい時期を紹介していきたいと思います。

パチンコ屋と時期の関係

 

パチンコ屋で勝ちにくい時期

①休日・祝日
パチンコ屋で勝ちにくい時期のひとつが休日・祝日です。休日・祝日は、普段は仕事でパチンコを楽しめない客層が遊びに来ます。それらの客層は、パチンコを楽しみたい傾向があります。本気で勝ちに行くタイプは少なく、適度に遊びたいライトな客層が多いのです。その結果、多少渋めの釘でも打ってくれます。そのため、休日・祝日は厳しい釘の状況となっていることが多く勝ちにくい時期となるのです。

②大型連休中
似たような理由で大型連休中も釘の状況が悪いです。ゴールデンウイークやお盆休み、年末年始は何もせずともパチンコ屋にお客が訪れます。そのため、渋い釘となっていることが多く、大型連休中は回収時期と考えることができるのです。また、大型連休中に渋い釘になる理由はもう1つあります。地域によって異なるのですが、大型連休中は延長営業ができるパチンコ屋が多いです。延長営業するとなると、当たり前ですが営業時間が延びます。そんなときに大盤振る舞いをすれば、経営状況が悪化してしまいます。そのため、延長営業のときには、店側としては回収を重視するのが一般的なのです。その結果、釘の状況は酷い傾向であり、勝ちにくい時期と言えるでしょう。

パチンコ屋で勝ちにくい時期

 

パチンコ屋で勝ちやすい時期

①グランドオープン・リニューアルオープン
一番勝ちやすい時期は、グランドオープンやリニューアルオープンのときです。とくにグランドオープンは勝ちやすい時期と言えます。新規開店であるグランドオープンは、お店のイメージに直結します。そのため、グランドオープンは高確率で甘い釘となっていることが多いのです。また、リニューアルオープンもイメージを変えるために、甘めの釘になっている傾向があります。そのため、グランドオープンやリニューアルオープンは狙い目なのです。

②時間差開店のとき
パチンコ屋では、時間差開店をすることがあります。特定の機種のみ遅れてオープンすることがあるのです。遅れてオープンするということは、その機種のみ営業時間が短くなります。そのため、甘めの釘でも出過ぎになることはありません。だから甘めの釘となっている可能性があるのです。ただし、時間差開店はガセも多いため、しっかりと釘の見極めをしてから勝負するのがおすすめです。時間差開店だから「確実に甘い釘だ」と思い込んでいると痛い目に遭う可能性があります。

パチンコ屋で勝ちやすい時期

 

結局、いつ勝負するべき?

今回は、パチンコ屋で勝ちやすい時期と勝ちにくい時期を紹介してきましたが、当たり前ですが勝負するべきなのは勝ちやすい時期です。とくにグランドオープンなら、勝つ確率が高くなるため、多少遠い場所でも打ちに行く価値があります。本気でパチンコで勝ちたいなら、情報収集も重要です。グランドオープンやリニューアルオープン、時間差開店などの情報を集めて、勝ちやすい時期に勝負するようにしましょう。また、間違っても休日・祝日や大型連休中に勝負をするのは厳禁です。狙う時期を絞って、パチンコを楽しんでみてください。

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ