YAZIUP CLUB会員募集中

ツイッターって何?みんな何をみているの?

  • 2018/05/27
  • ライフスタイル・娯楽
  • 104view
  • アントニオ犬助
タグ
  • 教養/知識
  • SNS
  • アプリ
  • インターネット
  • スマホ
  • ツイッター

ひょっとしてツイッターの魅力を知らないだけなのか?

ひょっとしてツイッターの魅力を知らないだけなのか
ツイッター、「YAZIUP!」の読者の皆さんはどんな使い方をしていますか?
犬助はツイッターだけでなくSNS全般と最近では縁を切りました。なぜなら、SNSをやりだすと、どうもスマホと向き合っている時間が長くなりすぎる、それらに時間を費やすぐらいならば、読書などもっと他の刺激を受ける時間を増やそうと思ったからなのです。

などと考えていて「はっ!!」と、思いついたのが、ひょっとして犬助はツイッターを初めとしたSNSを充分に活用できていなかったのではないか?ということ。でなければ、あんなにも多くの人たちが、ツイッターに時間を費やしているはずがない。犬助が知らないだけで、SNSからもっと刺激を受けることは可能なのではないか?と思ったのです。

そこで、身の回りの人たちにツイッターで何を見ているのか?について、軽く調査をおこないました。果たして、目からウロコの活用術が出てきますか、どうなのか。

 

意外と平凡な使い方しかしていない高校生

ツイッターで何をみているの?という犬助の問いに「フォローしている人のツイートをみているだけ」という、退屈極まりない答えを返してくれたのが息子(10代後半・男性・高校生)。一体誰をフォローしているのか?と、もう少し突っ込んでみたところ、友人とあと有名人を何人か、と、これまたオーソドックスな答えが返ってきました。うーん、実にがっかり。

ちなみに彼がフォローしている有名人とはTaylor Swift、Lady Gagaなど海外アーティストとDonald Trump米大統領。中でもTrump氏のツイートは、世界とダイレクトにつながっていることを実感できるし、ニュースでとりあげられるよりも前にツイートの中身を知っていたという優越感が楽しいとのこと。「英語の勉強にもなるしね!!」などともいっていましたが、どうなんでしょうね? 非常に思春期特有のニオイを感じる回答です。

また周りの友達はどうなんだ?とたずねたところ、みんな同じ感じだと思うとのこと。
自身でアグレッシブにツイートしている様な面白い子はいないのか?と聞いたところ、いるけれど、それも仲間内に限ってのことだといいますから、うーん、という感じです。

 

ひょっとして、秘密の使い方をしているのでは?

ひょっとして、秘密の使い方をしているのでは
「何か事件が起きた時に、他の人の反応を知るのに使っています」との返答は、職場の同僚(30代前半・女性)、ハッシュタグで検索をかけるというアレですから、これもおなじみの使い方ですね。最近、どんなハッシュタグで検索をかけたか?と聞いたところ「#日大フェニックス」……おお、実にオーソドックス!!

誰か有名人のツイートをフォローしたりしていないの?と、たずねたところ、もっぱらフォローしているのはインスタグラムとのこと。なんとも、これも平凡な答え。それでもツイッターって楽しいんですよね♪何ていいながらスマホの画面を眺めていますから、きっと何か秘密があるのでは?何て、勘ぐりたくもなってしまいます。

 

自身のペルソナを複数作り上げるということ

自身のペルソナを複数作り上げるということ
「バンギャの中には、ツイッターに夢中の子もいるみたいですよ」
こんなことを話してくれたのは、長年バンド活動を続けている犬助の友人(30代後半・女性・会社員)です。
例えば複数の、ジャンルがまったく違うバンドのファンを掛け持ちしているというケースではツイッターほど便利なものはない。なぜなら各バンドにあわせたペルソナを作って、それぞれのファン層にあわせた自分を演出するなんていうこともカンタンだから。
今日はV系のバンド用のペルソナでツイートして、明日はパンク系のバンド用のペルソナでツイートして、こんな楽しみ方ができるというのです。

なんだか、ややこしそうだなと犬助がいうと、友人いわく「そんなのネットゲーム上のキャラクターになり切ったり、ネカマをやったりするのと同じじゃないですか」といいます。
でも、ネトゲやネカマはリアルの生活とまったく切り離された存在だからつまらない。
しかし、バンギャがやっているペルソナの切り替えはライブ会場などリアルとの接点があるだけに、よりスリリングで楽しいというのです。
ペルソナの使い分け、ひょっとしてこれはツイッターだけでなくSNS全般に共通する醍醐味なのかもしれません。

ブログやSNSが登場したころは、カンタンに自身を全世界に発表することができる!!と、多くの人が夢中になりました。
しかし、時が過ぎてSNSの存在が当たり前になると、今度は自身の一部を肥大化させたようなキャラを作って発信することを楽しみにするような人たちが現れたということでしょうか?
それもネットゲームのようなバーチャルな世界ではなく、リアルの世界へ発信するのです。

まあ、そんな楽しみ方をしている人はカンタンにそのことを教えてはくれません。あなたが近しく付き合っている人たちも実は、ツイッター上では別のペルソナで活躍しているのかもしれませんね。

この記事の作者

アントニオ犬助
アントニオ犬助
みんなに嫌われるジジイを目指して、日々精進中!!
up アントニオ犬助
アントニオ犬助

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ