YAZIUP CLUB会員募集中

デキる男は朝に動く!午前中にルーチン化したい5つの習慣

  • 2019/01/22
  • ビジネス
  • 72view
  • 加藤薩樹
タグ
  • キャリア
  • トレーニング
  • ビジネスマン
  • 生活習慣
  • 筋トレ

「動き出し」で一日が決まる

「動き出し」で一日が決まる
自分はスロースターターだから午後から本気を出すタイプ…そんな思い込みと姿勢で仕事に向かっている人はいませんか?確かに血圧が低い人などは、朝弱いのは事実ですが…それでもいわゆる「デキる男」の多くは朝に独自のリズムを持ち、素早い動き出しで毎日少しずつライバルに差をつけています。

午前中の仕事レベルが落ちてしまうのは社会人として残念ですし、何より貴方のポテンシャルを発揮しきれていないという意味でとてももったいないと言えるでしょう。

そこで今回は、朝~午前中に身につけるべき5つの生活習慣をご紹介しましょう。特段難しい事ではありませんが、これらを実践することで一日の動き出しが確実に軽くなるはずですよ!

 

①週に2日は早朝散歩を

心と体のバランスを整え、ストレスを解消するためにも週に2日程は早朝散歩の習慣を持ちましょう。一生懸命走る必要はありません。風景を眺めながら心をリラックスさせるために30分程度歩けば十分です。

朝に散歩をするなどお金は掛かりませんが時間の使い方としてはとても贅沢ですよね。お金の使い方で人は物理的に豊かになりますが、心を豊かにするには時間の使い方が重要なのです。

朝散歩習慣によって精神的ストレスの解消を狙ってみましょう。

 

②午前中のタスクを10個リストアップする

デスクについたらまずはその日の午前中、昼食までに終わらせるタスクを10個優先順位をつけてリストアップします。10個以上ある場合は厳選して10個に収めましょう。10以上のタスクを短い時間に押し込んでもクオリティが下がるだけです。

一方、10個も思いつかないという人はどんな小さな作業でもいいのでリストに追加します。なんなら「デスクの掃除」でもいいのです。午前中に必ず10個の作業を完遂すること。それを出社する日にはかならずこなすこと。このリズムが大切なのです。

 

③メールの返信は朝イチに集中

仕事時間中にメール返信をだらだら断続的に行うのは非常に非効率的です。よほど暇な場合は別ですが、メールを確認するたびに作業が止まりますしいろいろな判断を迫られることになります。もちろんメールをタイプする時間そのものが無駄とも言えます。

メールの返信はまず朝イチに(つまり上記②のリストのトップはメールチェック&返信になりますね)。そして次にチェックするまでの間隔は最低でも1時間以上とりましょう。メールに振り回されながら仕事をするのは二流の社会人なのです。

 

④情報収集は時間と方法を限定して行う

通勤途中や昼食時間、帰り道では積極的に情報収集を行いましょう。自分の専門分野や業界だけではなく、幅広く世間で起きている事に対してアンテナを立てておかなくてはいけません。ただ、ダラダラと漠然とネットサーフィンするのは得策とは言えないのです。

信頼のおけるサイトやコンテンツをいくつかピックアップしておき、時間を決めて効率よく情報を集めます。気になるニュースや話題はクラウドサービスなどを利用してスクラップ保存しておくのも良いでしょう。

情報は収集するだけではなく、整理し、適切に保管し、そして必要な時に引っ張り出せる状態にしておかなくてはいけないのです。

 

⑤朝食はしっかりとる!

最後、5つめの生活習慣は「朝食を抜かない!」です。やはり一日の行動力、特に午前中の動き出しにとっては朝食の存在は極めて重要です。良質な炭水化物を中心にタンパク質と脂質、そしてビタミン・ミネラルをバランス良く摂取しましょう。何もたくさんの量を食べる必要はありません。例えば体重70kgの男性であれば400kcal程で十分です。

苦手でなければブラックコーヒーを飲んで頭をシャキッとさせるのも良いアイディアです。寒い日は特に熱いコーヒーが美味しいですからね。

この記事につけられたタグ

  • キャリア
  • トレーニング
  • ビジネスマン
  • 生活習慣
  • 筋トレ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ