YAZIUP CLUB会員募集中

そのイクメン勘違い!公共の場で迷惑をかけない正しい親族の面倒のみかた教えます

  • 2018/05/12
  • ビジネス
  • 70view
  • YAZIUP運営
タグ

GWも終わり、オヤジたちの中には、甥っ子姪っ子、はたまた孫から解放された~と、ホッとして仕事先に向かっている人がいるだろう。

オヤジが連れている子供のマナーは、ここ数年悪すぎる
そんなオヤジに、伝えたい事がある。オヤジが連れている子供のマナーは、ここ数年悪すぎる。イクメンという言葉を勘違い、特権扱いしている痛いオヤジ、20~30代のオヤジ予備軍が出ているのだ。

彼らが子連れで、周囲にかける迷惑とは、どの様なものだろうか。

 

イクメンをチヤホヤしすぎる世間の風潮が勘違い男を生み出す

共働きが当たり前になり、父親が子供の保育園や習い事の送り迎えをする姿を見かけるようになるのが珍しくなくなった今日、イクメンという言葉が市民権を得る様になった。

その一方、男性が『子供育てているオレ』『妹の子供の面倒みている偉いオレ』と無意識のうちに我が者顔で公共の場で威張りだしているのが目に付くのだ。

イクメンをチヤホヤしすぎる世間の風潮が勘違い男を生み出す
子供を産んだのは、お前の嫁であり、団塊世代以降のオッサンから見れば『そんなの当たり前』と思ってるのだが。
アイタタタな勘違い男が増えた理由は、イクメンがまだまだ少ない事もあり、子供や親戚の子供の面倒を観る男親が必要以上にチヤホヤされる時代背景にある。

これが『傍目にイタい勘違いイクメン』を育てる温床になっている。
極論になるが、子連れ狼の時代に、誰がイクメンと言っただろうか、クレイマークレイマーという映画が上映されたのはかれこれ40年前だが、シングルファーザーが当たり前の米国で、誰もイクメンとチヤホヤしない。

では、傍目にイタい勘違いイクメンは、どの様なタイプがあるのだろうか。どの様な所に出没しているのか。

 

勘違いイクメンは、野放しとステージパパに二分される

勘違いイクメンは、大きく分けて、野放し型と、ステージパパタイプの二種類がある。
どちらにも共通するのは、子供は犬じゃないと言いたい所だ。

野放し型は、USJ、TDLなどのレジャー施設、H&M、ユニクロなどのファストファッションの大型店、スタバ、タリーズなどのフランチャイズコーヒー店である。
サンマルクなどに至っては、祖父母、父親、孫の三世代で入りびたっているので、ファミレス化している。

野放し型の特徴は、子供が泣いて暴れて、ある程度、大人に注意された後に、口先だけで『すいましぇ~ん』と謝る事である。本心では謝っていない、心の中でペロっと舌を出している。

勘違いイクメンは、野放しとステージパパに二分される
そんな親もしくは叔父の行動を見て育った娘、姪はどうなるか。
法令線がはいったオバハンになった時に、『しゅいませ~ん』とカマトトぶって口先だけで謝るイヤミな女になるのだ。
貴方がやってるイクメンは『イヤミ女育成』と同じである、それでもいいのだろうか?
もう1つは、ステージパパである、これは習い事に娘、息子を迎えに行くイクメンが陥りやすい罠である。出没箇所は、スイミングスクール、体操教室、英会話教室、ダンススクールなど、キッズスクールだ。

ステージパパは、ステージママほどではないが、『ウチの娘、息子は世界一』という『世界一バカ』な所がある。オヤジ世代の時もそうだったが、自分が出来なかった夢を息子、娘に託すのがステージパパだ。

筆者の行くスイミングスクールにも、何人かステージパパが居る。

貴方がやってるイクメンは『イヤミ女育成』と同じである
その中の1人は、周りに対する口の利き方も態度も傲慢な、推定年齢30代前半の元ヤンの左官で、娘は休日毎に、父親同伴で、1レーン占領し、1時間特訓させられている。
残念ながら娘は、ジュニアオリンピックやインターハイに出られる様な、強化選手じゃない。父親は、おそらく夢に挫折して、同じ夢を娘に託そうとしてるのだろうが、現実を見てほしいものだ。

このプール、休日は所属者なら誰でも利用可能なのだが、このステージパパ親子が来ると、1レーン利用出来ない。
娘が反面教師にしてくれればよいが、実力さえあれば、周りが遠慮してくれるという傲慢な考えを身につけるととんでもない事になる。

この様な、オレの息子、娘、姪っ子、甥っ子世界一な痛いイクメンを増やさない為にはどうすればよいのだろうか?

 

身の程を弁える事が、痛いイクメンが増えるのを防ぐ

痛いイクメンにならない為には、まず姪っ子や甥っ子、はたまた孫に接する機会のあるオヤジから変わらなければいけない。

身の程を弁える事が、痛いイクメンが増えるのを防ぐ
今まで『嫌われたくないよ~』とベタ甘な行動を散々とってきた挙句、息子、娘に去られたオヤジは特に反省する必要がある。

まず姪っ子、甥っ子が来た時に以下の事に気を付けてみよう

1:お金をせびる目的のアトラクション(TDL、UFJ)は、過度に連れて行かない
2:映画館、コーヒーショップ(スタバ、タリーズなど)は、友達と行かせる
3:習い事でステージパパ化しない、インスタで写真をバシャバシャ撮らない
4:電車の優先座席に親子で座らない
5:外出時の食事はマックかファミレスかお弁当にする
6:意味のない贅沢目的の海外旅行をさせない

団塊世代のジジイみたいな事を言うなと言われそうだが、諸外国の両家の子女は、これぐらい弁えている。
そんなに稼ぎもなく、住宅ローンでアップアップしてるくせに、貧乏たらしいファストファッションを着て、あちこちの娯楽施設を荒らしまくっているのは、日本、韓国、中国の三国という事を恥じなければいけない。

訪日観光客のマナーが悪いというが、韓国や中国人のマナーが悪いのは、かつての日本人の公共の場での子連れのマナーの悪さをそのままコピーしているだけの話だ。

映画館でもクライマックスに騒ぐ子供は問題外、予告編から映画の気分に浸る人もいるのに、1人で行ける様になってから行くべきだろう。
子供がコーヒーショップに行く目的の1つがスマホで動画を見たりゲームをする為で、親と話す為ではない。そんな用事ならマックでいい。

姪っ子、甥っ子が来た時に以下の事に気を付けてみよう
消費者社会になり、厳しい事を言う様だが、「親族、親=お財布」と姪っ子、甥っ子、孫から認識されている様では何の意味もないのだ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ