YAZIUP CLUB会員募集中

パーソナルトレーニングジムの選び方重要ポイント

  • 2019/01/29
  • ボディメイク
  • 71view
  • 加藤薩樹
タグ
  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • ボディメイク
  • 初心者
  • 筋トレ
  • 筋肉

初心者こそパーソナルトレーニング!

初心者こそパーソナルトレーニング!
筋トレについて右も左もわからない。でもカッコいい体にはなりたい!筋トレ初心者の多くはモチベーションは高いもののネット社会特有の情報の激流の飲まれ、果たしてどのようなトレーニング方法が自分にとって最適なのか全く分からなくなってしまいます。

それでも丁寧に、時間を掛けつつ勉強すればそれなりに正しいボディメイクの方法論を学ぶことはできるのですが、多忙極めるビジネスパーソンの場合、なかなかそのような裕はないというのが厳しい現実ですね。

筋トレ初心者が最大効率でボディメイクを達成しようと考えるのであれば、やはりパーソナルトレーニングジムに通うのがベストな選択であると言って間違いありません。筋肉増強にしろ、ダイエットにしろ、目指す体への最短ルートを知っているのはやはり経験豊富なパーソナルトレーナーなのです。

今回はパーソナルトレーニングジムを利用し、短期間で劇的に体を変化させたいという人に向けての情報です。自分に合った、質の高いパーソナルトレーニングを受けるにはどのような点に注意すればよいのか、簡単に解説していきましょう。

 

高額であれば高品質というわけではない

日本人の特徴として「値段の高い物は品質も高いに違いない」という思い込みがあります。善意に基づいて価格が決定されていて、品質と値段が直結していた時代の名残かと考えられますが、これがパーソナルトレーニングジムを選ぶ上では大間違いとなるのです。

ジムの価値というのは、スタッフやトレーナーが顧客一人ひとりのニーズを正しく汲み取り応えることができるかどうかです。属人性の高い技術系サービス業とも言えますから、単純に価格と品質はリンクしないのです。

ブランド力を高めるために意図的に高価格帯設定にしているジムもありますし、広告費にばかり予算を投じているジムもあります。このようなジムは決して、会員さんの体のために日々の業務を行っているわけではないと言えるでしょう。

 

安かろう悪かろうは論外

一方、安さだけにひかれてジムを選ぶのも危険な行為です。価格は確かに重要な要素ですが、安さだけを選ぶ人というのはそもそもジムに通うことに大きな価値は感じていません。価値を感じていないからこそ高い会費は出せないわけです。

そして、価値を感じていないのですから、継続期間が短くなったり真面目にトレーニングや食事管理を続けられないという事態に繋がるわけです。

会費をとにかく安く設定した激安パーソナルジムにはこのような人がたくさんあつまります。そして、それら多数の会員さんにトレーナー側も引きずられますからサービス品質はどんどん低下してしまうのです。

 

良いトレーナーとの出会いは一生の財産

パーソナルトレーニングジムにおいて、最大かつ最終的に鍵を握るのはやはり「トレーナーとの相性」です。結局はトレーナーと会員という「人間関係」ですし、心から信頼できるトレーナーとの出会いは一生の財産と言ってもよいほど、貴重なものなのです。

トレーナーはあくまでもビジネスですが、やはり本人がビジネス以上の熱意を持って真剣に会員の体と向き合わなければ満足のいく結果は得られないでしょう。たくさんの会員さんの中の一人、というような考え方ではなく、会員一人ひとりがオンリーワンの存在なんだと認識しているトレーナーでなくてはいけません。

週に数回、汗をかき疲労困憊しながら数時間を共にする相手など大人になってからは普通はまずいないはずです。そのような特殊な状況でも前向きに頑張り続けるためにはトレーナーはやはりそれ相応の人物である必要があるのです。

「このトレーナーは素晴らしい!」もしそんな出会があったなら、本当に大切にすることをオススメします。貴方の体について、今後末永くたくさんのアドバイスをもらえると思いますよ。

この記事につけられたタグ

  • 筋トレ
  • ジム
  • トレーニング
  • ボディメイク
  • 初心者
  • 筋トレ
  • 筋肉

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ