YAZIUP CLUB会員募集中

キャバクラでモテる良客とは?こんなあなたにテンションあがっちゃう!

  • 2019/08/10
  • モテ
  • 385view
  • 水木舞【元キャバクラNo.1嬢】
タグ
  • テクニック
  • お酒
  • キャバクラ
  • コミュニケーション
  • マナー
  • 趣味

こんにちは。元歌舞伎町キャバクラ嬢の水木舞です。本日のテーマは『来てくれたらテンションあがっちゃう!キャバクラでモテる良客とは?』ということで、何年もの間各地の水商売の業界で働いて来た私の実体験をもとにリアルな事情をお届けしちゃいます!今回は、プライベートでキャバクラ嬢と付き合ったりできるといった『モテ』よりも、どちらかと言うとお店で良客として歓迎される、お店の女の子みんなから好かれる、そんな『モテ』に着目してみました。良客になれば、お店に行きやすく飲んでいても気分がいいはず。せっかくキャバクラに行くならお店をくつろげるホームにしちゃいましょう。キャバクラで『モテ』たい皆様必見です!では、行ってみましょう!

 

キャバクラでモテる良客➀マナーを守ったきれいな飲み方をする

マナーを守ったきれいな飲み方をする
これは基本中の基本ですが、キャバクラ嬢に人気のお客様はきれいな飲み方をされます。酔っぱらっても騒ぎすぎず、もちろんキャバクラでNGとされているお触り行為など女の子が嫌がるような強引なことはしません。強引にお酒を勧めすぎるのも良くないです。中にはお酒があまり強くない子や体調が優れない子もいます。女の子以外の周りへの気配りも忘れずに。他のお客様の迷惑になる行為や黒服に対する態度なども気を付けましょう。
それと、差別をしないようにしましょう。気に入った子とそうでない子で態度を変えるお客様は多いので慣れているとはいえ、キャバクラ嬢も人間ですのであからさまに悪態づかれるといい気はしません。特に指名かぶりのヘルプに入った時は、お気に入りの子を他の席に取られ、あからさまに機嫌が悪く話しもしてくれないお客様も中にはいます。気に入った子を指名して大切にするのはもちろんかまいませんが、ヘルプの子にも最低限のマナーは守って接するようにすると、ヘルプの子も付きやすくなります。そうなれば、指名の子も含めお店全体での評判はぐんと上がりますよ。
例えば、私を指名して通ってくださっていたお客様で、マナー良くヘルプの子にもとても親切にしてくださる方がいました。毎日のように女の子たちからは「〇〇さんは今日は来ないんですか?」と聞かれていましたし、その方が来店すると、皆喜んで自分の売り上げにならないとわかっていても『ヘルプ立候補』してくれる子がたくさんいました。お店全体で歓迎してくれるので、私もとても嬉しかったです。

 

キャバクラでモテる良客➁ケチケチしていない

キャバクラ嬢に人気のお客様は必要以上にケチケチしていません。自分たちだけ飲んで女の子にはドリンクを飲ませなかったり、しつこい値下げ交渉をしたりしません。自分たちだけ良ければいいといった飲み方ではなく最低限席に着いた女の子も楽しめるような気づかいはやはりしてほしいところです。しかし、キャバクラでは少し羽振りを良くするとすぐに高額なお会計になってしまいがちですよね。自分の許容範囲を超えた使い過ぎには注意して楽しんでくださいね。

 

キャバクラでモテる良客➂モテる見た目は…

見た目に関して言えば、まず清潔であることは大前提です。これは必ず意識してください。
では次に、どんな服装がモテるのか。キャバクラには派手な見た目の方、奇抜な見た目の方もたくさんいらっしゃいます。ブランド物でばっちりきめてくる方もいます。しかし、意外とキャバクラ嬢が目で追ってしまうのは『シンプル』な方、ごく『普通』な方なのです。例えば、Tシャツにジーンズを爽やかに着こなしているような、好青年系。日常で街でよく見かけるこのタイプの男性ですが、キャバクラでこの類のお客様は非常に少なく、希少価値があるといえます。一見、キャバクラには来なそうな誠実そうな雰囲気の見た目は、キャバクラ嬢たちの目を引きます。高いものでなくても、センス良く爽やかに!が大切です。
あと、注意してほしいのは洋服の『サイズ感』。これが合ってない方が多かったように思います。大きすぎては着られている感が出てしまいますし、丈が短かったりピッタリすぎるのも問題です。サイズが合っていないと、それだけでおしゃれに見えなくなってしまいます。自分の体形に合ったサイズの服を選び、センスの良さを演出しましょう。

 

キャバクラでモテる良客➃聞き上手

聞き上手
キャバクラで働いていると、基本的にはお客様のお話を聞いて、それに波長を合わせて会話を進めて行くのがスタンダードです。自分の話したいことをペラペラと話してもお客様は楽しめないと思うからです。しかし、キャバクラ嬢も日々いろいろなストレスや悩みを抱えていて、話しを聞いて欲しい時もあります。そうでなくても、女の子はおしゃべりが大好き。聞き上手なお客様の席はとても安らぎますし、ほっとします。お金を払って来ていただいているのに申し訳ないような気もするのですが…聞き上手なお客様の席は、日々ずっと気を使って波長を合わせて話しているキャバクラ嬢にとってとても癒しの時間なのです。

 

キャバクラでモテる良客➄褒め上手・大切に扱ってくれる

これも➂の聞き上手なお客様と同じ原理です。キャバクラ嬢は、日々お客様のことを褒めていますが、自分を褒められることはあまり多くありません。それも、できたら外見でなく内面を褒めましょう。人間誰しも自分を褒めてくれるお客様には好意的になりますよね。この人は私をわかってくれている!と、認めてもらっている気がして嬉しいのです。
あともう一つ、実体験から私が言われて嬉しかった・キュンと来た言葉は『ありがとう』です。この言葉、意外とキャバクラ嬢に対して口にするお客様は少ないです。『ありがとう、今日は楽しかった。』『会えて良かったよ、ありがとう。』『忙しいのに自分の席にヘルプに来てくれて、ありがとう。』など、さりげなく優しい気遣いができるとポイントが高いです。
現役時代に私を指名して通ってくださっていたお客様で、帰り際には『今日も会えて嬉しかったよ。ありがとう。お疲れ様。』と言ってくださる方がいました。そのまっすぐな言葉がとても嬉しくて、毎回『こちらこそ!!!!ありがとう!!!!』と心の底から思ったものです。たった一言ですので、是非お試しあれ!

 

キャバクラでモテる良客➅来店頻度は…

来店頻度は…
自分を指名してくださるお客様でしたら、もちろんたくさん来店してくれたらありがたいです。
しかし、お金も時間も限りがありますので…同じ金額を使うなら『たまに来て長時間』か『1時間でも毎月』だとどちらが好印象なのでしょうか。これは個人的主観になってしまいますが、私の答えは後者です。頻度が高い方が、その日ボウズ(=1本も指名がないこと)になってしまう可能性が減りますし、1指名を1ポイント、という風にナンバー決定の指標にして計算しているお店もあるので同じ金額を使うならば高頻度の方が助かるのです。また、定期的に顔を見れることによって絆が深まります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
キャバクラにはいろいろなお客様が来店されます。入店した瞬間『ヤッター!』と思われるか『げっ…』と思われるか。お仕事ですので顔や態度には出されないにしても、せっかくなら歓迎されたいですよね。お気に入りの子が心の底から楽しんで飲んでくれたら、キットあなたもいつもよりもっと楽しく飲めるはず!この記事を参考に、『お店が歓迎するお客様』になっちゃいましょう!この記事が少しでも皆さんの楽しいナイトライフの参考になりますように…☆

この記事の作者

水木舞【元キャバクラNo.1嬢】
水木舞【元キャバクラNo.1嬢】
20歳の時にキャバクラ嬢として夜の世界へ。 その後各地で水商売を経験し、数年後歌舞伎町のお店でナンバー1に。 現在は引退し子育て中ですが、過去の経験から臨場感溢れる情報をお届けします! 
up 水木舞【元キャバクラNo.1嬢】
水木舞【元キャバクラNo.1嬢】

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ