YAZIUP CLUB会員募集中

モテるオヤジとギャップの関係!プラスだけじゃないギャップ

  • 2019/01/03
  • モテ
  • 1view
  • 松村 昴
タグ

モテるオヤジとギャップの関係!プラスだけじゃないギャップ

ギャップはモテる要素!

モテる要素は色々ありますが、その中の1つが「ギャップ」です。ギャップを上手に利用することができれば、オヤジでもモテることができるのです。

しかし、何でもかんでもギャップを作ればモテるわけではありません。実は、ギャップがマイナスに作用してしまい、むしろ逆効果になってしまうこともあるのです。

そこで今回は、モテるオヤジが持っているギャップとはどんなものであり、マイナスに作用しないための注意ポイントを紹介していきます。

 

本当にギャップはモテるの?

オヤジのモテとギャップの関係で気になるのが、「本当にギャップがモテる要素なのか?」ではないでしょうか。すべてのギャップがモテにつながるわけではないですが、多くのギャップがモテる要素になり得ます。

これは、逆の立場のことを考えれば理解できるはずです。例えば、仕事ができるクールな女性が、趣味について熱く語っている様子を見ればギャップを感じ、魅力的に映ることでしょう。

これと同じように、女性もギャップを感じることで、魅力的な男性だと認識してくれることがあるのです。

 

モテるオヤジのギャップのポイントとは?

ギャップはモテる要素になるわけですが、すべてのギャップがモテにつながるわけではありません。例えば、清潔感のあるオヤジの部屋が、実はゴミ屋敷だったとします。これはギャップを感じますが、女性からすればドン引きすることでしょう。

このように、すべてのギャップがモテにつながるわけではありません。そこで、モテるオヤジになるためのギャップのポイントを紹介していきます。

<母性本能をくすぐるギャップ>
モテにつながるギャップの1つが、母性本能をくすぐるようなギャップです。年上の男性に対しても、女性は母性本能をくすぐられれば、好意につながります。

母性本能をくすぐるギャップのポイントは、普段は大人の男性として余裕を持って振舞っていることです。その前提があった上で、たまに子供っぽい一面を見せることによって、母性本能をくすぐることができます。

<ちょい悪オヤジならではのギャップ>
ダンディなちょい悪オヤジなら、モテるギャップは簡単です。女性に優しい一面を見せることによって、モテるギャップを作りだすことができます。ちょっと怖そうに見えるちょい悪オヤジならではのギャップと言えるでしょう。

<デキるオヤジならではのギャップ>
デキるオヤジは、近寄りがたいケースがあります。とくに何でも完璧にこなしてしまう方は、近寄りがたいものです。そこで、少しおちゃめな一面を見せることによって、ギャップを演出することができます。

おちゃめな一面を見れば、実は近寄りがたくなりとわかります。これをきっかけに、急接近なんてこともあるのです。

 

わざとらしいギャップは逆効果!

ギャップはモテる要素につながるわけですが、マイナスになることもあります。一番ダメなのは、わざとらしいギャップです。ギャップがモテるという知識から、みえみえのギャップを演じてしまう方がいます。しかし、これは逆効果です。

ギャップを演出するなら、上手に演じるのがポイントとなっています。また、ギャップはあくまでモテ要素の1つです。ギャップだけで「好き」になるわけではないので注意してください。

 

上手にギャップを利用しよう!

今回は、ギャップとモテについて紹介してきました。ギャップはモテる要素になるため、上手に利用するのがおすすめです。とは言え、ただ単にギャップがあればいいわけではなく、プラスになるギャップを演出しましょう。

また、ギャップだけで女性は好きになるわけではありません。ギャップによって、興味を持ってもらえたり、気になる存在になったりなるのです。そのため、ギャップ以外にもしっかりとアプローチしていきましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ